FC2ブログ
人に人としての尊厳があるように、川にも川としての尊厳がある。人と川がお互いを尊重する関係とは?を考えています。
年越しグッズ
2009-12-31 Thu 21:33
大みそかはしんしんと雪が降ってます。

こんな日に贈り物が届いて

贈り物

年越し用のワインとチーズ、ハムとパンですよ。わ~い!!(確か去年の大晦日のログもこんな写真だったっけ)
お屠蘇もいいけど、やっぱり気ままなワインですよね。

雪の中にろうそくを灯して新年を迎えます。

皆さん、よいお年を!
スポンサーサイト



別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
正月の支度
2009-12-30 Wed 18:02
この辺りの習慣では、31日に歳とりの御馳走を囲むことになっているので、主婦的には今日がお正月の支度とおせち製作の山場です。ものぐさ100%の私には苦行この上ないですが、ポジティブにやりましょ!

食材は・・・頂き物の かずのこ、鮭、紅白かまぼこ、お飾りの寒天、餅、ルレクチェ・・・娘の畑の作物の金時芋と黒豆、爺さんの畑の野菜、自家製の干し柿、ぜんまい、娘の拾ってきた栗・・・って、ここまでもらいものとあるものばかりですかぁ・・・

いえいえ、卵とか田づくりとかコンニャクとか買いましたよ。(安いものばかり・・(^-^;)

よそのうちではエビやらカニをおせちに入れるらしいけど、うちには甲殻類アレルギーがいますから買わないですみます。(助かるわ)

今年は伊達巻も自作しました。(買うと結構高いのです)

伊達巻

焼きムラはあるけどちゃんと伊達巻になってる!料理苦手な私にしては上出来じゃん!味もOKです。こんなに簡単に安くできるなら毎年作ればよかったな・・・


そんなこんなで、田舎御馳走ながらなんとかお正月を迎える準備ができて・・・外を見ると今日もいますよ、カモシカくん・・・



[高画質で再生]

kamoshika in show 2

[広告] VPS


正月の支度…の続きを読む
別窓 | ならではの産物 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
水五則
2009-12-29 Tue 16:35
元市議会議員さんが信濃川をよみがえらせる会の副会長を辞したとのFAXを送ってこられた。

で、水五則を我が指針とすると書いてある。

水五則
  一,自ら活動して 他を動かしむるは水なり
  一,常に己の進路を求めて止まざるは水なり
  一,障害にあい 激しくその勢力を百倍し得るは水なり
  一,自ら潔うして他の汚れを洗い 清濁併せ容るるの量あるは水なり
  一,洋々として大洋を充たし 発しては蒸気となり雲となり雨となり
    雪と変じ霰と化し 凝っては玲瓏たる鏡となり 而もその性を
    失わざるは水なり


これ、戦国時代の知将 黒田如水の作と言われてるやつですね。確か、河川ハンドブック(河川協会)にあって、官僚さんたちが教科書にするやつです。どうしてこの則が河川ハンドブックに載ってるのかは知りませんが・・・

「水のような心得で仕事をしなさい」ということかね・・・そういう国交省の官僚さん、めったにお目にかかれないです。私の知る限りお二人だけかと・・・しかも、それがために組織から遠くいらっしゃいますね。天下りされるような生き方はされてません。

・・と言うか、自分の信じるところを飄々と歩んでおられると思います。水五則には

 一、高きから低きにその器に添い、また己の信ずるままに行くは水なり

とか、付け足して六則でもいいかと・・・如水に叱られる?



