FC2ブログ
人に人としての尊厳があるように、川にも川としての尊厳がある。人と川がお互いを尊重する関係とは?を考えています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
新政権のできばえ
2010-01-31 Sun 22:58
国政報告100131

民主党国会議員3人の国政報告会。これだけ束になると当然、市長が最初に挨拶。寄席ならトップは前座ってことになるんだけど、政治の世界はどうなんだろう・・・私はどうも政治の世界がわからない。

政権交代して、今までと何だか雰囲気が違ってきたなぁ・・・まず、政治とカネのことを(自分のことでもないのに)陳謝してから始まるところが・・・今までならまず、そこが攻めどころだったはず。

市政も国政も初めて予算を組んだ今年からの成果が問われるところ・・・お手並み拝見としましょう。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
密室でなくて外で
2010-01-31 Sun 11:17
宮中ダム沈砂池

宮中ダム100130B

昨日の様子です。3本あるレーンの右側2つは雪で埋まってる。一番左岸側だけ水が入ってる。これは十日町市と小千谷市の流雪溝取水のために取水してるから。


宮中ダム100130

宮中ダムから見た信濃川です。何トンくらいかなぁ・・・仮にこれを200m3/sとして、40m3/sを想像すると5分の1ですね。どんな流れだろう・・・「これが大河信濃川だ」って胸をはって子供たちに言えるだろうか・・・



28日の新潟日報から


住民 試験放流に合意 JR東違法取水検討委専門部会
流量は結論出ず

JR東日本信濃川発電所(十日町市、小千谷市)の違法取水問題をめぐり、
地元住民やJR東社員らによる「信濃川の在り方検討委員会」専門部会の
第3回会合が27日十日町市役所で開かれ、試験放流の実施について住民側は
概ね合意した。ただ、その流量の結論は出なかった。

会合は非公開。委員によると、適正な流量を判断するための国への再申請期限
(3月9日)が迫る中、同社が試験放流を実施することには住民側も異を唱えなかった。


同社は試験放流でも宮中ダム渦中に最低限確保すべき流量を最低毎秒40m3/s
としたい意向。住民側から「最低40m3/sとして申請し、80m3/s、100m3/sと試しては
どうか」「なし崩し的に毎秒40m3/sが定着しては困る」などの意見が出てまとまらなかった。

また、同社が処分前と同じ毎秒317m3/sで再申請を希望する最大取水量について
季節により変動させる提案が委員からあった。

委員で中魚沼漁協の長谷川克一組合長は会合後、試験放流の下限の
数字としては毎秒40m3/sを否定しない考えを示した。



試験をするなら信濃川のことはもっとオープンに話そうよ。漁協さんだけが住民じゃないですよ。
ヒコウカイで委員だけで合意しても住民総意とは言えないですよ。


ここで今の流れを見ながら、どれだけなら発電に回していいかを考えてほしい。






別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
議事録再読から
2010-01-30 Sat 14:05
第3回清津川・魚野川流域水環境検討協議会の議事録から

当時の信濃川河川事務所長の宮川勇二くんがこう答えている。

「二居ダム、カツサダムからの放流で補うとの約束と言う件につきましてでございますが、これまで異常な渇水時におきましてはどの河川においても河川法に基づきまして水を利用する方々による節水や水利用者間の相互の調整と言うことで行って頂きまして、さらに取水が困難になると言う恐れがある場合には北陸地整では上流発電ダムなどに放流要請を行ってきたということでございます。今回東京電力の湯沢発電所が魚野川に放流していた発電用水の一部を試験放流として清津川へ新たに放流することになれば渇水時に魚野川流域の農業用水に支障をきたすのではでないかというご心配の声があったということでございまして、このため先ほど申しました渇水時の調整の制度や枠組みなどについてご説明をしたというものでございます。
 なお、清津川及び魚野川において渇水となった場合を想定しまして両流域が一体となった新たな渇水連絡調整のための会を設けまして、河川法に基づき各水利用者が節水に努め、互譲の精神により利用者間で水融通をはかり、さらにその上で取水が困難となる恐れがある場合には清津川の上流発電ダム等に放流要請を行っていかなければならないと考えている状況でございます。」



赤い字の部分は事実として他の河川で電力ダムに要請して放流したことがある。確か・・・水道水の取水の塩害を防ぐため?だったと思う。で、「こういう例もありましたよ」という説明をした・・・ということですね。ここはいいとして、

問題なのは青い字の部分。これね、もし北陸地整が本当にこれをやったら、私はマジで行政訴訟します。

この川の上流からの取水の仕組みを知っていれば、こんな渇水対策ができないことは分かるはずなのに、どうして立場ある人がこんなこと言ったのだろう・・・というか言わせた部下がオカシイ。もう一度渇水対策を学習してほしい。

田んぼの水が足りないのでなく、もし南魚の人が飲料水の不足で困っているとして、1万歩譲って、一民間企業の東電の施設を経由して清津川の水を融通するとしても、する前に条件付きでないと納得できない。

「放流した二居ダムの水位が元に戻るまで、清津川発電所の上流取水をすべて停止する」という条件です。

(でも、南魚の飲料水が足りなくなるような渇水なら、既に清津川下流は給水車が来ないと暮らせない状態になってるだろうから、やっぱり1万歩譲れない。)

北陸地整の渇水の意識は、清津川下流が水道すらない地域だってわかってないですね。渇水になってまず先に困るのは清津川下流なのに・・・今までも、渓流水が細くなるシーズンは水が使えなかった。真夏に隣の食堂のメニューからざるそばが消えるのは、水がないからです。市営の温泉施設に「この水は飲用ではありません」と張り紙がしてあるのは水質不安のあるときです。今まで魚野川流域がそんな水事情になったことがあるのか?

