FC2ブログ
人に人としての尊厳があるように、川にも川としての尊厳がある。人と川がお互いを尊重する関係とは?を考えています。
ページが抜けてるのかと思った
2010-05-31 Mon 16:31
ちくまがわしなのがわ

「ちくまがわ・しなのがわ」という絵本。 雪ん子が天狗と一緒に上流から海までを旅するのです。
とても手作り感のある鳥瞰図風の作画で、野鳥や魚もたくさん登場するわたし好みの作品。

ところが残念なことに25ページから26ページにめくると・・・

・・・・ん?


宮中ダムが欠落しているのですよ。落丁でなくて・・・

なんだか事情があってJRの取水施設を描けなかったらしい。西大滝ダムは描いてあるのですけどね・・・

数年後に、JRや流域の人がどんな選択をしたのか是非続きを描いてほしいと思う。
スポンサーサイト
別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ダム撤去推進法へ
2010-05-30 Sun 16:15
千曲川信濃川復権の会の矢間さんがこられて話をした。「ダム撤去推進法」の制定を目指すとのこと。昨日設立総会があって、高橋裕東大名誉教授の講演があった。西大滝ダムの引き起こす水害は、長野県民にとっては重大な問題になっているのですね。集会アピールでは水利権更新に断固反対と明言しました。

同じ東電の水利権で苦しんでいる清津川下流と交流を深めようと・・・ハイ。

こちらは過去に県がやった許可行政とそれをノーチェックで引き継いできた国の 何を法的に争えるか?を考え中です。

例えば水道法ですが

(総則)第1条 この法律は、水道の布設及び管理を適正かつ合理的ならしめるとともに、水道を計画的に整備し、及び水道事業を保護育成することによつて、清浄にして豊富低廉な水の供給を図り、もつて公衆衛生の向上と生活環境の改善とに寄与することを目的とする。

(責務)第2条 国及び地方公共団体は、水道が国民の日営生活に直結し、その健康を守るために欠くことのできないものであり、かつ、水が貴重な資源であることにかんがみ、水源及び水道施設並びにこれらの周辺の清潔保持並びに水の適正かつ合理的な使用に関し必要な施策を講じなければならない。 


とかありますね。新潟県や国は水源の適正かつ合理的な使用の施策をしているか・・・

私たちは飲み水について行政からなにも施策されてないばかりか、本来使用していた伏流水を奪われてしまったのです。

例えば、今週、渓流水源地の整備と施設補修をするのですが、その費用や労役はすべて自前です。うちは営業で渓流水を使うので、先週、新潟県環境分析センターに水質検査を依頼しました。その請求書が来ていますが、これも自腹です。

これって、水道法違反でないですか? 基本的人権の問題でないですか?

水問題って、飯山市民にとっても私たちにとっても、命の問題なのだって行政は解らないのかな・・・

別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
今年も来たね♪
2010-05-29 Sat 21:31
せっせと巣箱を作ったのに、取り付ける木が見つからないまま時間が過ぎて、今年もやって来ましたブッポウソウ・・・

ま、元の巣があるナラの木は枯れているけどまだ倒れてないから、今年は巣穴が使えそうです。

電線に止まってじっとしているのがメスでしょうね。



何度も餌を運んで婚活中がオス。つつましくそっと餌をわたします。今年も雛が育つといいネ。
別窓 | ここの住人たち | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
花街道
2010-05-28 Fri 23:48
商工会

小雨混じりのあいにくのお天気ですけど、せっせと花の苗を植えている面々。これは商工会の花いっぱい運動の一環行事。


商工会2

プランターは軽トラで運んで国道沿いに置いていきます。他に小中学校や保育所にも配ります。

どこの市町村でもこういうのやってますね。たいがい、助成金がどこかから出るので乗っかります。

私はいつも車で走る時、花に目が行くのですが、十日町市(特に中里地区)は、一般の家庭でも庭先に花が多いです。
花街道と言ってもいいくらい・・・季節が変わるたび次々と花が移りますね。暮らしの中にいつも何かの花が咲いている。

雪が深いから花は生命力の象徴なのかなぁ・・・

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
中立的委員会
2010-05-27 Thu 22:34
昨日の協議会の記事から・・・