別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ビジョンなき条件闘争
2009-12-28 Mon 21:33
サケが戻る川にと飛渡(とびたり)小学校の生徒が全校で市長に直訴という新聞記事があって、いいネと思った。

これ、他の小学校も取り組んでほしい。お金勘定で考える大人の言い分より説得力ある。川は漁協のものでも土改のものでもない。子供たちの意見も大事です。

まず本来の信濃川がどんな川かを検証してスタートして欲しい。信濃川のどんな環境を目指したいか、共通の絵を描いてから始めないと、先に数字やお金の話をするとボタンの掛け違いになると思う。今のやり方を見ているとどうも心配なんだ・・・
別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
雪の季節
2009-12-27 Sun 22:19
清津峡渓谷トンネル

渓谷トンネル091227

紅葉や新緑もいいけど、こういう厳しい景色も悪くない。

雪はずいぶん融けて少なくなった。


渓谷トンネル091227B

両岸に沢がある地形のところは雪崩による閉塞が起こりやすい。

何箇所か雪崩の後があるので注意箇所はだいたいわかる。ここから上流数キロは両岸がせりたってるのでこういう箇所は多い。


別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
補助ダム削減
2009-12-26 Sat 21:13
十日町の晒川貯水池も対象です。


朝日新聞 2009年12月26日

本体未着工の89ダム事業、事実上凍結 国交相が表明

 前原誠司国土交通相は25日、国と38道府県が進める143のダム事業のうち、ダム本体に着工していない89のダム事業(計90カ所)を来年度、新たな国の治水基準による検証の対象とすることを明らかにした。新基準はダムに頼らない前提で検討されており、89事業は事実上、凍結される可能性が高い。

 前原国交相は、(1)11月までにダム本体工事に着工している(2)すでにあるダムの機能を強化する事業(堤のかさ上げや新ダム建設は含まない)(3)すでにダムに頼らない治水対策を検討している――のいずれかに該当するものは検証の対象から外したと説明した。
 143のうち、7事業は今年度完成したり、すでに中止が決まったりしている。残る136事業のうち、89事業が三つの条件のいずれも満たしていないため、検証対象になるという。

 このうち、国直轄と水資源機構によるダム事業は31で、58事業は道府県が国から約半分の補助金を受けて進めている補助ダム。前原国交相は「国に検証を強制する権限はない」としつつ、「国の補助金をどうするか裁量の余地はある」と述べ、道府県が国の求める検証を拒否した場合、国の補助を減額する可能性に言及した。道府県は国の補助を受けずに事業を継続することはできる。
 143事業の総事業費は計約8兆5千億円。89事業が検証の結果、仮に中止されれば2兆5千億円前後の事業費が削減される見通し。(歌野清一郎)

     ◇
《検証対象になる国と水資源機構のダム事業》
 【北海道】新桂沢、三笠ぽんべつ、平取、サンル【秋田】鳥海、成瀬【宮城】鳴瀬川【栃木】南摩【茨城】霞ケ浦導水【群馬】八ツ場、吾妻川上流【群馬、埼玉】利根川上流【埼玉】荒川上流再開発【富山】利賀【長野】戸草【岐阜】木曽川導水、新丸山【愛知】設楽【三重】川上【福井】足羽川【滋賀】丹生、大戸川【高知】横瀬川【愛媛】山鳥坂【福岡】小石原川、筑後川水系【佐賀】城原川【大分】大分川【熊本】七滝、立野【長崎】本明川【沖縄】奥間
     ◇
《検証対象になる道府県のダム事業》 【北海道】厚幌【青森】駒込、奥戸、大和沢【岩手】簗川、津付【宮城】筒砂子、川内沢【山形】最上小国川【群馬】倉渕、増田川【千葉】大多喜【新潟】儀明川、常浪川、新保川再開発、晒川【長野】浅川、角間、黒沢、駒沢【岐阜】大島、内ケ谷、水無瀬【静岡】布沢川【三重】鳥羽河内【福井】河内川、吉野瀬川【滋賀】北川【大阪】安威川【兵庫】金出地、武庫川、与布土、西紀【和歌山】切目川【島根】波積、矢原川【岡山】大谷川【広島】野間川、庄原【山口】平瀬、大河内川、木屋川再開発【徳島】柴川【香川】椛川、五名再開発、内海再開発、長柄再開発【高知】和食、春遠【福岡】五ケ山、伊良原【長崎】石木、浦上【熊本】路木、五木【佐賀】猿川【大分】玉来【沖縄】タイ原




