FC2ブログ
人に人としての尊厳があるように、川にも川としての尊厳がある。人と川がお互いを尊重する関係とは?を考えています。
「いいかげん」
2011-10-19 Wed 21:34
朝日新聞から

知事、文科省の放射線量調査批判
2011年10月18日

 文部科学省の航空機による空間放射線量の調査について泉田裕彦知事は17日、「もともとの自然放射線の濃淡を加味しないで発表して、国が率先して風評被害を起こしている」と批判した。県は放射線量や放射性セシウムの蓄積量が高いとされた地域での補足調査を始めたが、「(文科省調査の結果が県の調査による)事実と違えば申し入れを行う」という。


 泉田知事はこの日、柏崎刈羽原発の周辺環境の調査結果などについて協議する県の会議に出席。文科省調査を含めた福島第一原発事故への対応についても、会議の委員に意見を求めた。


 文科省の調査で放射線量が高かった新発田市内の地域では、花崗岩(か・こう・がん)から放出された天然の放射性物質が主な原因だと県は15日に発表していて、文科省の調査について泉田知事は「いい加減なところもある。天然由来のラジウム等も含めてセシウム沈着量が計算されている」と指摘。会議に出席した専門家からも「数字が独り歩きして困る」との意見が出された。


 会議ではほかに、放射性物質を含む汚泥の処理についても議論。粘土鉱物に放射性物質を吸着させるなどして地中に埋めるとする意見も出たが、委員の一人の会田洋・柏崎市長は「どの程度のレベルであれば安全か、国が責任を持って示すべきだ」と話した。
.


文科省の資料を「いいかげん」と言うまっとうな知事です。正直、県北の測定結果は花崗岩の影響あると思います。南魚と魚沼は花崗岩だけでなく福一の影響あると思います。降ったことは確かですから。県が正しい調査をして公開してくれることを望みます。それによって対策ができるのですから。



スポンサーサイト



別窓 | 原発人災・震災 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
2011-10-19 Wed 20:14
ネット上では 各地で地震雲だ不気味な夕焼けだと次々写真がUPされていて さながら世紀末のよう・・・


今朝は長野方面でも同じような現象が見られたらしい放射状の雲・・・うちでも南方向に


雲111019A




こんな感じです。反対側の北は



雲111019B


立て横に筋模様・・・



それから気になって出先でも空を見上げたら



雲111019C

なんだか不穏な空模様ですね。電柱上の真ん中の縦線が・・・風で出来た形ではないようで・・・


秋の空は鱗雲になりやすい。鱗雲ならちゃんと鱗雲らしくなってくれないかな・・・
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
花崗岩のせいとは言えない
2011-10-17 Mon 10:55
放射線量高めの新潟県山間部…地質が影響?


. 福島原発

 東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けて、文部科学省が新潟県の上空で行った放射線量調査で、村上市や魚沼市などの山間部でやや高めの線量が測定された。

 放射性物質を含む花こう岩が多くある地域と重なるため、県は「福島第一原発の事故の影響とは言い切れない」としているが、念のため独自に追加調査を行っている。

 文科省の調査は8月30日~9月23日に実施。ヘリコプターで高度150~300メートルを飛び、上空の空間放射線量を測った。その実測値を基に、地表1メートルの空間放射線量などを推測した結果、大半の地域は毎時0・1マイクロ・シーベルト以下で、事故前の通常の測定範囲(毎時0・016~0・16マイクロ・シーベルト)に収まった。

 ただ、村上、新発田、魚沼、南魚沼の各市、阿賀、湯沢両町などでは、山間部で0・1~0・2マイクロ・シーベルトの地域が多かった。五泉市と阿賀町の境界、魚沼市の群馬県境などには、0・2~0・5マイクロ・シーベルトの地域もまだら状に存在していた。局所的だが、南魚沼市で0・63マイクロ・シーベルト、関川村で0・62マイクロ・シーベルトとなった地点もあった。

 毎時0・2マイクロ・シーベルトを超える地域は、計算上、被曝(ひばく)量が年間1ミリ・シーベルトを超え、環境省が定めた除染対象となる。

 しかし、これらの地域は花こう岩の分布域と重なっている。県が調査結果の評価を依頼した工藤久昭・新潟大教授は、「空間線量は、花こう岩などの天然放射性物質を含む地質による影響で高くなることもあり、すべてが福島第一原発事故による影響ではない」と指摘する。

 実際、新発田市山間部の線量が高い地域で、県と市が13、14の両日に行った調査では、内の倉川の脇の山腹で花こう岩がむき出しになった場所で、カリウム40など天然の放射性物質が見つかった。線量を測ったところ、ごく一部で比較的高い毎時1・5マイクロ・シーベルトを測定した。

 また、文科省が出した地表1メートルの線量は推測値のため、かなりの誤差が生じている可能性もあるという。このため、県は独自の追加調査を実施し、その結果を公表する。具体的には、村上、魚沼、南魚沼の各市と湯沢町などで、線量の測定ができる車を使って地表1メートルの線量を実測するほか、農地などに含まれる放射性セシウムの量も調べる予定。

(2011年10月17日08時03分 読売新聞)



福一事故が起こる前の線量資料がないので、実際のところ何とも言えないですね。刈羽柏崎も中越沖地震のとき放射能漏れしましたし・・・

原発を抱える以上、常時と非常時の違いがつかめるように検査体制作っておかないといけないです。

もう少し情報収集が必要・・・
別窓 | 原発人災・震災 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
バックグラウンド
2011-10-14 Fri 20:37
そ、そうかぁ・・・

