FC2ブログ
人に人としての尊厳があるように、川にも川としての尊厳がある。人と川がお互いを尊重する関係とは?を考えています。
怒りの種
2011-03-16 Wed 11:23
地震・津波・・・・本当に涙なく見られない状態です。

でも、それだけなら、(不謹慎ですが)一過性の災害だから、すぐに救助復興ができるのです。


ここ数日、何も手に付かず、夜も眠れずいるのは 原発のためです。

恐怖と怒りでワナワナして、体調も崩れるくらい・・・私はほとんどノイローゼです。


今回の東電、保安院の対応を見て同じ気持ちの方が多くいると思う。

発表の遅さ、情報の細切れ、小出し、一貫性の無さ、読めない推移、ないに等しい初動・・・


水力部門とは言え、東電とかかわってきたこの数年、この会社の体質はよ~く知った。

日本一の企業というイメージからかけ離れたバラバラな、頭でっかちな、異質な空気がする
すごく特異な組織・・・
専門家と思えない答えやデータ、数字のいい加減さ、相手をど素人として扱う態度・・・
東電の支店に行っても、本店に行って面談しても、何も収穫がないと言うか、のれんに腕押しで
いつも虚しくなってしまう。


一般の企業に勤めたこともある私が見ると、社員一人一人のパーソナリティーのなさが
特異な組織と感じるのです。なんだか、マネキン人形が名札をつけて対応してくれるような・・・

その大企業の中で原子力部門は「原子力村」と呼ばれる特別扱いの部署だそうです。
(専門家ではないのですよ)


何が怖かったかというと、広報担当の4人が全く何も答えられなかったこと。
目が泳いでいて、資料から顔を上げない。

何が起こっているのか 何一つわからない。 頭を下げられても詫びは伝わらない。

撤退を決めた東電を管総理が叱咤した「覚悟をきめろ、今撤退したら、確実に東電はつぶれる」と
いう報道を聞いたとき、今まで知ってきたこの会社の体質と 少しの原子力発電の雑学が
体の中、いっぱいになって、怖くて怖くて・・・今でも足が震えてる。

何で総理が先に説明して最後に東電の社長会見があるの?

内閣が東電に振り回されている。保安院は人ごとのような会見をする。あんたたちが
東電を見はる役割だろうが!東電の罪と保安院の罪・・・人災だった認識しているの?

どれだけの国民を危険にし、不安にしているか・・・

原発は 子どものおもちゃでないのです。3号基が普通の燃料でなく、プルサーマルだと
どうして誰も言わないのか・・・隠蔽体質・・・

本当は、今すぐここを離れたいくらい・・・この先どうなるのか分かりません。

(パニック状態の私を心配して、娘と犬は一緒に寝てくれています。)

冷静になるために、複数の人の評価を読んで、考え中・・・



武田邦彦氏のブログ

まさのさんのブログ

原子力資料情報室


別窓 | 原発人災・震災 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<空気中浮遊物 | 水神様の使いっ走り…みずがみさまのつかいっぱしり… | 心配の種>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 水神様の使いっ走り…みずがみさまのつかいっぱしり… |