別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
JRの考え
2009-12-25 Fri 21:28
十日町新聞の一面から


「毎秒40~60トンを5年位は検証を」 JR東日本が初提示

JR東日本との質疑をメインとする十日町市議会の信濃川・清津川対策特別委員会が21日、市全員協議会室で開催された。同席での質問に答える形でJR東日本の中井雅彦信濃川発電所業務改善推進部長は、「現時点での考え方」と前置きした上で、試験放流的な検証期間を五年程設ける事を前提に維持流量について「年間を通して毎秒40トン以上は最低確保したい。(渇水期の)真夏とサケ遡上期は同60トン位流すべきである。この40トン、60トンというのを検証してまいりたい」と始めて具体的数値を示し注目された。試験放流期間を設けての検証は関口芳史市長も中魚沼漁協組合長で信濃川をよみがえらせる会の長谷川克一会長も言及しているが、長谷川会長は常々「毎秒100トン以上、同80トン以上も検証したい」と主張しており、大きな開きとなるだけに、今後の推移が注目される。
《本紙12月25日号1面より抜粋》




毎日新聞にも同様の記事あります。



JR東日本の信濃川不正取水:JR東日本が維持流量提示--十日町市議会で /新潟
 ◇ダムからの流量毎秒40~60トンに
 JR東日本信濃川発電所(十日町市、小千谷市)の不正取水問題で、国土交通省から水利権を取り消されたJR東は、今後、宮中取水ダムから下流へ流す維持流量について、これまでの毎秒7トンから同40~60トンにするとの考えを初めて示した。21日の十日町市議会の信濃川・清津川対策特別委員会で、JR東の中井雅彦・信濃川発電所業務改善推進部長が明らかにした。

 関係者によると、40トンの根拠について「信濃川中流域水環境改善検討協議会」が示した提言を尊重、60トンについては夏の渇水期とサケの遡上(そじょう)期に配慮したという。



数字の話になってしまって面白くない。信濃川って誰のもの?




別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
雪の中でお食事
2009-12-24 Thu 21:54
対岸にいるカモシカの動画です。霧雨が降っていて薄暗いのでよく撮れてません。


[高画質で再生]

kamoshika in snow

[広告] VPS

くびをのばしてなんとか木の枝を食べようとしますが、足もとが悪くてガサっと落ちたり・・・

カモシカも雪の中ではモソモソとしか動けません。



別窓 | ここの住人たち | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
冬の三俣流量
2009-12-23 Wed 21:39
湯沢発電所は3月18日まで1基止めて修理をするとのこと。少しは清津川に水が戻るのかな?と思いきや・・・

測水ゲージ比較

上が去年の今頃の水位が安定している時。下が今朝の水位。…変わりないじゃん!

取水はどうなってるんだろう・・・と言うわけで、


清津川三俣取水堰
三俣091223

三俣に見に行った。やっぱり・・・全く越流していなくて、堰堤はカラカラです。放流量は0.334m3/sなんだけど気のせいか以前より多いみたい。


三俣091223B

右の水色方向から入っているのが清津川発電所の直結水。左の赤方向からの水は三俣堰堤からの取水。黄色の方へ行って沈砂池に入る。そこから6.12m3/sを超える分は余水路で川に戻るんだけど・・・

三俣091223C

余水路の放水口はカラカラ。マルのところは貯まり水が凍ってるの。つまりこのところ余水がないということ。

冬の三俣流量は、最大取水量に満たないことが多くて、たいてい越流しないし、余水もない。

現在1基修理で止まってるということは、取水量は発電機の3基ぶんより下ということ。(たぶん4~5m3/s)だから下流流量が変わらない。・・・たった4トンほどの水が東電はどうしても必要なのかな・・・

雪国は冬期の流量が少ないのだから、一律基準ではじき出した0.334m3/sなんて放流量はダメです。少なくとも雪崩で閉塞するようなことは避けられる流量を川に残しておくべきです。流量の半分を取水すると発電機1基しかまともに回りません。そんな発電所が必要なのか・・・