毎日新聞新潟版 2010年5月27日 

JR信濃川発電所:協議会、試験放流の検証委設置 「公正な評価を」 /新潟

 信濃川中流域水環境改善検討協議会(会長・西沢輝泰新潟大名誉教授)は26日、十日町市内で会合を開き、JR東日本が信濃川発電所(十日町市、小千谷市)の水利権を再申請した際に地元と合意した5年間の試験放流について評価する「宮中取水ダム試験放流検証委員会」を設置することを決めた。

 この日は、国土交通省信濃川河川事務所が、宮中取水ダムからの放流量を従来の毎秒7トンから同40トンとし、試験放流量以上の放流を義務づけることを水利権の許可条件とすることを明らかにした。

 これに対し関口芳史十日町市長が「試験放流の検証については、中立公正を確保するための委員会を設立してほしい」と要望し、検証委が設置されることになった。

 試験放流の影響調査については、JR東が河川の水温、付着藻類、底生生物や魚類の生息状況などについて調査。同河川事務所が調査結果について解析し、検証委が評価する。

 地元では試験放流について「誰が評価するのか」という不安の声があっただけに、関口市長は検証委の設置に「本当に良かった」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。【神田順二】

__________________________________________________________

読売新聞新潟版2010年5月27日

JR東の信濃川水利権申請

試験放流検証 委員会で

 JR東日本・信濃川発電所の不正取水問題を受け、信濃川の河川環境について有識者や行政関係者などが話し合う「信濃川中流域水環境改善検討協議会」が26日開かれた。同発電所の宮中ダムで試験放流を行う際の河川環境の調査・検証について、協議会内に、中立的な立場の「宮中取水ダム試験放流検証委員会」を設置し、実施することを決めた。委員長は西沢輝泰・新潟大学名誉教授、委員は大学教授や関係市長、関係漁協組合長、JR東日本、国交省などが務める。

 調査・検証の対象となるのは、宮中ダムから小千谷発電所放水口までの約39キロ・メートル。検証委員会は26日、第1回会合を開き、試験放流中に、水温や魚類生息状況、河川利用実態調査などをJR東日本が実施し、国交省信濃川河川事務所で解析・評価を行うことなどが決まった。また、十日町市も独自に住民の意識調査などを行い、検証委員会に報告する。

 協議会は、不正取水問題で水利権を取り消されたJR東日本が、4月に取水上限を毎秒約317トン、最低維持流量を40~120トンなどとする許可申請を北陸地方整備局に提出したことを受けて開かれた。申請では、5年間の試験放流結果を踏まえ、改めて取水量などを検討するとしており、協議会で毎年度、1年間の放流量と放流方法、河川環境調査について計画を立て、検証、評価を行う。



朝日にも同様の記事があるのですけどそのあとに


JR東との同意に住民団体が要望書

JR東の水利権再申請について、十日町市などが同意した内容に
反対する住民らが「信濃川を愛するみんなの会」(樋熊清治会長)を
設立し、26日、関口芳史市長あてに質問・要望書を提出した。
「JR東の取水量は、河川流量の半分以内にとどめるべきだ」などとしている。



市民の関心事だって国交省は解っているはずなのに・・・

別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
行きそびれた・・・
2010-05-26 Wed 22:02
う~ん・・・

昨日、バタバタしていて北陸地整のHPをチェックしそびれたら、今日が協議会だったのですね。

これ、ひどくないですか?

     ↓

第21回信濃川水環境改善検討協議会の開催



今日みたいに暇な日だったら、傍聴に行けたのに・・・


25日発表で26日の協議会だって・・・・これじゃ、なるべく住民に来てほしくないって言ってるみたいです。


せめて、3日前とか一週間前とかに発表してほしいなぁ!国税使ってやってるんだから、できるだけ広く告知して多くの人に来てもらわないと意味ないです。他にどこかに告知してあった?


だから、河川事務所の人嫌い!

別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
know 農 日記 2
2010-05-25 Tue 21:49
さつまいもB

台風並みの低気圧で2日間強風が吹き荒れました。みなさん、被害はありませんでしたか?