清津川下流の人間は南魚のコシヒカリより価値が低いのか・・・?

上流の流域変更が下流の生活にどんな影響を及ぼしてきたか、そんな河川行政・許可行政を誰がしてきたか、責任を感じて欲しい。

それから、二居ダムの水は電源開発にとっては、発電の原資です。著しい渇水が起こるような時は発電も要求される真夏のピーク時です。普段はほとんど稼働してない揚水発電所の唯一の稼ぎ時に、ダムの水を放流することは彼らにとっても事業の存続にかかわる大事ですから、「田んぼの水が足りないから」と言う理由で「あなたの発電をやめなさい」とは言えないですよ。どちらの事業が公共性があるか、優先させるべきか問われますよ。その前に井戸水などの田んぼへの補充方法を考えるのが妥当と思います。

というわけで、この若い河川事務所長発言は実現不可の絵空事と私は思っている。

稲作の水を確保することは大切です。だからこそ絵空事を言う前に、渇水時でも確実に自水系内で水を得られるように対策するのが先ではないですか?

別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
最低限どれだけ必要か?
2010-01-29 Fri 10:30
清津川・魚野川流域水環境検討協議会の議事録を読みなおしてみると、所々重要なヒントが隠れている。

第3回の議事録で、十日町市長が

「実際に発電のためには最低どれだけあればいいのか?」という質問をして東電の所長が答えている。

「最低限度の発電のために必要な水と言うのは、申し訳ないですが、そう言う概念がないので我々はあまり考えたことがございません。」

この場合、質問の意味は、「施設の維持管理の電力などをみて、最低どのくらいの発電をすれば儲けがゼロになるのか?」と言うことだと思うんだけど、「そう言う概念がない」ということはどういうことかな・・・



例えばネ、現在の東電素案(冬場は0.334m3/s)の維持放流で5年間やってみたけど、下流におこる色々な事象をもう少し緩和したほうがいいということになったとき、今の三俣取水口の設備では単純に放流量を増やせないのです。

現在の三俣堰堤に流入する量は、上流の二居ダムの維持流量+残流域の流出だけだから量が限られている


仮に、その量を超えた放流案の試験をすることになったら、清津川発電所放水口から国道を超えて反対側の三俣堰堤内にポンプアップしないと試験ができないのです。そうしないと排砂ゲートの開度を大きくすれば、たちまち堰堤内は空っぽになってしまう。

維持流量は取水堰直下の水を増やすという考え方(これは議事録にもあるように信濃川河川事務所長が言ってるとおり)ですから、ロープウェイの下の余水吐けで足りない分を増やすことはできません。

それに、維持流量の水量を正しく設定するために、東電は堰堤内の水位を一定に保つように自動的に取水ゲートを調節している。だから、流入量≧放流量 にしておく必要がある。そのためには、直結施設の放水口からポンプアップするか、清津川発電所の維持流量を増やすしか方法がない。


これを霞が関の河川局で質問したとき、「維持流量の考え方は、河川にある流量からまず維持流量を引いて、残りの流量から許可範囲内で取水する」とキャリア官僚さんはお答でした。直結してあっても、三俣地点の流量として考えるそうですよ。




・・・まあ、三俣堰堤より下流の沢からわざわざ何十mも揚水して導水路に水を引き込むという荒業を60年もやってた東電さんですから、ポンプアップの技術に不足はありませんね。

そういうコストも含めて、「最低限どれだけ必要か?」という市長の質問だったんだけど・・・

私の頭の中では、

「そう言う概念がない」=「環境維持のために我社は社会貢献しますから、採算が合わなくてもどうってことはないです」

と理解しましたからヨロシク・・・・
別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
税金で提供する資料
2010-01-28 Thu 23:52
十日町の晒川貯水池の資料を調べていて、こういうページを見ていたら・・・
             ↓

信濃川の水はどのように利用されてるの?

この中にある地図
     ↓

水資源施設リスト

これね、晒川は建設中になっていて目的にFNSとあって、これは 
F・・・治水
N・・・不特定
S・・・流雪

ですね。・・・・・生活貯水池ってそういう目的?なんだ・・・


三国川ダムの目的は
F・・・治水
N・・・不特定
W・・・水道用水
P・・・発電

ですね。・・・・・不特定って不特定灌漑の意味? 国交省のHPには灌漑と書いてあるのに・・・

どうもこの資料、大雑把過ぎてダメです。東電の発電施設は一つも載ってないし。(JRや電発はあるのに・・・)

五城発電所(県営H12完成)が建設中の色になってるからずいぶん古い資料か・・・
と思ったら、水質データは2009年のグラフがあったり・・・(ーー;)うーん

つかめない・・・

別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
いらっしゃいませ♪イタチくん2
2010-01-27 Wed 23:25
イタチくんのお食事はとっても忙しい。何度も来ては雪の中の鳥皮を探し出して持って行く。



この子は30回以上も行ったり来たりを繰り返して、すっかり食べ尽くしてしまったよ。ゆっくり座ってお食事したらどう?
別窓 | ここの住人たち | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
晒川は・・・
2010-01-26 Tue 21:42
気になってた補助ダム(県担ダム)の行方は・・・


