FC2ブログ
人に人としての尊厳があるように、川にも川としての尊厳がある。人と川がお互いを尊重する関係とは?を考えています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
参考*報道記事
2015-04-08 Wed 09:50
少し前の記事ですが 毎日新聞3月15日より

東京電力の揚水発電活用のイメージ

 東京電力は2016年度から、余った電力で水をくみ上げ、電力を蓄積する役割をはたす揚水発電所を利用し、東北電力や北海道電力管内の太陽光や風力など再生可能エネルギーを受け入れる。電力大手の営業地域を越えた揚水発電の運用は全国初で、再生エネの導入拡大につながりそうだ。

 東電は、山梨県の葛野川(かずのがわ)発電所など9カ所に揚水発電所を持ち、発電能力は電力大手で最大規模の767万キロワット分。原発約8基分に相当する。24時間稼働していた原発の夜間の電力で水をくみ上げ、日中の需要ピーク時に再び発電していたが、現在は原発の長期停止によって、稼働率は3%程度に過ぎない。

 一方、北海道や東北では、太陽光発電の導入計画が急増し、日中の再生エネが需要を超える可能性が出ている。北海道電と東北電は1月以降、再生エネの発電量を柔軟に抑制できるルールを導入。再生エネ事業者が電気を売れないリスクが高まり、再生エネ導入が頭打ちになる懸念も出ている。

 東電と東北電を結ぶ送電線は最大で495万キロワット分の電力を流せるが、13年度の利用は平均256万キロワットと利用拡大の余地がある。このため、東電は北海道・東北両社の再生エネを、揚水発電で受け入れて、活用することを決めた。

 ただ、電力大手間の送電は現行ルールでは緊急時を除き、前日までに送電量を予約する必要がある。太陽光や風力は気象条件によって発電量が変動するため、前日予約は難しい。このため、東電は今年4月に全国規模の電力融通の司令塔として発足する「電力広域的運営推進機関」などと、送電ルールの見直しを協議する。【安藤大介】
別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<参考*報道記事 | 水神様の使いっ走り…みずがみさまのつかいっぱしり… | 湯沢発電所崩落の報道>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 水神様の使いっ走り…みずがみさまのつかいっぱしり… |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。