こちらは、せっかく植えたさつまいもの苗がたいへん!マルチが吹っ飛んでこんなにクチャクチャ・・・



さつまいもC

あ~~~苗も折れてる~~~こんなじゃ芋ができるかどうか・・・

農業は楽じゃないです。(>_<)風がやんだらやり直しです。


じゃがいもA


ジャガイモは芽が出てきたばかりで大丈夫。
別窓 | ならではの産物 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
使いっ走りも受け継ぐ
2010-05-24 Mon 11:58
5月12日の保坂展人さんのブログ(どこどこ日記)を読んでいたら、ご本人のルーツについて触れてあった。

・・・(前略)・・・
こんな話を初対面の人とするのも面白い。しかし、自分の祖先が「政治家」だったことは、実は5年ほど前に知った。9年前に80歳で亡くなった父、武義も知らなかったのではないかと思う。20代の頃、私の父武義と、国文学者石田吉貞さん(1987年96歳で逝去)と一緒に津南町を訪れたことがある。私の父の父である貞義の幼ななじみであり、「夜逃げ」の直前まで遊び友達だったという。保坂家のルーツを探る旅でもあった。清津峡という観光地の近くの林の中に、まるで埋もれるように保坂家祖先の墓があった。石田翁は、すでに当時90歳だったが、80年前の記憶を頼りに林の中で歩いて、案内をしてくれた。

 自分はどこから来て、どこに行くのか。自分の潜在意識にある「記憶」「正義感」「価値観」などは、過去の祖先から受け継いだDNAも一役買っているに違いない。夜逃げした3代前の保坂信雅は、津南から仙台に漂着した。裁判所に任用されたこともあったようだが、「馬鹿らしい」と1週間あまりで辞めてしまったという。夢は大きいが、地道な努力を嫌う「勝負師」型の人間だったようだ。2代前の貞義は、困窮した貧困生活をくぐって苦学しながら東京帝国大学に進んで、教員になった。戦前、50代で亡くなるまで仙台にある第二女子高等学校の校長をしていた。結核に倒れたが、亡くなる前の日記には「軍部と財界、政治の腐敗」を憂いていた。おそらく、「政治志向」もあったようだ。

 いずれも、私自身が国会に行ってから随分と時間がたって分かってきた事実である。悠久の時間の流れ、「政治」と「教育」に携わってきた先代には、金儲けの才覚はなかったようだ。大きな戦いの前だからこそ、また改めて、ふりかえりたい。


田畑や家屋敷を継いでいる人でないと、なかなか3代前までのルーツさえ曖昧なのに、新潟の祖先の墓のこと調べたのですね。ダム問題に取り組んでいたころ、公共事業チェック議員の会で視察に来られた時、清津川沿いの瀬戸口温泉さんが遠い親せきと言われていた。

私が清津川の水神様に取り憑かれているんだと思ってたら、たぶん、保坂さんも先祖から取り憑かれているに違いない。ご自身にとっては多彩な活動の中の一こまに過ぎないだろうけど、清津川に大きな軌跡を残して今なお進行形です。


別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
春の悪天候
2010-05-23 Sun 21:02
IMG_8313a.jpg

融雪期もピークを過ぎたのですが、まだまだ水は多いですよ。今朝はこんな風に川遊び族が・・・でも強風と雨です。

夜8:30に二居ダムの放流量が20m3/s超えになり増水。

別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
蟷螂、カマを下す?
2010-05-22 Sat 16:06
このブログのリンクに「蟷螂余話」というのがはってあるのは、お互いの安否確認のためです。

これを書いているのは実家の父で普段は遠く離れているので、「ちゃんと食えてるんかぁ?」とか、「爺さんボケてへんかぁ?」とかお互いに時々ログを見て生存を確認しているの・・・・

蟷螂を名のっているじいさんは、大正10年生まれだから、もう90歳になろうかという年齢だけど、PCはなんとか扱えるらしい。(というか、「こんなに安く読んでもらえる手段はないなぁ・・とローマ字入力からやったらしい)

内容を見ればわかるとおり、戦争体験者のみが言える完全平和主義者です。役職を退いてからずっと、活動・公演・訴訟・ロビー活動・立法へとボケる暇なし。(その合間にしょっちゅう闘病?)

