FC2ブログ
人に人としての尊厳があるように、川にも川としての尊厳がある。人と川がお互いを尊重する関係とは?を考えています。
×30
2011-03-25 Fri 21:35

厚生省通達3月17日

この通達が出る前の 水道水の放射性ヨウ素の基準値は 10ベクレルだったそうな・・・
何で、いきなり30倍の基準値になるのか・・・

原発事故後に日本人はヨウ素に対して30倍強くなったというのか・・・

斑目君、御用学者にもほどがあるぞ!

つまり県内の水道水も 既に前基準値を超えていたわけで・・・
スポンサーサイト



別窓 | 水神様のたまはく | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
はぁ?
2011-03-25 Fri 21:15
「原子力損害の賠償に関する法律」の中に・・・



第二章 原子力損害賠償責任

(無過失責任、責任の集中等)
第三条  原子炉の運転等の際、当該原子炉の運転等により原子力損害を与えたときは、当該原子炉の運転等に係る原子力事業者がその損害を賠償する責めに任ずる。ただし、その損害が異常に巨大な天災地変又は社会的動乱によつて生じたものであるときは、この限りでない



・・・?
こんな事故を人災で起こした東電はこの法で免責されるのかぁ?

怒!
別窓 | 原発人災・震災 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
地球を包む放射性物質
2011-03-25 Fri 15:47
2~3週間で世界一周 「人体への影響ない」とCTBT委員会
2011.3.25 11:06

 24日、ウィーンで取材に応じるCTBT機構準備委員会のラッシナ・ゼルボ氏(共同)
 大気中の放射性物質を観測する包括的核実験禁止条約(CTBT)機構準備委員会(本部ウィーン)は24日、共同通信に対し、福島第1原発から放出され、既に太平洋上から米国、欧州に達した放射性物質は今後2~3週間で世界を一周するとの見通しを示した。量は極めてわずかで、人体への影響はないという。

 委員会は群馬県高崎市など世界63カ所で大気中の放射性物質の観測施設を運営。観測部門幹部のラッシナ・ゼルボ氏によると、高崎の観測値は微量ながら現在も上下動を繰り返しており、同原発からの放出量が減少傾向にあるとは「決して言えない」と述べた。

 微量の放射性物質は米西部カリフォルニア州の観測施設で18日に、アイスランドの施設でも22日に検出が発表され、欧州各国の当局も近日中に到達するとみている。ゼルボ氏は大気の流れから放射性物質はさらに東に向かい、北半球を一周すると予測した。(共同)


世界中が注目するわけで・・・
別窓 | 原発人災・震災 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 水神様の使いっ走り…みずがみさまのつかいっぱしり… |