FC2ブログ
人に人としての尊厳があるように、川にも川としての尊厳がある。人と川がお互いを尊重する関係とは?を考えています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
水力発電よもやま話
2015-05-09 Sat 07:42
第4話 建物も○○も古い?

湯沢発電所が完成したのは大正11年、今から93年前だ。この古い建物の「構造書もない、強度もわからない、補強もしていない」状態で64年間も管理していた東電は、崩落事故後、「この冬一度も雪掘りをしていなかった」と説明した。雪国では信じられない「え゛~~?」という出来事。(古い我が家は年内に3回、年が明けて5回も雪掘りをしたのに…)でも、古いのは発電所の建物だけでなく、中の発電機材もびっくりの歴史的産物なのだ。湯沢発電所のペルトン式水車は縦に回るタイプで、水量が少なくても落差が大きい条件で有効だ。JR信濃川発電所などは水量が多く落差の小さい条件で有効なフランシス式で、コマのように横向きに回る水車。日本の水力発電の黎明期にはペルトン式が多く導入され、その後フランシス式が増えた。

パネル説明G

ペルトン水車G

写真は湯沢発電所を見学したときに職員がパネル説明しているところと、日本初の水力発電で使われたペルトン水車(蹴上第一発電所明治24年~明治45年・琵琶湖疏水記念館所蔵)だ。ノズルから水を受けるバケットの形や数も同じで水車の大きさも似ている。発電機材は初めは欧米(エジソンGE社)から輸入し、それを真似て日本企業(東芝)が製造した。湯沢発電所が計画されたのは明治40年と古いためにペルトン水車を使う都合上、落差を稼げる湯沢側へ清津川の水を流域変更したのでは?と私は考えている。反対に考えれば、フランシス水車を使うなら流域を変更しなくて良かったのではないか?湯沢発電所が完成したのは、世界遺産の富岡製糸場が最盛期のころだ。古いものをちゃんと管理していれば、もう少しで「現在まで使用している近代化産業遺産」として世界遺産申請ができたかもしれない…。(笑)

さて古いのはそれだけじゃない…東電の事故説明を聞いていてびっくりしたのは、「変圧器のPCBが漏れた」という部分だ。カネミ油症事件で有名になったポリ塩化ビフェニルは毒性が強く、その後製造禁止になり、所有しているものもPCB特措法で厳しく管理している。漏れ出すと環境や健康に影響が大きいので、速やかに代替して適切に処理するのが常識と思っていた。日本人は真面目で、「節電!」と言われれば、すぐにLED電球に取り換え、省エネ家電に買い替え、自販機もハイブリッドになり…新しい技術に替えて電力消費量は減ってきている。その電力を作っている東電が、50年前のPCBを絶縁体にした変圧器を未だに使っているなんて…古くてやっかいなのは、会社の体質だったのか…「流失したPCBは魚野川に流入していない」と東電は説明するが、福島第一原発でも何年もたってから「やっぱり汚染水洩れていました」って前例があるので 念のため私は用心することにしよう。
(妻有新聞 5月8日掲載)
別窓 | 水力発電よもやま話 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<勝手にアメリカ行って放言したヤツ | 水神様の使いっ走り…みずがみさまのつかいっぱしり… | 報道より>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 水神様の使いっ走り…みずがみさまのつかいっぱしり… |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。