毎日新聞 2010年1月26日 東京朝刊

補助ダム事業:58カ所「再検証」 半数「検証応じる」--30道府県、毎日新聞調査

 ◇建設に歯止め

 国の補助を受けて30道府県が事業を進める58の「補助ダム」を巡り、国土交通省が夏までに示す新基準で妥当性を検証するよう各道府県に要請している問題で、17府県が半分の29施設について応じる方向で検討していることが毎日新聞の調査で分かった。「応じない」と明言したのは1県1施設だけ。多くの府県は、検証が済むまで工事を新たな段階に進めないとみられ、来年度は全国でダム建設に一定の歯止めがかかりそうだ。【まとめ・石原聖】

 国交省は昨年末、(1)ダムに頼らない治水対策を検討している(2)既存ダムの機能増強(3)09年11月までに本体着工済みか契約済み--のいずれにも該当しない事業を検証対象に分類。37道府県89施設の補助ダムのうち58施設が該当し、調査ではその事業主体の30道府県に対応を尋ねた。

 その結果、17府県が29施設で「応じる」と回答。理由は「応じない限り、補助金を得てのダム整備が見込めない」(大分県)、「補助金を出している国の要請で、拒否する理由がない」(新潟県)などだった。

 7道県は14施設について「新基準を見て判断する」と答え、「検証の度合いや方法が分かっていないから」(宮城県)などと説明した。8県が14施設で「未定」や「判断しかねる」などと態度を保留し、「国の姿勢は理解できるが、地域の実情を反映できるか不透明」(徳島県)などとした。

 「応じない」としたのは香川県。ただし、対象4施設のうち昨年12月に本体工事を契約した新内海ダム(内海ダム再開発)だけに限られ、「国の同意を得て進め、09年度に本体工事の補助金交付決定を受けている」と理由を述べた。

 国交省によると、昨年12月以降今年度内に本体工事を契約予定なのは、新内海ダム以外にも4県4施設ある。「野間川生活貯水池」を契約済みの広島県は「検討中」。兵庫県は契約予定の「与布土生活貯水池」を「応じるが、ダム以外の治水を検討した上でダムを選択しており、継続は変わらない」とする。18日に路木ダムの入札をした熊本県は「見直し基準を踏まえ検討する」、浅川ダムを契約予定の長野県は「分からない」とした。
==============

 ■検証対象の補助ダム道府県の対応
北海道 厚幌       新基準見ながら判断
青森  駒込       応じる
    奥戸生活貯水池     〃
    大和沢         〃
岩手  簗川       新基準見て判断
    津付          〃
宮城  筒砂子      新基準見て判断
    川内沢         〃
山形  最上小国川    応じる
群馬  倉渕       未定
    増田川         〃
千葉  大多喜      不明(休止中)
長野  浅川       分からない
    角間          〃
    黒沢生活貯水池     〃
    駒沢生活貯水池     〃
新潟  儀明川      応じる方向
    常浪川         〃
    新保川ダム再開発    〃
    晒川生活貯水池     〃
岐阜  大島       検証する
    内ケ谷         〃
    水無瀬生活貯水池    〃
静岡  布沢川生活貯水池 応じる方向で調整中
三重  鳥羽河内     応じる
福井  河内川      未定
    吉野瀬川        〃
滋賀  北川       応じる
大阪  安威川      応じる
兵庫  与布土生活貯水池 応じる
    金出地         〃
    西紀生活貯水池     〃
    武庫川      不明
和歌山 切目川      応じる
島根  波積       応じる予定
    矢原川         〃
岡山  大谷川生活貯水池 新基準見て判断
広島  野間川生活貯水池 検討中
    庄原生活貯水池  応じる
山口  平瀬       新基準見て判断
    大河内川        〃
    木屋川ダム再開発    〃
徳島  柴川生活貯水池  判断しかねる
香川  内海ダム再開発  応じない
    椛川       新基準見て判断
    五名ダム再開発     〃
    長柄ダム再開発     〃
高知  春遠生活貯水池  応じる方向
    和食          〃
福岡  五ケ山      応じる
    伊良原         〃
佐賀  有田川総合    応じる
大分  玉来       応じる
長崎  石木       コメントできない
    浦上          〃
熊本  路木       新基準踏まえ検討
    五木          〃
沖縄  タイ原      応じる



これで補助ダムはほぼストップです。十日町市の晒川貯水池も新基準では造ることができないでしょう。

更に、お金もストップ・・・


特定事業の交付税増額廃止 「政策誘導的」と刷新会議

東京新聞2010年1月25日 19時41分

 総務省は25日、地方債を財源にして港湾やダムなど特定の公共事業を実施した自治体に対して、元利償還金の一部を地方交付税に上乗せして配分する「事業費補正」を、2010年度の新規事業から原則廃止することを明らかにした。

 政府の行政刷新会議で事業費補正が、地方分権に反し「政策誘導的」として問題視され、原口一博総務相も「地方独自の財源である交付税を補助金のように使うべきではない」と見直しに言及していた。今後は公共事業の種類に関係なく、自治体の財政需要に応じて交付税を算定する。

 事業費補正は、高度経済成長期の1969年度に制度化され、自治体による道路や河川、港湾などの社会資本整備を後押ししてきた。しかしバブル経済崩壊後は、自治体が無駄な公共事業を進め借金を増やす一因とも指摘され、対象事業を絞り込んでいた。
(共同)