立派な本社ビルを見上げるたびに、どうして小さな水車を回す必要があるのかといつも考えてしまう・・・


別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
吹雪になると・・・
2009-12-22 Tue 21:22
吹雪いて荒れると小鳥たちは人家に入りたがる。

昨日はスズメでした。動きが鈍くなっているので簡単に捕獲できて保護。

餌を食べ、温かくしたのですっかり元気になって、今朝、かごを覗くと

スズメ2

うわっ・・・何ですか?  エサ入れはひっくり返って、止まり木ははずれてるし・・・大暴れしたのかぁ?


スズメ

ちょっと、君、そんなに元気になったなら もういいね。今日はお天気も良くなったし、外に戻ってネ。


別窓 | ここの住人たち | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
休日 IN 関西編3
2009-12-21 Mon 12:22
京都ではお寺や神社にも行きました。その一つが

伏見稲荷B

この伏見稲荷です。もちろんここの神様は


伏見稲荷C

キツネさんですね。どうしてキツネさんが商売繁盛の神様なのかよく知らないけど、ここのキツネさん、すごいスポンサーを持ってるの。


よく、観光パンフにある鳥居が並んでる写真・・・

伏見稲荷D

まるで雪国のがんぎのように隙間がないくらいおびただしい数の鳥居が並んでる。中を歩くと暗いのです。

ひと山ぐるっと回って山頂まで行って戻るコースは鳥居のトンネルでできてる。

商売繁盛を祈って奉納されたものだから、裏側には企業名(個人名)と年月日が入ってる。一つ○○万円だから換算すると・・・気の遠くなるような金額ですね。キツネさん、すごい・・・恐るべしお狐様経済効果。

神様と言う言葉を使ってブログを書いている私は、とんでもない無礼者の無神論者ですから、神社仏閣を斜めに見てしまいますが、世の中にはほんとうに信心深い人が大勢います。


キツネだから稲荷ずしを売ってるのは理解できるけど、

伏見稲荷

このウズラの開きは何でしょう? これもキツネさんの好物かしら・・・


ウズラの焼き鳥は食べたくないけど、たまには焼肉食べてもたたりはないよね・・・というわけで


鶴橋

大阪環状線の鶴橋駅で下車、TVでよく取材されるホルモン焼きのお店で昼食。ここは昔から異国感覚味わえる町です。細い路地の商店街には小さなお店がいっぱい。棒ダラが吊るしてあるね。



鶴橋D


たいていは韓国料理の食材屋さんです。キムチも多種あります。


鶴橋B

韓国のお餅、トックを作ってる店。一口大に切って売ってる。



鶴橋C

お店の人が持っているの、分かります?

クジラの皮下脂肪の部分です。関西のおでんには欠かせない具で「おばけ」と呼ばれてます。新潟生まれの娘には分からない一品。私も久しぶりに見ましたよ。


こういう特色のある風景は面白い。観光資源は生活感のあるほど価値がある。


さて、新潟は12月にしては大雪で明日は雪掘りです。




別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
休日 IN 関西編2
2009-12-20 Sun 09:33
キリン

おやっ また動物園ですかって?  はぁ… 動物園好きな娘と一緒だとそうなっちゃうのです。 σ(^◇^;)


ゾウ



それもちょっと偏向傾向がありますから、こういうメジャーな動物はあまり見ない。

動物園の極意はマイナーなやつにあるのだそうで…



テンジクネズミ

娘はこういう小動物が好きらしい。詰め合わせ箱入りって感じで並んでる。


私は動物園は考え事をするのにいい空間かと思う。例えば…



カメ

進化の過程で「迷い」を感じさせるカメ。 首はどうしちゃったの? ヘビを見ながらカメになった?ま、「迷い」があってもいいよね。


ラマ

生きるのにくたびれて時々こんなふうになりたい…ラマは草食獣だからこんなふうにへそ天したら襲われちゃうけど、そうそう毎日緊張してはいられないよね。たまには息抜きもいるよ。