この人は少年期から波乱万丈、映画の脚本みたいな人生をこなしてきたのだけど、その中でも大変だったシベリア抑留時代の貸しをやっと清算できそう・・・という電話が母からあった。

相手が国家であれ何であれ、牛車にカマを上げる蟷螂さんですから、とことんやることはやるのです。この点は愚娘としてもリスペクト。

昨日、シベリア特措法(戦後強制抑留者にかかる問題に関する特別措置法案)は参議院を通過、26日の衆議院で成立する見込みです。ここまでの取材の結果は25日のNHK総合19:30~のクローズアップ現代で放送予定です。


クローズアップ現代放送予定

にでてます。関心のある方は放送もどうぞ!
別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
ゼンマイ干しの頃
2010-05-21 Fri 22:59
ゼンマイ

こんなお天気のいい日は、ぜんまい揉みに適している。

ゆで方や揉み方にコツがあって、私はどうもうまくなれない。

山間地の現金収入につながる山菜で、専門の取引業者が買い取りに農家をまわる。

うちは、自家消費や知り合いに送る分だけですから、そんなに多くはとりません。

採りに行くところから、綿とり、茹で、天日干し、揉み・・・と手間暇かけて、食べる時も戻しを2回してから味付けと究極のスローフードでソウルフードです。
別窓 | ならではの産物 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
カモシカもうつる?
2010-05-20 Thu 23:05
カモシカ100520

宮崎県で被害が拡大している口蹄疫のニュースを見てとても気になっている。

カモシカは牛の仲間だから、きっと感染するだろうなぁ・・・本州に広がればいくら車の消毒をしても、牛にワクチンを打っても、カモシカ感染でどの県にも行っちゃうよ・・・イノシシも・・・両方とも生息数が増えているから、どこの山にもいっぱいいるし・・・
別窓 | ここの住人たち | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
飛び立て綿帽子
2010-05-19 Wed 20:52
わたぼうし

タンポポの綿帽子は新しい旅立ちのポテンシャルが詰まってる。

で、なんだか元気なイメージにつながるのは私だけ?


さて、そんなポジティブポテンシャルになるように・・・という情報、以下の通り。


先の衆院総選挙で、残念だったのは保坂展人さんが一歩及ばずで落選されたこと・・・清津川ダムの時も国会で質してくださったり、水利権問題でも色々と助けて下さったし、「公共事業チェック議員の会」の事務局長もされていた。(・・・というかこの事務局長をすると選挙に勝てないというジンクスまであるのだけど・・)


是非、この人には議員として働いて頂きたく願っていたら、爪とぎ期間を経て、7月の参院選に全国区比例代表で立候補されるとのこと!

よ~~し  d(⌒ー⌒)

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
know 農 日記 1
2010-05-18 Tue 23:12
去年から娘が始めたど素人農園、今年も始動です。のうのうと「今年もイモと豆作る!」と宣言、ネットで苗を買ったり、豆を買ったり・・・すっかり 野ギャル・・・


畑は大家さんがトラクターで耕してくれたので、野ギャルさん、鍬をふるって畝づくりを一人でやって・・・

今日は苗植えをすると言うので手伝いに駆り出された。作業時間は仕事から帰った5:45~です。

さつまいも

去年もやっているので慣れたもので、まず、等間隔に苗をならべて・・この後1本ずつ植えていきます。


今年は4種類植えるそうで・・・そんなに芋作ってどうすんの?



まめ


こちらは豆のスペース・・・なんだか去年よりずいぶん広くない?・・・こんなに豆作ってどうすんの?


ま、途中で枯れるのもあるだろうからいいか・・・


ところで、この畑、ネズミがいないそうです。なんでも大きな青大将が棲んでいるらしい。そう言えば去年、何度も蛇の抜け殻を発見しましたよ。・・・守り神様付きですかぁ・・・
別窓 | ならではの産物 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
水源の山々
2010-05-16 Sun 23:16
きらきらの若葉がまぶしいお天気・・・

三つの山

先週、気温が下がったときには高い山は積雪があった。

今日の遠景です。手前の田んぼには水が引かれはじめて田植えのシーズンになります。

遠くの山は大日陰山から霧ノ塔や三つの山という市町村境の山で1500~2000m標高あります。

この山々の稜線まで十日町市です。これだけ高い山を控えて奥が深いのですから、十日町市の川に水が足りないというのはあり得ないことですね。人間がよほどオカシナ操作をしない限り恵みはあってしかるべき・・・
別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
水づくりの森
2010-05-15 Sat 23:53
今日の津南新聞を見ていて・・・・何だかちょっと変わってきた?と思う。

JR東の信濃川ふるさとの森づくり・・・6月26日に津南町グリーンピアに2年間で3万5千本の植樹をするというもの。JRは今まで福島の安達太良山で同様の活動をしていて、森の再生だそうで・・・