これで財源もストップです。コンクリートから人へ本当に流れが変わるのか・・・
別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
いらっしゃいませ♪キテンくん3
2010-01-25 Mon 20:59
おや?・・・いつもの食いしん坊と違う個体のようです。





ちょっと小さめで、色も薄いです。たぶん♀かな・・・うるうる瞳のなかなかの美人さん。首から顔にかけてほっそりスリムですね。全体に灰色がかった黄色で、首から胸にかけて明るいクリーム色をしています。


別窓 | ここの住人たち | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
雪は資源
2010-01-24 Sun 22:15
雪崩

雪国では県道でも国道でも雪崩が発生する。だから、


せっぴ落とし

こんなふうにあらかじめ雪を落として危険を回避。


頻繁にこの作業がある。道路の除雪も道脇の雪の片付けも・・・

冬中、重機が働いている。土建業者の・・・

雪って産業廃棄物みたいに完璧な処理を要求されない。融ければただの水だから。その上、毎年降る持続型の材料だ。

雪のない県の土木業者から見れば羨ましい限りですね。道路やダムなどの公共事業がストップしても、雪対策には予算がつく。冬の仕事にあぶれることはめったにない。よほどの小雪の年でもない限り。


「雪が多くて大変ですね」とよく言われる。大変だけどそれで成り立ってるのですよ。
雪は資源…の続きを読む
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
水利権の性質
2010-01-23 Sat 22:45
昭和37年の高瀬川行政命令取り消し請求事件の判例から・・・

判決要旨
公水使用権は、それが慣行によるものであると行政の許可によるものであるとを問わず、公共用物たる公水の上に存する権利であることにかんがみ、河川の全水量を独占排他的に利用しうる絶対不可侵の権利ではなく、使用目的を充たすに必要な限度の流水を使用しうる権利に過ぎないものと解することを相当とする。




昭和43年の大分県の水利妨害排除仮処分命令申請事件の判例から・・・

判決要旨
一般に公水に対する使用権が行政処分で設定されるからと言って、これをただちに公権とすることはできない。漁業権や鉱業権は行政処分で設定されるが、私権であることに問題はない。公水に対する使用権が使用権者の私的な経済的利益を充たすためのものである限り、それは私権としての性質をもつ水利権と解することが相当である。

水利権は、所有権のような流水に対する抽象的包括的な支配権ではなく、一定の水量を特定の目的のために使用する内容を持つ(すなわち具体的内容を持つ)支配権である。水利権は水量の点から制限されるのは勿論、使用目的の点からも制限され、灌漑用、雑用、工業用等の具体的な各使用目的に応じて個々別々の権利として成立する。

したがって、ある使用目的の水利権は、その使用目的の消滅によって消滅し、他の使用目的の別個の水利権に当然に転換することはなく、別個の水利権として成立するためには、新たに所轄行政庁の許可によって、その使用目的の水利権の設定を受けなければならないと解すべきである。



水利権の性質って分かりにくいんだけど、判例を読んでいるとつかみどころがわかるでしょ?

「私権の目的とならない」と法では書いているけど私権としての性質を持っている。・・・これが不完全な(条件付きの)私権。


別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
信濃川のあるべき姿
2010-01-22 Fri 23:41
信濃川のあるべき姿市民懇談会

あるべき市民懇談会100122

市内4か所で開かれる市民懇談会のかわ切りが中里でした。

ものすご~く各論で聴いていてイライラした。(私だけ?)

今の人間が川とつきあう作法を忘れてしまったのはどうしてだろう・・・自然界の歯車の一つとして自分の存在が認識できなくなるのは科学技術や経済が成長したからかね?

川を利用する側面だけを求めると「CO2の排出が少ない」とか「循環型資源」とか言っても何だかきれいごとに聞こえる。

川は流れているだけでその存在が大切なのであって、利用するなら、恐れや感謝や尊厳を忘れてはいけないのでは?
人間だけが偉いのではないし、今の自分たちだけが良ければいいのでもないよ・・・

・・・・十日町市がこれから選ぶものは、ず~っと将来、私たちの子孫が歴史として見ることになるんだよ。

「そう言う選択をしてくれた先祖に感謝!」って言ってもらえるように願ってる。
別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
水利権の真相
2010-01-21 Thu 21:04
水利権の真相って何だかわかりますか?

ここ数年、水利権を相手にして学んだこと・・・水利権っていったい何かって?


公のものを使って

富の不平等を生むことを法が永久に擁護する


ってことです。


本来、誰のものでもない水を使う人だけが毎年大儲けして、一方で使えなかった人は永遠に不利益を余儀なくされる・・・その子供もその子供も・・・ずっとです。

水を取られた流域すべての命がずっと不利益を被るのです。

これが水利権の真相。 ・・・ 

だから、その申請を審査をする人は責任を感じて欲しいのです。


いつの日か、こんな間違ったことを正せる日が来ることを心から願ってる・・・
別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ことしも雪季市
2010-01-20 Wed 23:42
このブログを書き始めてから、何故か毎年訪れる十日町雪季市。ちんころ市と言われている。

