FC2ブログ
人に人としての尊厳があるように、川にも川としての尊厳がある。人と川がお互いを尊重する関係とは?を考えています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
新たな安全神話の創造
2012-06-18 Mon 16:08
原発再稼働についてのウォールストリートの記事


「新たな神話創造」「責任ある決断」=大飯再稼働で―原発立地首長ら
2012年 6月 16日 21:06 JST
..記事 経済一覧へ
.メール 印刷 文字サイズ.
 政府が16日、関西電力大飯原発3、4号機の再稼働を正式決定したことを受け、他の原発を抱える自治体の首長からは「新たな安全神話創造」「責任ある決断」などの声が上がった。原発の安全対策や必要性について、政府が国民に説明するべきだとの意見も相次いだ。

 東京電力柏崎刈羽原発がある新潟県の泉田裕彦知事は、コメントで「(東電)福島第1原発事故の原因が特定されない状況で手続きが進められ、遺憾だ」と指摘。「事故が起きた場合、再び混乱する恐れが極めて高く『新たな安全神話の創造』にほかならない」と断じた。柏崎市の会田洋市長も談話で「関電管内の電力不足を懸念しての『時間切れ判断』だ」と批判した。

 四国電力伊方原発を抱える愛媛県の中村時広知事は「安全性の確保を大前提に考慮した重大な判断」と、政府の姿勢を評価。同原発3号機は再稼働に向けた暫定的な手続きが最も進み、「次」の焦点になるとみられる。中村知事は「必要なら四国電に(安全)対策を求めたい」とした。

 北海道の高橋はるみ知事は「国民の安全を守る観点から責任ある判断をされた」と評価した上で、「(北海道電力)泊原発の安全性を国はしっかり確認し、説明する必要がある」と政府に求めた。

 九州電力玄海原発が立地する佐賀県の古川康知事は「今後も国は説明責任を果たしてほしい」と注文。鹿児島県の伊藤祐一郎知事も、県内の九電川内原発の再稼働に関して「国が安全性を保証し、公開の場での住民への説明が必要だ」と訴えた。 

[時事通信社]



それぞれの知事のスタンスが分かる発言。刈羽柏崎は再稼働候補としては自治体ハードルが高い。泉田君がんばれ!
別窓 | 原発人災・震災 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<みんなで決めよう! | 水神様の使いっ走り…みずがみさまのつかいっぱしり… | 債務超過>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 水神様の使いっ走り…みずがみさまのつかいっぱしり… |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。