FC2ブログ
人に人としての尊厳があるように、川にも川としての尊厳がある。人と川がお互いを尊重する関係とは?を考えています。
一応の安定!?
2011-03-31 Thu 14:08
東電会長、1~4号機「一応安定」も復旧作業は長期化見通し
産経新聞 3月30日(水)15時58分配信

 東日本大震災で被災し、冷却機能がいまだ復旧していない福島第1原発について、東京電力の勝俣恒久会長は30日の会見で、「1~6号機は一応の安定を見ることができた」と発言。ただ「1~4号機は最終冷却はできていないので、最大限努力する」とした。

 その上で、勝俣会長は「原子炉の安定は数週間では難しいのではないか」と話し、復旧作業は長期化するとの見通しを示した。


この認識の酷さ・・流石は東電・・・唖然です。垂れ流し状態で冷やすこともできず・・・

当然安全委は猛反発。

【原発】東電会長の「安定」発言に安全委が反論(03/31 05:50)
 福島第一原発の現状について、東京電力の勝俣会長が30日、「一応の安定を見ている」と発言したことに対し、原子力安全委員会は「予断を許さない状況が続いている」と反論しました。

 原子力安全委員会・代谷誠治委員:「事故はまだ収束していません。何が起こるか予断を許さない状況がまだ続いていると思うのが普通」
 また、安全委員会は「今回の事故は想定のシナリオにあり、手順を管理していれば防げた」と述べ、対応を東京電力任せにしていたことを自らの反省点に挙げました。さらに、1号機から3号機の原子炉の圧力容器や格納容器が損傷しているという見方を改めて示しました。圧力容器が損傷すると、現在行っている注水で放射性物質が外部に漏れ続けるばかりか、本来の冷却機能が復旧しても原子炉を十分に冷やせない可能性があります。



東電の頭はKYとか言うレベルではないですね。

田中優さんの講演会(3月19日に岡崎であったもの)長いのですが 分かりやすいです。
日本のエネルギーの何が間違いなのか、東電がどんな会社なのか、今後のことも。

      田中優 3月19日の講演会

(途中でお子さんのぐずり声が邪魔なのですが・・)

この中で「ここ2日間の状態が重要」とある通り、18日、19日、20日くらいが一番、ヤバかったと私も認識しています。(今もヤバいのですがね)

情報がなく、判断材料がなかったのもこのあたりでした。
別窓 | 原発人災・震災 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ロイターから | 水神様の使いっ走り…みずがみさまのつかいっぱしり… | 無料公開>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 水神様の使いっ走り…みずがみさまのつかいっぱしり… |