FC2ブログ
人に人としての尊厳があるように、川にも川としての尊厳がある。人と川がお互いを尊重する関係とは?を考えています。
集落をめぐる水
2008-02-25 Mon 15:02
灌漑取水のない冬期間も桔梗ヶ原頭首工では清津川から0.6m3/sの取水をしている。
これは、農業水路を使って、流雪・融雪用の水を引いているため。取水された水は、田んぼへは行かず、集落をめぐる水路を走っている。
桔梗ヶ原水路080225

家の周りの除雪や、通学路の確保に水は使われて、次々と下流の集落へ・・・

時々、雪を入れすぎて水路がつまり、氾濫する騒ぎがある。流雪溝の整備と利用をもう少し整理する必要がありそう・・・

一昨年の豪雪で雪処理が大変だったのがきっかけで、すでに水利用がいっぱいの川でも、流雪溝などに限って新規の取水を認めるという措置を国交省はしている。環境水路や流雪溝の取水は水を消費せず元の川に戻るため、下流の水利に影響しない。一般的な水利権の取得は、綿密な計算と審査が必要だけど、これら水路の利用には今までよりもハードルを下げて使いやすくしたもの。
別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<雪の色 | 水神様の使いっ走り…みずがみさまのつかいっぱしり… | 雪灯籠>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 水神様の使いっ走り…みずがみさまのつかいっぱしり… |