3万5千ってすごく多いですね。どんな植え方するのだろう・・これをエコボランティアツアーとして誘客するのです。


それから なじょもんの 水環境を学ぶ特別体験講座。6回シリーズで9月まであるのですが、これ、東電が協力なのです。内容を見ると8月は「町内の信濃川に生息する貝類の調査」、9月は「渓流の水生生物を観察しよう」とか・・・ふ~ん・・・東電も以前から自然環境学習のスポンサーしていたけどね。

国策時代の昔から、収奪と言っていいくらい河川水を独占してしまう他県の企業が、せっせと環境活動をすることを「なんだかね~」と思ってしまう私はひねくれ者でしょうか?でも少し時代が変わってきたんだなぁ、きっと。


私たちが植林を始めたのは2002年からでした。その頃はJRも東電もこれほど明確に「環境」を表に出してませんでした。こちらは小さいボランティアだから、本数も少ないし、何の足しにもならない活動だったかもしれない。
でも方向づけはしていたつもり・・・


さて、そんな微力な植林ですが、今年は小松原の水づくりの森の管理(7月18日)をして、10年近くなる小松原へのアプローチはひと段落とします。今後は、中越森林管理署から相談のあった、大松沢を計画してみます。うちから近いし、作業後の温泉付きでできそうです。



別窓 | 水神様のたまはく | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
タイムリミット目前
2010-05-14 Fri 10:39
清津川・魚野川流域水環境検討協議会の5年間の東電素案の放流は今年の7月までです。

そのあとはどうなるのかって?

・・・未だに未定です。すご~く呑気です。

この5年間に両方の流域でどのような状況だったか・・・の報告がなぜか非公開で行われ、県の河川管理課はどう判断するのか・・・タイムリミットですよ。


東電素案の放流では何の改善にもならないから検討してほしいとず~っと訴えているのに、このままの状態で8月からも東電素案のままやるんなら、県行政への期待はかなぐり捨てて、行政の不作為として知事室に陳情に行きます。

当然、国がこのまま許可したら、北陸地整に対しても不服申請するつもり。

5年もあったのだから、何十年に一回の異常渇水のときの取水不安を解消する対策をする時間は十分にあったはず。量的にも難しいことでないのは取水報告をもらってる行政はわかってる。たったそれだけのことをしないで、清津川流域にだけ我慢をさせるのが河川行政のやり方といえるだろうか。

四国や瀬戸内海のように慢性的な渇水にある地域ではないのです。信濃川流域は・・・こんな地域で渇水騒動なんて笑い物ですよ。

簡単なやり方はいくらでもある。ただ、やらないだけなのだ。だから不作為。

さてここから2ヶ月半、なにも動かなかったら、だれが責任とるんだろう・・泥沼突入する覚悟はお互いに要りそう・・・



別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
シラネアオイ
2010-05-13 Thu 20:56
シラネアオイ
シラネアオイ


山野草愛好家の大好きな花。いかにも春の妖精の雰囲気あるネ。花の大きさもあって、山で出会えた時は
おおぉぉぉ w(*・o・*)w ・・という感じです。
別窓 | ここの住人たち | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
公費でやること
2010-05-12 Wed 22:50
どうして非公開なんだろう・・・


私は二度と流域協議会など提案しない(河川行政に大きく後退だと知っていても・・)だろう。

県の行政レベルと県民の話し合いのレベル・・双方の低さでは科学的な検討ができないことは、嫌ほど思い知った。

ここでは、今まで政治的判断=地域エゴだった。我の強い議員を選んだ地域が勝つ。つまり道理が通ろうが通るまいが欲の深いほうが正しい世界なんだ。人権を踏みにじる時は体裁が悪いから非公開でやる。

非公開でやるなら、せめて結果を公表してほしい。県費でやっていることなんだから、情報は県民のものでしょう?