カバ

「ふ~ん、人間っていろいろ大変なことあるんだネ」と冷めた視線でこちらを見ている… そう、なかなかうまくいかないこともあるから。

[高画質で再生]

jitabata

[広告] VPS


・・・じたばたしても いつかまた前に進めるよ。 発想を変えよう。


さて、娘のお目当てはと言うと…



ヤブイヌ

このヤブイヌです。プープー言いながら動いてる。ほとんどじっとしてない生き物です。タヌキと犬の間みたい…

これ、日本の山にいてもそんなに違和感ないような地味さです。

ヤブイヌB


アルゼンチンの山にいるのですね。2匹の動きのバランスが微妙。逆立ちしてオシッコするとTVに出てた。

相変わらず、おかしなものに興味がある人ですなぁ・・・












別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
休日 IN 関西編
2009-12-19 Sat 10:54
しばらくブログをお休みしてスミマセン。

ちょっと新潟を離れて関西へ行ってました。

何をしに?って…  そのぅ…   社会見学ですよ。

例えば


疎水A

こう言うところ。 京都市上下水道局がやってる琵琶湖疎水の見学館です。この疎水は明治23年に琵琶湖の水をトンネルで引いてきて、京都の水道と発電、舟運に利用した偉業です。

これは経産省の近代化産業遺産になっていますし、農林水産省の疎水百選にもなってます。

見たかったのは…


疎水B


これこれ、縦型のペルトン水車です! 日本で初めての水力発電所(蹴上第一発電所)で使われていました。

疎水C

この発電所は明治24年に完成しているのだけど、書いてあるとおり明治45年までこのペルトンが使われてたのです。その後はもっと効率のいいフランシスに変わってる。

「この形式の水車は高落差用として現在でも黒部第4発電所などで使われています」と書いてあるネ。





JC視察D
    ↑
これは去年の秋に十日町JCが清津川視察をしたとき、湯沢発電所で東電職員が説明してくれてる写真。

同じタイプの縦型ペルトンでしょ? 東電は未だにこれ使ってます。(^-^; 歴史的遺産価値ありありです!
(老朽化して今も羽根取替え工事中ですが…)



さて、京都に戻って

疎水K

水車はベルトでこの発電機につながって電気を起こしていました。湯沢発電所でも似たようなのが4基あります。

疎水D

この博物館には興味深い展示物がある。これは当時のベンチュリーメーター。水の流れる圧力を測定して流量を出したの。水圧水位計の走りです。今はデータですが、当時は紙に記録されるようになってた。

疎水E

発電計画の文書。日本初の計画ですから歴史を感じます…




疎水M

たくさんの写真があって1枚ずつ面白い。当時の発電所内部は今とあんまり変わりない。ま、建物は復古調だけど…

右下の写真は

疎水N

送電線です。微妙に曲がってる(笑) この辺の技術は今とずいぶん違いますね。


で、発電された電力は、

疎水G


このインクラインに利用されました。

疎水F

船を台車に乗せて電気動力で引っ張り上げるのです。当時、舟運は大事な輸送手段でした。これ使うと、ぐるっと川を回るよりぐ~んと近道ですね。


疎水L


琵琶湖の取り入れ口からここまで12kmほどの疎水で、今のような丈夫なスコップすらない当時のトンネル技術ではとても大変な工事でした。

こうして導水された水は京都を網目のように走って利用される。その一つが


疎水H

この有名な南禅寺の水道閣を通ってる。今は観光名所ですね。(私は小学校の遠足以来かな・・・)

このレンガ積みや疎水の石積みは、湯沢発電所や石打発電所にも見られるアーチ部分とよく似てる。


疎水J

図面が先ほどの展示物にあります。


疎水I



そうして、哲学の道に流れる…    ゆっくりと銀閣寺まで歩いてみました。


京都では古い発電施設も上手に観光資産として使ってますね。これは発電による利益よりも広域的利用方法です。


(休日 IN 関西編 明日に続く…)





