FC2ブログ
人に人としての尊厳があるように、川にも川としての尊厳がある。人と川がお互いを尊重する関係とは?を考えています。
田代林道のブナの子たち
2013-06-26 Wed 16:57
しばらくぶりの ブログ更新です。

植林したブナの管理作業報告。




植林A

ここは田代林道沿いで ふるさとの清津川を守る会で 一番最初に植林した場所。

植林したとき(2002年秋)は 清津川ダム計画の中止答申が出た直後で、この場所は一面のカヤだった。

上のほうにある大きな木はブナの母樹でその下は 工事か伐採の作業場として使われていたらしく、赤土が

露出した地味の悪いところでした。裸地で夏はカヤしか生えないようなところ。

当時、背丈くらいのカヤの海のなかで メジャーを引いた記憶がある。

10年が過ぎて もうカヤ畑ではない雑木の斜面になった。

ほとんどがハンノキやアオダモ、ウツギ類、カエデ、などの中低木で、この中に植林したブナが

育っている。

道側(下側)は雑木が茂っているけど


植林H

上のほうから見ると まだ少しカヤが残っている。でも以前は上から道が丸見えだったけど

今はこのように 薮に隠れて道が見えない。


植林E

薮の中は こんな細い雑木が鬱蒼としていて、以前のカヤ畑を知る私には ビックリです。



植林F

当然、日当たりが悪くなったので カヤは減退してこの程度に・・・



植林L

すごいことに、今までなかった植物が 雑木林の下に出てきました。

日当たりが悪くても育つ ユズリハです。 それから


植林J

シダ類も。・・・こうして 植生が変わって行くんだ・・・・



さて、ブナの子たちは・・・


植林D

もう、カヤの背丈を越えて伸びています。植えた時は50cmくらいで 箸のような苗でした。



植林C

ここでの作業は、草刈りではなく、太ってきた幹のマーキングテープを取り除き、枝先に新しいテープをつけること。このままだと くびれができてしまう。つる植物に絡まれている子も救出。

それから森林肥料を根元に置きます。


植林I

根元は こんな太さになっている。横のカマの柄と比べてください。



植林K

テープを七夕飾りみたいに 見上げて結ぶなんて・・・想像しなかったなあ・・・

マーキング作業もこれで終わりかな・・・もう 草刈りで間違って刈られることもない大きさだし。



植林G

これは 南雲定一郎さんが 植えてくださった栃の木。これも見上げる大きさ。

ここまでになったら、どんどん空に伸びていきます。今まで何年たっても大きくならないと思っていたら・・・



それから、2か所目です。


植林AA

ここは2003年の春に植えたところ。道下の急な斜面でここも竹やカヤが繁茂していた。

矢印が ブナの子たちです。


植林BB

ここは 相方が草刈り機で刈って 苗を救出。こんなふうになります。










植林DD



マーキングテープをつけて



植林CC

この高さになると雪にも勝てるんだけど、ここは生存率低いです。なくなってしまったスペースに

補植したいんだけど・・・時間と手間がない・・・



植林EE

今日は雨が降ってきたので作業終了。



****おまけ***


アカモノ

足元に咲いていた アカモノです。 かわいい釣鐘の花。




アサギマダラ

ふわふわ飛んできたのは 亜高山帯を旅する蝶 アサギマダラ。 何百キロも移動するのです。



カモシカ

車に驚いて逃走中のカモシカ。 換毛期ですね。



たくさんの人のお世話になって、汗を流して植えて頂いたブナの子たちは、やっとブナらしくなってきました。

ありがとうございました。









スポンサーサイト
別窓 | ここの住人たち | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 水神様の使いっ走り…みずがみさまのつかいっぱしり… |