新潟県の花崗岩分布は こうなってるんだ・・・

だから、県北まで セシウム濃度が濃いように測定されるんだ・・・


    地質図


反対に言えば、花崗岩質でないところに 一定量のセシウムが降っていても測定されないこともあり得る。
やっぱり、文科省の航空機モニタリングは そこそこのマップということか・・・

花崗岩質のところを考慮してマップを見ないといけないのです。

別窓 | 原発人災・震災 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ならではの産物も・・・
2011-10-13 Thu 14:05
毎年、林の中でマイタケを栽培している。


マイタケ

こんなふうに 農業用コンテナに 10ケースくらい(30~50kg)収穫できる。

いつもの年なら初物は売らずに ありがたく家で頂く。ああ、キノコの季節だなあ・・・・って。



今年はそうはいかなかった。キノコはとりわけ放射性物質を取り込むから、心配で・・・・


自分で食べるのも心配なシロモノを お客さんに売るのは商売倫理に反するし、毎年「ここんちのマイタケは美味しいから」と遠くから買いに来てくれる人を裏切るわけにもいかない。

検査費用を払うとほとんど儲けが飛んでしまうほどの栽培量(単価も安いの)なので、悩んだけど 初物を検体にすることにし、土や木の葉を取り除いて箱に詰めて検査機関に送った。



検査結果

結果はセシウム134、セシウム137とも 「検出せず」 検出限界はCs134は20Bq/kg未満、Cs137は10Bq/kg未満 

なんとか安全は確保できたかな・・・


このマイタケは 菌床栽培で、菌床の中身(おがくず)は、今年の冬(原発事故前)にパックされたものだし、林の中に並べたのは(今年は作業が遅れて)6月の終わり頃でしたから、そんなに影響は受けないだろうとは予想していた。でも、水分は林の中で吸い込むので念のための検査でした。

津南町で菌床栽培のなめこから微量に検出されたのは おがくずを外に放置していたからということでした。

こんな検査をしなければいけないのは 誰のせいなのか!東電に検査費請求したいよ。


別窓 | ならではの産物 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
文科省発表
2011-10-13 Thu 08:06
10月6日の文科省発表資料です。新潟県のを出すのに実に7カ月もかかっている・・・


新潟航空モニタリング

南魚沼は予想していたけど、魚沼市の汚染はびっくり・・各市のHPで線量計の数字はみていたけど、魚沼市は出てなかったと思う。特に山間部の福島県境は濃い。早川先生の群馬ルートではなくて、会津側からの汚染か・・・

それから県北部の関川・村上まで汚染されていて 改めて広域なのに驚く。

十日町が免れたのは奇跡的で、地形によるものですね。でもこれはあくまで航空機からの測定で、実際には世田谷区のようにミニホットスポットがある可能性も否定できない。航空機の飛んだラインで計測しているので(たぶん3km間隔)線引きが曖昧なのです。



新潟セシウム合計

セシウム合計もほぼ同じだけど、飛び出した核種は セシウムだけを見てもわからない。ストロンチウムやプルトニウムは微量と片付けられるけど、十分に注意して・・・


別窓 | 原発人災・震災 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
森の中では
2011-10-08 Sat 14:32


林野庁のHPにある調査結果・・・


森林内の放射性物質の分布状況


8月中旬の調査です。杉林と広葉樹の比較では、やはりずいぶん違います。

3月に降下したので落葉樹ではほとんどが地表(落ち葉の上)に積りました。

杉林は8月には 多くが樹上の葉っぱにあるようです。

いずれ杉の葉も落ちますから、結果的には地表にたまることになる。

森林ではまるっきり土が見えている平地よりも 地中に浸透するのは遅くなるでしょう。

材の中への移行も少なそうです。

ほとんどの放射性物質は 葉っぱとともに移動すると考えていいのではないかな・・・

別窓 | 原発人災・震災 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
どのくらい降ったか
2011-10-06 Thu 08:12
東京新聞10月3日の表を写真に撮っていてくれた人がいて 気になるおおよその降下量を見ると


セシウム降下量B

これは3~5月のデータですから ダダ漏れ状態の福一の6月~は含まれていません。
(実際には8月に2度空間線量が上がっている時期がありました)

平年値が多いところは一見してわかるとおり 多数原発立地県ですね。それでも コンマ何ベクレル/m2ですから、今回降下した量がいかに多かったか・・・

東京都が多いですね。福島・宮城の数字があれば更に桁違いでしょう。

新潟は2000m級の山にブロックされたようです。注意点は限られた地域に降ったのでこの数字はこのまま呑んではいけないということ。(濃いところは濃いということ)




別窓 | 原発人災・震災 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
どこから来たか・・・
2011-10-01 Sat 12:58
早川先生のマップにルートとタイミングがUPされている。


hayakawamap.jpg


ここに飛んできた放射性物質は 群馬ルートで 時間的には 新宿9:30(0.5μSv/h) 茅ヶ崎で12:00(0.18) となっていて、そこから北上する。南魚沼のモニタリングポストで数字が跳ね上がったのは 17:00~で 18:00には 既に0.5μSv/hをこえてる。早川マップよりも濃いです。

地元で個人の線量計での数字が チラホラ出初めて 山の汚染が気になっている。
キノコは要注意!
別窓 | 原発人災・震災 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 水神様の使いっ走り…みずがみさまのつかいっぱしり… |