FC2ブログ
人に人としての尊厳があるように、川にも川としての尊厳がある。人と川がお互いを尊重する関係とは?を考えています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
お知らせ
2013-02-13 Wed 21:09
もう、10年以上も前のことだけど、清津川ダム計画に私たちが建設反対の意思表示をしたとき、当時のダム事務所の所長がやってきて、こう言った。

「あなた方は反対するが、もし大雨が降って下流で洪水が起こったら、その責任とれるのか?」

私たちは普通の国民であって、ここに住んでいるのであって、下流の洪水被害の責任をとるべきものでない。

それで、私たちは村長を呼んだ。山本茂穂村長は、この話を聞いてすぐに私たちの目の前で北陸地整に電話して

「うちの村民をこんな言い方で脅してもらっちゃいかん、誠に遺憾だ」と怒って言い放った。


この時に、国が自治体を補完するものでないことを学んだ。

小さな自治体は、国が持ってくる災厄を払い払いして村民を守らないといけないのだ。

もちろん、国から頂くもの(補助金交付金や事業)は大事にして・・・


仕事に夢中になっている最近、とんでもないことで、また災厄が飛んできたような出来事があって

昔のダム当時のことを思い出したのです。高圧的なこと・・・


よって、しばらくブログはお休みします。

別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<田代林道のブナの子たち | 水神様の使いっ走り…みずがみさまのつかいっぱしり… | 県民投票に向けて>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 水神様の使いっ走り…みずがみさまのつかいっぱしり… |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。