非公開会議の議事録って情報公開請求できるのかな・・・
別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
誰でもわかるスギナ
2010-05-11 Tue 22:31
スギナ
スギナ

雫がいっぱいのスギナ・・・山菜ではありません。(^-^; でもつくしは食べることができます。

雑草の代表種みたいに言われる草だけど、造形的には独創的でとてもいい形をしている。胞子で増える原始型植物です。

別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
何に支障をきたすの?
2010-05-10 Mon 23:20
平成12年の通達「発電水利権の期間更新時における河川維持流量の確保について」・・・これは昭和63年通達の当面の運用を書いたもの・・・・この中に流域変更をしている場合についてこう書いている。

分水を受けている水系に属する河川における水利使用(発電に係るものを除く)に支障をきたさない範囲で、当該発電取水口等から下流の維持流量を確保するものとする。

これを湯沢発電所に当てはめると、分水を受けている魚野川の水利使用(石打発電所を除く)に支障をきたさない範囲で・・ということになる。

支障をきたさない範囲・・・というのをどう理解するかだけど、そもそも魚野川の灌漑取水は清津川からの分水を除いて取水可能な量を計算して許可されているから、支障をきたさないはず。もし、足りなくなるとしたら10分の1以上の異常な渇水の時だけど、そういうときはどこの河川でもほぼ同じように足りなくなっているね。


どうも、今の東電素案をみると、石打発電所に支障をきたさないように考えたとしか思えない。魚野川の灌漑取水が一番多い時期に清津川への放流量が多くて、灌漑取水が終わってからは清津川への放流量が少ないから。発電効率のための放流素案なのかぁ?

別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
土掘り名人
2010-05-09 Sun 22:09
???

ケース

??? これはネ、虫を入れたケースの内側が曇っていて、そこにグルグル線がいっぱい描いてあるのです。朝起きたらこうなっていた。


で、虫はどこにいるのかというと、土の中です。

このグルグル線を描いたのは誰かというと・・・






ケラ


ケラです。一晩中、土を掘ったりケースのなかを動き回ったらしい。この虫、結構、力があるし素早い。お腹の部分はコオロギっぽいです。目も可愛いけど、なんといっても前肢がいいねぇ。土を掘るようになってるんだけど、ユーモラスで・・・


で、じ~~ぃ~~~~っと鳴く。


つまんないものの代名詞みたいに「虫けら」とか言われたり、「おケラだって生きているんだ」風にさげすまれて歌われたり、虫の中でもランク落ちに扱われてるけど、実はすごく働き者でアクティブな生き物ですよ。


さて、こちらも虫と遊んでばかりじゃおケラになっちゃうかな。┐(~ー~;)┌   
別窓 | ここの住人たち | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
春の色
2010-05-08 Sat 22:09
山の色100507

この頃の山の色は柔らかくて表現が難しいくらいきれい・・・二日と同じ色はなく、どんどん変わっていく。あっと言う間に緑の山になっていく。

赤っぽく見えているのはブナの芽吹きの色。白は山桜です。



山の色100508


柔らかな緑と萌えぎ色。春ならではの色彩です。



ニリンソウ100507



こちらはニリンソウ。今年も咲き始めました。花弁の外側がほんのりピンク色を帯びて可愛い。

春の色はどれも新鮮でほのかで命のエネルギーに満ちているネ。
別窓 | ならではの産物 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
木に実ってる?
2010-05-07 Fri 23:03
サル100426


先月、巡回に行った相方が撮ってきた写真です。木に何か実ってるみたい・・・



よ~く見ると・・・





サル100426B


サル!ですね。冬は積雪が多いから越冬は楽でないと思うけど、湯沢町側に結構たくさんいるようです。群れで行動するのですが、下流側にはあまり来ません。険しい渓谷より、人里に近いほうが住みやすいのかも・・・
別窓 | ここの住人たち | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
雪解け加速
2010-05-06 Thu 23:36
清津川 第一測水所上流
第一測水所上流100506


夏のような暑さで一気に融雪が進み、濁流になってる。洪水のときのよう・・・


大松沢


上を流れるのが清津川本流、写真下から上に合流しているのが渓流水道の水源にしている支流。これも融雪で増水して濁っている。融雪期に飲み水が濁るのは珍しくないことだけど・・・
別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
天然トラップ
2010-05-05 Wed 23:53
清津川第一測水所
第一測水所1005050

朝、春の融雪水でドウドウ流れている見事な清津川です。県道のノリ面に植えたスイセンが咲き始めました。1万3千株を温泉組合で植えました。

今日も午後には二居ダムが20m3/s超える放流になって、濁ってゴウゴウと増水・・・



さて、


ボユ100403

これは一月ほど前に撮った写真。斜面の細い雑木です。この辺りではボユと呼んでいる。

半分から下はその根っこ?が見えてるのと思うでしょ? ・・・ところがですね・・・


ボユ100505


同じ場所の今日の写真。根っこみたいに見えていたのは、実は同じボユだったのです。雪で下に引っ張られていたのが、雪が解けると上のボユと同じように天に向かっているでしょ? 折れないでしなやかに立ち上がるのです。

