FC2ブログ
人に人としての尊厳があるように、川にも川としての尊厳がある。人と川がお互いを尊重する関係とは?を考えています。
節季市
2008-01-15 Tue 15:15
冬の十日町と言えば、雪祭りと節季市。
節季市

1月の5のつく日は、諏訪様の通りに市が立つ。信濃川の舟運盛んな頃は、上下流から運ばれた作物や地場産業の反物、川の恵みが並んで賑わったそうな・・・
今は、グローバル化?したのか、キムチ屋さんやお祭りの夜店のような催しになってる。それでも、雰囲気は面白い。雪にと閉ざされる暮らしのなかでついつい欲しくなる植木や花、

節季市だるま
縁起物のだるまとか・・

節季市団子の木
団子の木につける色鮮やかな飾り物。

でも、お客さんの一番のお目当ては?というと何と言ってもちんころです。で、ちんころのお店は・・・

え~っ!もう売り切れ?・・・人気商品なんだ・・・

製造元のお菓子屋さんで写真を撮らせてもらった。
節季市ちんころ

米の粉に色をつけて、小さな動物などの飾りを作るこのあたりの風習。これは今年の干支のネズミ。1個300円くらいで売っている。

このかわいい飾り物の評判で、節季市の別名はちんころ市という。




別窓 | ならではの産物 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<節季市2 | 水神様の使いっ走り…みずがみさまのつかいっぱしり… | 小正月の行事>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 水神様の使いっ走り…みずがみさまのつかいっぱしり… |