FC2ブログ
人に人としての尊厳があるように、川にも川としての尊厳がある。人と川がお互いを尊重する関係とは?を考えています。
何だろう・・・
2012-04-30 Mon 07:05
県内の農地土壌の放射性物質検査結果(4月)が県のHPにある。

県内農地土壌の放射性物質調査


参考値に去年の11月の結果があるけど、ほかのところはほぼ変わりないのに、南魚沼だけ倍くらいになってるの。

これ、どう説明するの? この5カ月の間に倍になる要因は何? 雪が降っただけだと思うけど・・・
スポンサーサイト
別窓 | 原発人災・震災 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
1月以降?
2012-04-27 Fri 08:07

千葉県の人口減少、1月以降加速 原発事故や液状化が影響か



 昨年の人口が戦後初めて減少に転じた千葉県で今年1月以降、減少傾向がさらに強まっていることが26日、県の調査で分かった。

 県は、東京電力福島第1原発事故で放射線量が高い地域が増えたことや、大震災による液状化被害の影響もあるとみている。

 4月1日現在の人口は619万5643人。1月1日以降の3カ月で1万691人減り、昨年1年間の減少幅とほぼ同じだった。

 3カ月の減少数が多かったのは、千葉市1175人、松戸市946人、柏市847人の順。

 松戸市、柏市など県北西部で放射線量が高い地域が目立つほか、液状化で千葉市や浦安市の住宅などに被害が出た。


千葉県の某マンションが夜、真っ暗というtwあったけど、実際に減っているんだ。これね、減った年齢内訳がわからないけど、たぶん、子供を持つ世帯が流出しているはず。千葉県の高齢化は加速すると思う。水道も電気も使用量が減るだろう。流出だけでなく、死亡も増えているのでは・・・「今年1月以降」というところが不気味。
関東圏の葬祭業は多忙で、火葬場は待ち日数がはんぱないとか。身の回りで起こっていることに要注意!

別窓 | 原発人災・震災 | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
夜間電力はどうなったか
2012-04-15 Sun 13:00
これね、去年の3月の読売新聞なんだけど・・・


オール電化住宅、普及裏目…原発2基分の消費増


 東京電力が、給湯や調理などすべてを電気でまかなう「オール電化住宅」の普及を推進してきたことが、今回の電力不足に拍車をかけている。

 この3年間で戸数が倍増し、最大で原子力発電プラント2基分にあたる約200万キロ・ワット分の電力消費能力が増えた可能性がある。東電は、東日本巨大地震後、計画停電をせざるをえない状態で、オール電化の普及策は抜本的な見直しを迫られている。

 東電によると、管内9都県のオール電化戸数は2002年3月末時点で1万3000戸だったのが、08年3月末に45万6000戸になった。10年末には85万5000戸に倍増した。「原子力は発電時に二酸化炭素を排出せず、地球温暖化の防止につながる。省エネにもなる」とアピールし、電気料金の割引を適用してきたが、急速な普及策が裏目に出た形だ。

(2011年3月23日14時42分 読売新聞)



今稼働しているのは 北海道の泊原発1基だけだから 本州には夜間の余剰電力はほぼなしということですね。

東電はオール電化の電力、どうしてるのでしょう・・・・原発2基分・・・



更に、原発のおまけとして全国に造られた揚水発電所はどうしてるのでしょう・・・前回、中越沖地震で被災した刈羽柏崎発電所が全基停止した時、二居ダムに電話したら、フル稼働だった。普段は5%の稼働率なのに・・・夜間の余剰電力を利用して昼間のピークを補うというタテマエとは裏腹に、実は、原発がバグった時にこそ必要な施設であったわけで・・・


二居ダムに電話できいてみようかしら・・・
別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
土壌のストロンチウム
2012-04-07 Sat 09:33
昨日の日付の県のHPでの発表

     ↓

   土壌中のストロンチウム分析結果


確かに、数字的には 福一前と大差ないのですけどね。 
別添のグラフでみると 水田土壌で2000年頃から下がっていた値が、 福一で上がったことはわかりますね。
(特に南魚沼)

事故前のBGデータが不足で 詳しいことは分かりませんね。

概ね最近の県内の食品検査では セシウムも検出されていません(検出限界以下)が、獣肉からは出るということは やはり山菜やキノコに特化して食べると 人間にも蓄積しますということかな・・・


まだしばらくは注意か・・・
別窓 | 原発人災・震災 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 水神様の使いっ走り…みずがみさまのつかいっぱしり… |