ちんころ市100120


地元の産物やら、

ちんころ市100120E


ワラ細工、竹細工など観光客が喜びそうなお店が並ぶ。

ちんころ市100120D

縁起ものや雪国の人が待ち遠しい春を感じる鉢植えも人気です。


でもやっぱり一番人気は・・・


ちんころ市100120B

このちんころ。今日は近くの小学生もおこずかいを手に「どれにしよう~」と迷ってる。


ちんころの出店は3か所もあって、人気のお店は


ちんころ市100120C

この通り、行列のできるちんころ屋さんです。

というわけで、娘は列には並ばず、製造元のお菓子屋さんに行って

ちんころ市100120F


ちゃっかりゲット! 今年はトラのちんころが多いですね。

原料が米の粉ですから、カビがでないように乾いたところに飾ります。たくさんひびが入ると今年は福が多いと言われてます。

別窓 | ならではの産物 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
雪の中で動くもの
2010-01-19 Tue 14:46
対岸の雪の中で何かが動いてる・・・



ヤマドリのオスですね。これだけ雪が深くなると餌探しも大変です。どうやら細い枝にとまって木の芽を食べていたようですが、雪の上に落ちた?らしい。結構、飛翔力ありますが 体が大きいと目立つし、タカやテンにも見つかってしまいそう・・・
別窓 | ここの住人たち | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
いらっしゃいませ♪キテンくん2
2010-01-18 Mon 22:33
煮干しのだしガラだけど無心に食ってる。



3分30秒、目の前(ガラスごしで2mの至近距離)でビデオ回しっぱなしなのに平気。お腹すいてたのかな。でも、時々こちらをじっと見て耳がピタっとなる警戒ぶりです。

この子はたぶん去年も来ていた子?と思います。
別窓 | ここの住人たち | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
今のままで
2010-01-17 Sun 18:18
be-pal5.jpg

今月のbe-pal・・・今回で野田さんの信濃川の連載は完結。沈したアルフェックと岸に引き上げられる野田さんをボーダーコリーが見ている写真・・・

信濃川はカヌーイストの要求に十分答えられる川になったね。今の流れを手放したくないと思う。今の流れのままでいいと思う。



別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
暖冬だって予測したの誰?
2010-01-16 Sat 14:49
結構よく降って、今朝の積雪は・・・

積雪100116

こんな感じです。今日はちょっと小康状態。やれやれ・・・土曜日でどこの家も除雪作業です。うちは昨日やっつけました。



一昨日の降り方が一番すごかったネ。倅は新潟に講習会を受けに行くと朝一に家を出たけど、結局たどり着けず、長岡で折り返してきた。川口~十日町間で36台もの車が雪に刺さって動けなくなっていたそうな・・・一応メカニックスタッフだし、力もあるので、それらの車を救出しながら「何しに行ったかわからん・・・」と帰って来た。

私は朝、駐車場に止めてた車の除雪をして、1日中、家のまわりの雪片付けをし、夕飯を食べてから心配になって見に行ったら、

く、車がな~い!  という珍事・・・暗い駐車場をラッセルして眺めると・・・

                 イメージです(ミミズじゃないよ)
                   ↓

駐車場!?

こんな感じになってたの・・・しょえ~~~

ひょっとして真ん中のちょっぴり小山が私の愛車???

それから2人で30分かかって掘り出したけど、駐車場から出すことができなかった。
 。°°(>_<)°°。
次の朝、ブルドーザーが来て周りの雪を除雪してくれたのでようやく救出・・・

損害はラジオアンテナ・・・折れちゃった。やっぱり車庫を増設しなきゃダメか・・・

1月からこんな具合だから、今年は市の除雪費用も足りなくなるだろうなぁ・・・
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
渇水流量は増えている?
2010-01-15 Fri 20:36
昨日は朝から夜遅くまで大雪警報が発令されたままだった。雪国に住んでいてもなかなか見られないくらい 一時的に大雪になった。気温がマイナス3~4℃のままだったのでサラサラ軽い雪が前も見えないほど降った。雨にして30mm/Hくらいの大雨がそのまま雪になったらこうなるかな?と言う感じ・・・見る見るうちにたまっていく。

朝昼夕と3回ブルドーザーが来たけど、たちまち埋まってしまう。


その結果、


積雪100115B

こんな積もり方をしてる。どの屋根を見ても四角く垂直に1m以上のっかてる。普通は屋根端から膨らんで綿帽子のようにこんもり積もるのです。今回は豆腐をのせたみたいです。

積雪100115

ほらね、ピシッと四角。短時間に気温が低いままたくさん降った状態ですね。全く掘らないところでは3m近くなった。



サラサラと崩れて、道は表層雪崩で通行不可。ブルドーザーの後ろだけ通れます。国道353は既に通行止めです。


清津川はというと・・・


第一測水所100114

第一測水所のすぐ上流にある国交省の流速観測施設は対岸とつながって埋まってしまってる。

矢印方向に流れてるはずなんだけど・・・


№5下流100114

№5下流はほとんど流れてない。


[高画質で再生]

豪雪による河川閉塞

[広告] VPS

動画で撮っても、表面の雪がほとんど動かず、流速がないことがわかる。



「近年雪が少なく冬場も雨が降って渇水流量は増えている。年間の総ボリュームは増えてないが、渇水流量は増え気味になってる。これは清津川に限らず。」と北陸地整の広域水管理官は言うのだ。

もし彼らが持っている数字がそうなっているなら、それはS64に河川維持流量ガイドラインが始まってからのことではないだろうか・・・


それまでは渇水流量は少ない方が流水の占用料が少なくなるから、小さい数字を使った。

S64以後に更新を迎える発電水利権は維持流量を放流するようになった。でも、渇水流量が少ないと多くの維持流量を放流しなければならない。取水量が減って発電量が減る。

「そのバランスが難しい」と東電の取水施設を見学したとき、職員が言ったことがある。

近年、渇水流量が増える傾向にあるとすれば、「冬場も雨が降って」ではなくて、数字を作っているからではないですか?

