FC2ブログ
人に人としての尊厳があるように、川にも川としての尊厳がある。人と川がお互いを尊重する関係とは?を考えています。
ブナの丘陵
2008-01-20 Sun 17:55
当間山頂の北側
当間080120

樹齢は若く揃っているので、伐採後の二次林と思う。95%以上ブナが占有している。人が植えた杉以外には、シナノキやダケカンバ、カエデ類が少しあるが、ほとんどがブナという更新をしている。如何にこの地がブナたちにとって条件がいいかを示している。標高の高くない丘陵地で、豪雪、ほどよい斜面・・・縄文時代から人の暮らしの後ろには、水を生み出すブナ林が広がって信濃川の水源になっていたんだろう。

地球温暖化で近い将来ブナ林が絶えるというシンポジュームが最近あった。積雪はブナにとって大切な世代交代の要素だから、温暖化で雪がなくなれば、種子は小動物に食べられ、他の樹種に陣取られる。半世紀後、こんな景色は存在するのだろうか・・・
別窓 | ここの住人たち | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ニュース断片をつなげる | 水神様の使いっ走り…みずがみさまのつかいっぱしり… | 文書館資料は語る>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 水神様の使いっ走り…みずがみさまのつかいっぱしり… |