別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
雪の気配
2009-12-14 Mon 15:07
清津川№9下流

№9下流091214

清津橋から下流を見ている。今日はいつもより水が多いかな・・・

雨も降ったし、湯沢発電所の修理で放流量が増えているのか・・・


コサギ

漁協さんの養魚池の横の木に白い鳥が見えるので、近寄ってみた。コサギくん、狙ってますね。

気温が低くなって重い空の色です。雪になるかな・・・
別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
野田さんの信濃川紀行2
2009-12-13 Sun 23:04
be-pal3.jpg

今月のBEーPALは 新日本の川を旅する 信濃川編の2回目です。野田さんの文章は軽快で川への敬意に溢れてる。

川下りの神様が「沈」してる写真で来月に続く・・・信濃川ってすごい!



別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
六日町バイパスの行方
2009-12-12 Sat 13:43
今朝の報道番組で、道路予算が削減される中、県内の道路建設がどうなるかというのをやってた。軒並み建設途中の道路工事がストップになる模様。

で、例に出てたのが六日町バイパスで、井口市長が驚いたと困り顔でインタビューに答えてる。

一方、町の人の声は、バイパスの必要性を言う人と必要ないと言う人がいて微妙・・・

雪が降って渋滞するというのですが、それって雪国の常識(というか雪国でなくてもあたり前)だと思ってた。


冬はスキーをはいて仕事をすることがあるので、山の上からよく魚沼盆地を眺める。南北に魚野川が流れていて、高速道路と国道、上越線があって、まるでお盆の上に電線の束が置いてあるような景色・・・

六日町バイパスは市街を通る国道17号を途中から西側にバイパスするもの。まん中だけ1.3kmできていて両端が未完成。田んぼの中のバイパスはとっても道幅が広くてちょっとびっくりです。(ずいぶん農地が埋められて道路用地になったね~と思ってた) 土建業の盛んな土地柄ですから高速道路と国道があってその上バイパスも造っているの。これ、みんな除雪するのですからそれこそ除雪距離は長いですね。

バイパスって十日町も小千谷でも長岡でもそうだけど、市街地が空洞化しますね。全国どこでも見る大型店やキャッシングの看板がバイパス沿いに並んで、人と車の流れが変わって旧市街はさびれます。これを「街づくり」と言うのはどうかな?って思ってる。

「ああ、小千谷に来た」とか「やっぱり十日町はいい」とかその地域の空気(特色)ある家並みや雰囲気がないと、全国どこに行っても楽しくない。雪があってもいいじゃないか・・・

私は極論者だから、雪のシーズンには十日町駅の前に馬ぞりの乗り場があっていいと思ってる。わざと圧雪道を残しておいて。信濃川に船着場があってもいいじゃないか・・・利便性=豊かさ(楽しさ) とは限らない。

中途半端でストップするバイパスは考え方を変えるいい材料になりませんか?

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
熊の遊び場
2009-12-11 Fri 23:11
10月に清津川下流でしばしば熊が目撃されていた。11月の下旬になっても広報で熊の出没に注意するよう呼び掛けていた。

清津川下流C091211

へっつりと呼ばれている左岸側からみると左が清津橋でその下流で信濃川と合流。手前は田んぼでその向こうに清津川が流れている。川の向こうは柳の木が林になってる。


清津川下流A091211

もう少し上流。流れがだんだん左岸側に寄ってる。この間に灌漑取水のための段差があるんだけど・・・


清津川下流B091211


河原はこんなふうにカヤと雑木がいっぱいで進めない。


釜川091211



倉又集落の上流で左岸支流の釜川と合流。この辺りでも熊が目撃されていた。今日の釜川は水が多いね。灌漑取水が終わってるし。

今年は山の木の実がよくできて、熊の農業被害は少なかった。でも人家の近くには来ていますね。
別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
特殊事情
2009-12-10 Thu 23:31
十日町市では4月から水問題対策室を設置して、JRや東電との戦い?に当たることになる。