別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
JRの提案
2010-01-14 Thu 10:10
昨日の続き・・・


この「信濃川の在り方検討委員会」でオブザーバーのJR東が提案したのがこれです。↓


JR提案B



・・・なんじゃ こりゃあ~~~

まあまあ・・・落ち着いて、落ち着いて・・・

まず、オブザーバーの意味はウィキペディアの

国際機関や会議などの準資格参加者。意見の表明は出来るが、通常、議決権はない。立会人。

これでいいのかな? これはただの意見表明です。

信濃川中流域水環境改善検討協議会(国交省がやってる協議会)で一応の結論として40m3/s以上となってましたから、この意見では普段は40m3/sで 7/26~9/5 と 10/1~11/10 のそれぞれ40日間くらいを 60m3/sに増量してどうでしょうか?

というものです。


あのね、3月9日が目の前でお急ぎなのは分かるけど、第1回の委員会にいきなり出す案としては何とも

お粗末!!

これ、十日町市民が受け入れると思ったんだろうか・・・逆効果ですね、たぶん、多くの市民の取り方は
「30億円で頬をなでてやったから、このくらいで十分だろう」って言われてるようなものですよ。

今後の話し合いに余計時間がかかる気がするけど・・・

このグラフには数値が入っていないけど、渇水流量(1年365日の流量の下から11番目)から、灌漑取水をするために少なくとも必要な量55m3/sを引くと、川に残るのは60~70くらいになるらしい。

ご丁寧に、最小流量の所に「なお、H6.8には60~80m3/sが18日間続いた」と書き加えてある。つまり、60~80m3/sでは灌漑用に必要な量を除いてはほとんど発電占用がありませんということらしい・・・平成6年は異常渇水年で全国で水源開発の利水要望を出させる資料づくりに好都合な数字です。10~20年に一度の渇水年かと・・・

こんな書き加えをしないで、「異常渇水の時は発電よりも信濃川の環境を重視して発電しません」と書いた方が理解を得やすいですね。(といっても、灌漑必要分でも棚ぼた発電してるんだけど・・)

JR的には「これでやってみましょうよ」という提案ですが、私は先に数字が出てくること自体オカシイと感じるのです。

先に、「こんな信濃川をめざすんだ」という絵があって、そのためには何トン流れる必要があるという順番ならわかるけど、先に数字を出すとボタンの掛け間違いが始まるのでは?

ま、あたりまえだけど委員から一蹴されてしまったこの提案、今後どうなるのか注視したい。

別窓 | 水神様のたまはく | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
認識の差ってこうなんだぁ・・・
2010-01-13 Wed 21:25
信濃川の在り方検討委員会
信濃川の在り方検討会

第1回の「信濃川の在り方検討委員会」を傍聴した。これは「JR東日本発電取水総合対策十日町市民協議会」の付属機関。TVカメラも入ってる・・・報道席も傍聴席もほぼ満員でした。

メンバーは対策協に顔を連ねている各団体の事務局部隊とアドバイザー(大熊先生と香野さん)とオブザーバー(JR東)らです。

初めに市長のあいさつ・・・「河川の持つ潜在的な価値をエネルギーだけでなく街づくりに生かす」と言われてます。

さて、委員会らの質問で、「3月9日を期限とするのか」というのがあって、吹き出しそうになった。(後ろにJRの人が座ってたのでこらえたけど)

3月9日というのは、JRが申請書を出す期限です。私の認識では・・・現在のJRは水利権を持ってませんから、新たに水を使うには新規の申請をする必要がある。ただし、施設は既存している。国交省は3月9日までに申請書を出すことを条件に施設の存置を認めると言う寛大なる措置をした・・・つまり、3月9日までに申請書を出せなければ、施設は取り壊して原状復帰すべきものだと思うのです。

この存置期限を延長するにはJR自身が国交省に要望を出さないといけないのですが、これは、ズルズルと何回も申請書提出期限を延ばした東電とは違うのです。

東電の場合は、水利権の更新期限は既に切れているけど、引き続いて取水の意思表示をすれば、権利の失効を意味するものではありません。だから、「雪があって測量できない」とか「地震でずれた」とか何回も理由づけて更新期限がきれて3年も過ぎてからやっと提出した。

でも、JRのケースでは施設はあっても、取水の順番はあくまで新規の申請と同じです。全く権利のない状態からの申請ですから、申請期限(施設の存置期限)は東電のようにズルズル延ばせないですよ。

JRが延長申請をしたら、国交省はご自慢の裁量権で、過去に例を見ない申請期限(存置期限)延長を認めるでしょうね。

でも例えばネ、延ばし延ばしにしている間に、JR以外に同じ地点(あるいはその下流)で使用する見込みがある(実現する)水利権の申請が別途あると、許可権者はJRに既存の施設があるからと言って、他の人の申請を審査しないわけにはいかないのですよ。

流水は公の水ですから、占用はJRに特別に贔屓して許可できるものではありません。そういう意味で存置延長は甘くしてはいけないのです。現在の状態は許可のない河川工作物を特例として3月9日まで認めてるだけですよ。

この委員会で「3月9日までに・・」云々言う前に、まず、国交省に施設の存置期限の延長について可能かどうか確かめた方がいいですね。

さて、委員会の話の内容ですが、ほとんど実がないの(いったい何のための幹事会かしら)です。てっきりこのテーブルで丁々発止、喧々諤々やるのかと思ったら、更に下部に専門部会を置くらしい。

