FC2ブログ
人に人としての尊厳があるように、川にも川としての尊厳がある。人と川がお互いを尊重する関係とは?を考えています。
天体の事情
2012-03-19 Mon 20:16
産経新聞から

長野県栄村で地震で多発、「潮汐」引き金 地殻変動と重なる 産総研分析
2012.3.19 14:16 [地震・津波・地球科学]
 長野県栄村の周辺で東日本大震災後に多発した地震は、月の引力などの影響で潮が満ち引きする潮汐(ちょうせき)が引き金で起きたとみられることが、産業技術総合研究所の分析で18日、分かった。発生時刻と潮汐のリズムに極めて高い相関があり、大震災による地殻変動と潮汐力が重なって誘発されたとみられる。

 産総研の雷興林(らいきょうりん)主任研究員は、大震災以降の約2カ月間に長野県北部で起きたマグニチュード(M)3以上の142回の地震を分析。栄村で震度6強を観測した大震災翌日の地震(M6・7)を含む全体の約50%が、潮汐と関係していたことを突き止めた。

 潮汐は月の引力などによって海面が周期的に上下変動する現象で、地球内部の岩盤も同じ影響で上下に伸縮している。雷主任研究員によると、潮汐と関係がある地震は世界の約5%で、今回はこの10倍に相当する前例のない高さという。

 一連の地震は地盤が下がる干潮や、下がる速度が最大のときに集中して発生。長野県北部には、マグマから出たガスや液体が岩盤の隙間に高圧でたまっている「流体だまり」が多数あるとみられ、この場所が潮汐力で押されて周囲の岩を破壊、断層を刺激して地震が起きたと推定している。

 大震災の誘発地震は火山周辺で多発しており、同じ仕組みの可能性があるという。栄村の震度6強の地震は死者3人、全半壊約200棟の被害となり、現在も約160人が仮設住宅などで避難生活を送っている。


この記事、興味深いですね。天体の引力が地震のトリガーになっている可能性です。50%は馬鹿にならない。

だとしたら、今後、満月と新月の日に要注意です。次の新月は22日、満月は4月7日です。その次は4月21日が新月、5月5日が満月、そして5月21日が新月なのですが、5月21日は月と地球と太陽が直列する金環食で他の星も同じラインに並ぶ天文学的にも稀な日だとか・・・つまり、星と星の間の引力が一番極端になる日です。

覚悟と準備が必要かも・・・
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<湯沢町の決議 | 水神様の使いっ走り…みずがみさまのつかいっぱしり… | 3.11はタダでは済まない>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 水神様の使いっ走り…みずがみさまのつかいっぱしり… |