十日町の川は今まで信濃川も清津川も発電取水で苦しんできた。普通、発電所があれば電源3法の交付金が入ったり固定資産税が入ったりするので、自治体の財源になる。でも、十日町ではJRは自家発電で電気事業者ではないので対象外だったし、東電も発電所はなかったのでわずかな迷惑料が入るだけで、減水の代償にはなっていなかった。

つまり、水だけ取られっぱなしだったわけ。

流域にあるべき恵みは外の企業にあった。こんな問題がなければ水問題対策室なんて作る必要がないのに・・・

これは十日町市の特殊な事情ですね。

別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
湯けむり
2009-12-09 Wed 23:03
松の山

今日はOFFで、松の山温泉に・・・なんだか妙に静かですね。

松の山3

お湯の元。湯けむりが温泉場っぽいです。

松の山2

こんなふうに冬を迎える前の作業中。

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
143ダム計画の行方
2009-12-08 Tue 21:19
先月末の国交省の記者会見で、馬淵副大臣が答えている。

(問)ダム事業の話ですが、今計画されている143の内、136事業について来年度予算編成が固まるまでに何をどうするかを決めるということですが、これは基準をどの辺に置くのかという議論はされているのですか。
(答)中身についてまだ申し上げられないのですが、少なくとも来年度予算編成までにはということですから、来年度の事業の新たな決め方についてこれを定めるとしておりますので、これについては定まり次第公表させて頂くことになると思います。
中身に関しては今申し上げられない。
例えば具体的なことを申し上げれば、それぞれに照らし合わせてということになりますので、個別具体のことを今途中の段階で、検証段階でお話しする訳には参りません。

(問)その基準というのは有識者会議で決めるのではなく、あくまで政務三役で決めるのですか。
(答)私共が申し上げてきたのは、来年度の事業の進め方についての基本的な考え方を示すということですから、私共が今まで申し上げてきたことについてお答えをするということです。
今後有識者会議の皆さん方に整理をして頂きたいのは、ダムによらない治水のあり方、更にはそれらの考え方に基づいた個別の検証も含めたことを行っていくということです。
年末までに私共がご提示するのは来年度以降の新たな事業の進め方についての基本的な考え方。
そしてダムによらない治水というものを中心としてそれぞれ個別の検証も含めて、これはそれ以降にまた議論を重ねていくということになると思っています。

(問)来月までに検証するのは、来年度以降の新たな進め方ですか。
来年度ではなく来年度以降ということですか。
(答)次年度以降の事業の新たな進め方です。

(問)再来年度以降というか将来も拘束するもの。
(答)まずの整理は2010年度です。
年末までに私共が提示出来るのはそういったものです。
22年度以降のまずは事業の進め方についてどうなんだというご意見を頂いてましたから大臣が説明をされてきたのは来年度以降の新たな事業の進め方についてと、基本的な考え方をお示しする。
一方で将来的にダムによらない治水のあり方というものをしっかりと有識者会議含めて議論をしていくと。
その中には基本高水も含めた新たな洪水を調整する機能をどのような形におくのかということも当然ながら細かな議論が出てくるということになります。

(問)その関連ですが、大臣は先般ダムの中で、継続するものと見直しをするものと分けて抽出するような発言をされたのですが、それは示された時に個別の事業も示すという理解でよろしいでしょうか。
(答)現時点においては今詳細を申し上げる訳にはいかないのですが、私が今申し上げられることとしては、来年度の新たな事業の進め方についてご提示出来るというところまでしかお答え出来ません。
繰り返しになりますが、早速有識者会議がスタートいたします。
これがどれ位の頻度でどれ位の密度を高めて議論出来るかというのはまさにこれからなのですが、極めて重要性の高い会議という位置づけで密度を濃く進めて参りたいという風に大臣もお考えだという風に理解しています。