・・・・しかもこの委員会、費用弁償がないらしい・・・

そうして、何故か、オブザーバーであるはずのJRがいきなり「宮中取水ダム直下で確保する河川流量の提案」です。・・・これね、明日スキャンとってUPしますよ。あまりにビックリなので・・・
別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
松燃し と ほんやら
2010-01-12 Tue 12:46
松燃し

イカ釣り風景?ではなくって、お正月飾りを燃やす「松燃し」をしているところです。この煙をかぶったり、置き火で焼いたスルメやお餅を食べると、今年1年病気をしないということから このイカ釣りみたいな景色ができます。

お神酒を頂いてオシマイのはずが、このあとご近所共同作業で消防小屋や公園施設の除雪作業・・・いろいろ大変です。



ほんやら100111

お隣の子が遊んでいるのは、雪のお家ですね。この辺りではカマクラのことを「ほんやらどう」とか「ほんやら」とか呼んでいます。14日は鳥追いで子供たちはほんやらでお餅を焼いたりゲームをしたりして遊びます。今年は雪がたっぷりあって、材料には困りませんね。
別窓 | ならではの産物 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ちょっと鈍いカモシカ
2010-01-11 Mon 23:00
対岸のカモシカですので、三脚持ちだして撮ったのですが、やっぱりズームいっぱいだとこの程度ですね。



このカモシカくん、ずいぶん鈍くさいヤツで、ズボズボ雪に足を取られてますね。カンジキ貸してあげたいくらい・・・約半日、見える範囲にいました。
別窓 | ここの住人たち | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
いらっしゃいませ♪キテンくん
2010-01-10 Sun 21:33
今年はテンが来ないなぁ・・・と思っていたら、来ましたよ!

今日は御馳走がないので「ありゃ・・ごはんないの?」って感じですぐ帰っちゃった。




ハイハイ、ちゃんとご用意しておきますから・・・

イタチよりノソ~っと来ますね。こちらをじっと見たり、堂々としてます。
別窓 | ここの住人たち | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
いらっしゃいませ♪イタチくん
2010-01-09 Sat 11:18
だんだん慣れてきてすぐ横の窓内でカメラを構えていてもチョロチョロするようになってきましたよ。

はじめに画面左下でこちらを見て、確認してから台にあがりますね。去年の必ず振り返る子と同じ個体かしら・・・

雪の中にお肉が埋まってるので、トンネルを掘って探します。




いかにもイタチらしい身のひるがえしと素早さです。

BGMもつけてみました。
別窓 | ここの住人たち | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
県の違法取水
2010-01-08 Fri 14:02
今朝の朝日新聞から

県、40年違法取水 
2010年01月08日

胎内第2・3発電所冷却用 
 2年以上公表せず


 県は7日、県営の水力発電所「胎内第2発電所」(胎内市下荒沢)と「胎内第3発電所」(同市熱田坂)で約40年間、無許可の取水管から胎内川の水を違法に取り、発電機の冷却に使っていたことを明らかにした。2007年の調査で把握していたが、公表してこなかった。県河川管理課は河川法違反にあたるとして、管理する県企業局に対し、無許可の取水管による違法取水の停止と最大取水量の10%減量を指示した。(奈良部健)


   ◇


 同課と同局によると、「胎内第2」では1970年以降、毎秒0・01トン(1日約860トン)を、「胎内第3」では86年以降、毎秒0・02トン(1日約1600トン)を、それぞれ違法に取水していた。両発電所で許可されている最大取水量はそれぞれ毎秒15トン、毎秒17・5トンだが、同課は「いずれもこの量を超えていない」とみている。


 県は2007年3月、全国の水力発電所で取水量のデータ改ざんが発覚した事態を受け、県営11水力発電所に自主点検と結果の報告を指示。このうち9発電所からは速やかに報告があり、うち「胎内第1」(同市下荒沢)から違法取水が報告された。


 今回問題が発覚した「胎内第2」「胎内第3」も調査結果が速やかに出され、違法取水が判明したが、正式な報告書の提出は昨年12月28日だったという。


 取材に対し、同局は「大変申し訳ない。隠していたのではなく、違法かどうかの判断に時間がかかった」、同課は「法令に照らしてやりとりをしていたらこの時期になってしまった」と話している。


 同課は「取水管を設置した当時、許可をとらなかった理由はわからないが、許可を受けていれば問題はなかった」としている。同局は「再発防止策を報告した上で近く許可を受けたい」としている。



ふ~む・・・「いずれもこの量を超えてない」ということは、胎内第二の場合、今まで発電には最大14.99m3/s以上の取水をしていなかったということ?

でも、某筋の情報では県営発電所でもリミッター(それも建設省が支給した)を使って頭切りしていたとのことですので、取水量報告が15m3/sで頭切りになっていたら、この冷却水は最大取水量を超過して取水していたことになりませんか?

