FC2ブログ
人に人としての尊厳があるように、川にも川としての尊厳がある。人と川がお互いを尊重する関係とは?を考えています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
報道から
2015-04-23 Thu 22:41
NHKニュースより


JR東の不正取水 責任認めず
04月23日 15時47分


JR東日本が、新潟県内の水力発電所で法律の上限を超えて不正に水を取っていた問題をめぐり、JRの株主が「チェック態勢が不十分だった」と主張して、当時の役員に57億円を弁済するよう求めた裁判で、東京地方裁判所は「不正を発電所の外部から気づくのは難しかった」として役員の責任を認めず、株主の訴えを退けました。
JR東日本は6年前、首都圏の電車に電力を供給するため新潟県の信濃川に設置している水力発電所で、法律の上限を超えて水を取っていたとして、国から取水の許可を取り消されました。
その後、あらためて取水の許可を受けましたが、その過程で地元の3つの自治体におわびとして57億円を寄付しました。
これについてJRの株主が当時の役員18人に対し「チェック体制が不十分だった」と主張して、57億円を会社に弁済するよう求めていました。
23日の判決で、東京地方裁判所の小野寺真也裁判長は「不正は発電所の従業員が意図的にコンピューターで測定する取水量をゆがめるなどして、本社や役員に伝えずに行っていたもので、発電所の外部で気づくのは難しかった。当時の役員の管理体制に特段の不備があったと認めることはできない」と判断し、役員の責任を認めず、株主の訴えを退けました。


国策で始まった取水というのは、強権で何をやってもいいというのが前提です。後から追いかけてきた法律に則してないのは当たり前で、やりたい放題の体質はそのままです。「今の法律ではできないだろうが・・」を何回河川官僚の口から聞いたことか・・・
別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<使いようで | 水神様の使いっ走り…みずがみさまのつかいっぱしり… | 一番水が多い頃>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 水神様の使いっ走り…みずがみさまのつかいっぱしり… |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。