FC2ブログ
人に人としての尊厳があるように、川にも川としての尊厳がある。人と川がお互いを尊重する関係とは?を考えています。
3.11はタダでは済まない
2012-03-12 Mon 19:37
昨日のこと・・・・


朝、出勤しようとしたら、雪崩で道が埋まっていて、救援を求めて人海戦術でようやく車一台通れる通路をを確保したので、何とか遅刻を免れた。

朝から、汗かき仕事だった・・・この時期の雪崩は重い。


忙しい日曜日、仕事を終えて帰ってきたら、集落の事故で大変だったと聞かされた。

朝、相方は集落センターで会合をしていたら、バキバキすごい音がして道向かいの山から雪崩が起きて下の消防小屋と車庫が押しつぶされたのを目撃したとか・・・

急いで写真を撮りに出たら、下から声がする! 

それで会合は中断、救出に全力であたった。埋まったのはセンターの道向かいの家の人で、一人暮らしのおばあさんを施設に連れていくために帰省していたら 事故に遭った。

倅は消防団員で、すぐ呼び出しが掛ったが、行った時には既に集落の人が 角材やジャッキを持ち込んで救出する隙間を作っていたとか。ジャッキは皆が家から持ち寄って、7つもかかっていて、危険な隙間に集落の人が入り込んで救出のための準備、レスキュー車が来た時には、ほとんど作業なしですぐに助けられた。軽傷でよかった。時間勝負ですから。小屋の中のポンプと車は大破。


でもこれで終わらないのが 3.11・・・

夕飯を作っていたら、6:30ころ電源が落ちた。暗いし寒いし・・・

下の集落から来ている電線が、雪の重みで切れたのが原因。その後、東北電力の高所作業車が吹雪の中で復旧工事をしてくれた。

それでも 回復に4時間かかり、うちではキャンドルナイトで夕飯を食べた。被災者の気持ちを分かち合うための神様のいたずらか・・・追悼の夜になってしまいまいした。それでもこの状況でもちゃんと食材をいつも通り料理するたくましさ・・・

テレビもパソコンも明かりもない静かな夜は 暖をとれる部屋に人が集まることになる。4人と1匹が布団にもぐりこむ。どうやら うちの家族は 電気がなくても 結構、サバイバルなのかも・・・
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<天体の事情 | 水神様の使いっ走り…みずがみさまのつかいっぱしり… | 釣り人どこへ行く?>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 水神様の使いっ走り…みずがみさまのつかいっぱしり… |