河川管理者(河川管理課)自身が身内の企業局の取水を管理するのだから甘いなあ・・・

冷却水を最大取水量の10%減ということは、1.5m3/s減らして、今後は13.5m3/sの取水にしなさいと?ふ~ん・・・


別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
今年のお客様
2010-01-07 Thu 21:04
毎日、雪片付けで筋トレしている状態です。やれやれ・・・

これだけ雪が降れば山で餌をとるのは難しくなると思うんだけど、今年は餌台のお客さんが少ない。

今のところやって来るのはこのイタチくんだけ。お顔がみえないけど・・・



イタチ091230

ちゃんと餌台に糞をお土産に置いて行くのです。縄張りを示しているらしい。
別窓 | ここの住人たち | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
難しい日本語
2010-01-05 Tue 16:01
国税庁って優秀な頭脳の人がお仕事してるんだろうな・・・

自営業者でも給料を払ってると年末調整して源泉徴収票を作らないといけない。

いつも書き方がよく分からないの・・・

今日は扶養親族の数の書き方でつまづいた。うちは老人を扶養しているです。

手引にはこう書いてあるの。



【老人】欄
老人扶養親族がいる場合には、次により記載してください。
左の欄の点線の右側には、主たる給与等の支払者が、自己が支払う給与等から控除した老人扶養親族の数を、点線の左側には、そのうち受給者または受給者の配偶者の直系尊属で同居している者の数を記載し、右の欄には、従たる給与等の支払者が、自己が支払う給与等から控除した老人扶養親族の数を記載してください。


・・・はぁ?日本語訳はないのか・・・

もう一回読んでもわからん・・・私、日本語に弱いのか・・・落ち込んだ・・・


しょうがないから、提出する○○市役所支所の税務課に行って聞いてみた。

「え~っと、こう書いてあるんだけど・・・

【老人】欄
老人扶養親族がいる場合には、次により記載してください。
左の欄の点線の右側には、主たる給与等の支払者が、自己が支払う給与等から控除した老人扶養親族の数を、点線の左側には、そのうち受給者または受給者の配偶者の直系尊属で同居している者の数を記載し、右の欄には、従たる給与等の支払者が、自己が支払う給与等から控除した老人扶養親族の数を記載してください。


分かりましたぁ?」



職員「移動があったばかりで・・・担当がいないので・・・後で聞いておきます」


・・・・救われる・・・分からないの私だけじゃないんだぁ・・・

官僚用語って分かりづらい。難しい裁判の判例文書でも何回か読めばわかるけど・・・

一般の給与支払者向けの手引書なんだから、もう少し分かりやすく書けないのかな・・・

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
今年は水問題に明ける
2010-01-04 Mon 11:07
初日の出

新しい年になって初めて見る太陽です。ず~っと雪が続いていました。ここでの初日の出?ですね。今朝の9:30・・・谷底でまだ眠っている清津川を照らし始める。

さて、お正月版の十日町新聞は水問題を特集してくれていて必見です。JR東は今年3月が新規申請期限、東電の西大滝ダムも今年の後半には更新申請書類を出さねばならないし、清津川の3発電所も(現在の許可も下りてないまま4年たつけど)続ける意思があるなら次期更新申請を出さなければならないというタイムスケジュールです。十日町市はこの1年、水問題に明け暮れするでしょう。

清津川に特化して言うと、今年の6月で東電素案での試験放流は5年になり、次の案を提案することになります。もし、協議会が東電素案のみの試験しかしないなら、協議会の意味がありませんから、即、清津川委員は席を立つでしょう。当然、水利権の更新についても認められないということになります。

水利使用規則に「信濃川河川事務所長の判断で放流量の変更ができる」という北陸地整の裁量権の一条が入るなら、私たちは夏場の流量の改善が見られないことや冬場の雪崩による閉塞の危険を このような許可をする国の責任として追及しますから、少なくとも東電素案よりは流量改善の可能性は生まれます。当然、河川管理者である県には、問題の抜本的な解決策を要求します。

今の電力事情に東電のたったの6トンくらい(冬は3~4トン)の取水がそんなに大問題なのかと思います。西大滝ダムは信濃川のほとんどの水、約180トンを取水します。こちらの方が問題ですね。たぶん東電は、20m3/s維持放流で素案を作るだろうけど、これで鮭が上れるか、環境改善になるのか、検証を条件づける必要があります。



別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
豪雪地の渓流
2010-01-03 Sun 23:49
第一測水所上流
測水所100102

測水所100103

東電の測水所のすぐ上流の国交省の観測所のところです。上は昨日、下は今日の写真。雪が降り続いていて、だんだん表面が対岸とつながっていく。ウサギぐらいの小動物は渡れるようになる。表面はつながっても、下は流れている。


№5下流での動画です。ここも瀬につながる瀞の部分。ミゾレ状の雪が流れているので表面の流速がだいたいわかる。

[高画質で再生]

kiyotuR100102

[広告] VPS

この部分も降雪が多いと対岸とつながるところ。

今夜はまだ雪が続いていて降り始めから2mくらいになる。

別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
真冬の停電
2010-01-02 Sat 20:52
停電

大みそかに続き元旦もキャンドルナイト? じゃないです。4:30に電源が切れて、その後1時間半、清津川流域の7集落が停電!

最近の暖房器具は熱源が灯油でも電源がないと使えませんから停電になると寒いです。外は吹雪だし暖房がきれるとどんどん室温が下がる。とりあえず、年寄りは部屋から出ないように言って、幸いにもうちはオール電化ではない普通のガスコンロなので、夕飯の支度はろうそくの灯で照らして作りました。まわりの旅館はお正月のお客さんがあってピンチでした。

やれやれ、とんだお正月です。波乱含みの2010年か・・・降り始めから1.7mを超えてまだやみません。


別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 水神様の使いっ走り…みずがみさまのつかいっぱしり… | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。