雪解けの頃、山に行くと、うっかりボユの埋まっている雪の上を歩いて雪を崩すと、ビ~ンとボユが勢いよく戻ることがある。天然トラップと呼んでるけど、見事に足を天に持っていかれることがあって危ないのですよ。映画でよくあるシーンに原住民が仕掛けたトラップに足を取られて宙づりになるのがあるでしょ?あんな感じです。


昔から、ボユは農作業に使ったり、焚きつけになったり、ボユ橋になったり、いろいろ利用されてきたのですが、独特の曲がりがあって、それはこういう風に毎年雪で押されて、引っ張られても折れずに育つからです。この粘り強さ、見習うものがあるね。


別窓 | ならではの産物 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
山菜シーズン始まる
2010-05-04 Tue 23:32
こごみ
こごみB

山菜シーズン突入・・・コゴミが出始めて、せっせと採ってます。あんまり硬い芽よりも少し伸びかけたほうが柔らかくて私は好きです。あっと言う間にのびあがって葉っぱになる。クサソテツです。




ヒラタケ
ヒラタケ


山菜ばかりでなく、きのこも食べますよ。秋だけじゃなく、春にも出るヒラタケでこの辺ではワカイと言ってる。5月に出るのは5月ワカイと呼んでる。

味噌汁かなぁ・・・やっぱ・・・
別窓 | ならではの産物 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
GWの風景
2010-05-03 Mon 23:58
GWに合わせたようにやっと桜です。なんか旬な感じがないネ (^-^;


桜100503


でもお天気はいいし、のどか・・・ 


カモシカ100503


毎日のようにカモシカが見えて、お客さんはカメラ構えて見物しています。

まだ葉っぱがないので観察にはいいですね。
別窓 | ここの住人たち | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
庶民には解らないケタ数
2010-05-02 Sun 08:41
短い記事だけどUPしておきます。

東電が3年連続の赤字を回避
 東京電力は30日、中越沖地震で被災した柏崎刈羽原発6、7号機が営業運転に移行したことなどにより、2010年3月期連結決算の純利益が1337億円の黒字となり、3年連続の赤字を回避したと発表した。

 東電の09年度の原発の発電電力量は808億8700万キロワット時で、08年度663億3900万キロワット時から21・9%増えた。


新潟日報2010年4月30日



別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
東電の魚道検討委員会
2010-05-01 Sat 23:28
地方新聞各紙が、東電西大滝ダム魚道の検討会の報道をしている。

昨年12月に1回目の検討会があって魚道入口や固定部、上流ゲートを改善することになっていた。しかし東電が今回出した案は漁協さんには不評だったらしい。

・・・・ってこの検討会、東電は非公開!でやってるの。何ででしょうね。それに、第3回を6月頃にやって、それで決めてしまいたいらしい。

西大滝魚道A

これは、先日飯山に行ったときに撮った西大滝ダムの魚道。ダムの下流側はこのように屈折型になってる。春なので水が多いから半分は隠れてるけど、夏は屈折した部分も登ってこないといけないのです。


西大滝魚道B

これがダムより上の部分。高低差が約10mあって、魚道が190mくらい。魚にとっては甚だ迷惑な造りです。

(魚道の造りも問題だけど、私にはダム本体のコンクリートの劣化が気になった。魚道の改善も必要だけど、ダムって途中で修繕できないですね。こんなに大量の水を迂回させて点検すること無理ですから、水に浸かってる部分やコンクリートの内部ってどのくらい劣化しているのかわからない・・・)

まず、検討会は公開でやること!(コソコソやらねばならぬ理由があるのか?) それから信濃川(千曲川)は上流から海までをつながった生命の道と考えて横断構造物の改善をすること! だから、下流の宮中ダムの放流をJRが5年間かけて検討するのですから、当然、西大滝も5年間の申請をして、一緒に検討し、ちゃんと飯山市に鮭が上ることを確認してからそのあとの更新をすること!

最低限、これは環境を考える企業の常識と思いますよ。そうしないと、「宮中までは鮭が来るけど、東電のせいで長野県の子どもたちは鮭の回帰を見ることができない」と毎年新聞に書かれますよ。
別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 水神様の使いっ走り…みずがみさまのつかいっぱしり… |