FC2ブログ
人に人としての尊厳があるように、川にも川としての尊厳がある。人と川がお互いを尊重する関係とは?を考えています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
総理に物言う知事
2012-06-09 Sat 14:04
昨日HPに上がった泉田君のコメント


原子力発電に関する野田総理の発言に係る知事コメント



2012年06月08日


  本日、野田総理が、大飯原子力発電所について「安全性を確認した」と表明しました。
  現在、福島原発事故はいまだ収束しておらず、事故の検証も進行中であり、換言すれば、意思決定過程や組織のあり方なども含めた事故原因の特定も行われていません。事故原因が特定されなければ、対策を講じることができないことは自明の理であり、専門家である原子力安全委員会も班目委員長が安全を確認していないことを明言しています。
  このような状況下で専門家でもない総理が安全性を確認できるはずもありません。
  実際、「福島を襲ったような地震や津波が起きても事故を起こさない。」と限定付きでの「安全宣言」であり、福島を襲ったものとは異なる直下型の地震等の場合は再び「想定外」という言い訳が通る説明になっています。
  「電源が失われるような事態が起きても炉心損傷に至らないことが確認されている。」との発言についても、現実には、「電源が失われなくても、炉心冷却に失敗すれば、大惨事になる」ということが福島の教訓であることを無視した説明です。
  さらに、政府の安全性の基準は暫定的なものであるとまで説明し、責任回避が可能な内容となっています。
  この他にも指摘しなければならない事項が含まれていますが、新たな安全規制機関も未設置であり、万が一の事態が生じた場合の対策も固まっていない中で、「安全を確認した」と表明することは、新たな「安全神話」を創造することとなり、極めて無責任であります。
  米国NRCでは、爆発や火災によってプラントの重要な部分が失われるようなシビアアクシデントに備えて対応(B.5.b[※])を準備しています。
  国民生活を人質にして、安全を軽視した宣言となっていることは極めて遺憾であります。

※ 米政府の原子力規制委員会(NRC)が9.11テロの翌年に米国内の原発に対し策定命令を出した「原子力施設に対する攻撃の可能性に備えた特別対策」



世界一の原発を有する県ですから当たり前のコメントですが、残念な今の日本の知事の中ではTOPクラスの発言です。頑張れ!刈羽柏崎は動かしてはいけないです!

政府と電力会社が原発を再稼働させたい理由は

・原発を廃止すると「核の平和利用」していないのに 膨大な核物質を保有する国になるから。
・原発にかかる施設及び使用済み燃料は、今まで資産として勘定していたが、原発やめるとこの先何千年も管理し なければならない莫大な不良資産になるから。

つまり、命には関係ない勝手な都合のためです。それと引き換えに失うもののなんと大きいことか・・・

野田君の腹を100万回切っても、責任とれないよ。

別窓 | 原発人災・震災 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<嘘の上塗り | 水神様の使いっ走り…みずがみさまのつかいっぱしり… | ギリギリセーフか・・・>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 水神様の使いっ走り…みずがみさまのつかいっぱしり… |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。