で、奈良県ではこんなことが起こってる。

奈良県議会可決のダム事業、民主陳情窓口が「門前払い」
2009年12月5日 朝日(関西)

奈良県議会が可決したダム事業について、国への陳情窓口になっている民主党県連の幹部が門前払いした。ダム事業を議会で阻止できなかった県議会第2会派の同党がリベンジを果たした形だが、事業が見直されかねない事態に県側は困惑している。
 問題のダムは、同県三郷(さんごう)町の大門(だいもん)ダム(総事業費58億円)。国と県が半分ずつ負担する形で、治水・利水の目的で18年前に事業採択され、土地買収などを進めてきた。
 今年から本体工事を実施しようと、県は10月の県議会(44人)に、建設請負契約(約21億円)を提案。第2会派の民主(9人)は「優先して取りかかる工事とは言えない」と反対したが、他の全会派の賛成で可決され、今月から本体工事が始まった。
 県は改めて国の予算確保を求めるため、来年度予算の最重点要望として「大門ダムの早期完成」を掲げ、11月24日、民主党奈良県連の「地域戦略会議」に要望した。同会議は、国への窓口を党に一本化する民主党の「陳情改革」に伴って設置された組織。しかし、会議メンバーで党県議団代表の山下力(つとむ)県議は4日の県議会代表質問で、「なぜ100年の耐久性しかないコンクリートのダムをつくるのか。結果について覚悟してほしい」と却下を宣言した。
 地方の陳情は党本部で集約する仕組みで、党本部の広報担当者は「陳情が県連レベルで却下されたら、国で予算がつくのは難しい」と明かす。
 県河川課の担当者は「国の補助がなくなれば非常に困難」。事業継続の是非を検討せざるを得ないという。



143のダム事業には十日町市の晒川調整池も含まれてて、この例からいくと、推進派が陳情に行っても門前払いもありということになるネ。
馬淵くんは実に答弁上手です。有識者会議では今までやってきた基本高水論を今後どうするのかも検討するよう 発足時に組み込まれてるのですね。この会議は注目です。

今後の治水対策の在り方に関する有識者会議
別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ナラ枯れの影響
2009-12-07 Mon 21:56
初夏に観察していたブッポウソウは もうとっくに南の国に渡っていきました。
6月のログの

     トキを見るより難しい      

に写っていた電線は


電柱

これです。真下に行ってみました。ここにオスが止まって見張りをしていましたから、この周りの木の樹洞で子育てしていたはず・・・


ナラノ木


まわりの大きい木はナラ枯れ病でみんな枯れてる。そんな中の1本に


樹洞


幹に穴が・・・これかなぁ・・・たぶん・・・

でも来年はやっぱり巣箱を作らないとダメかな・・・完全に枯れてるから雪で倒れそう・・・

周りには小さなミズナラの木があるから何十年もたてばまた樹洞ができるだろうけど、当分は巣にする穴はなさそう。

巣箱の作り方調べなきゃ・・・
別窓 | ここの住人たち | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
苗木運び
2009-12-06 Sun 15:05
gori3.jpg

あっ  ず、ずるい・・・

また私に留守番させて、川向こうへ行ったのか・・・私も行きたかったのに・・・

二宮欣二郎じゃありませんよ。桜の苗木を植えるために荷運びしてるのです。苗木は小さいけど、囲い材料がいっぱいで・・・(春シーズンの景観をやわらかくするために紅山桜を植えます)

水が少ないからジャブジャブ行けるのです。短い足の相方がこんなに簡単に渡れるのも、東電さんがこんな川にしてくださったおかげです。


gori.jpg

あっという間に向こう岸に・・・


明日から湯沢発電所は片ばね交換修理のためにまた取水が少なくなるそうで・・・古い施設はたいへんですなぁ・・・

別窓 | 水神様のたまはく | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
北陸地整への要望書
2009-12-05 Sat 22:17
11月30日の北陸地整での行政相談の時に提出した要望書を

       水神様の使いっ走り(資料編)

にUPしました。
別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
渇水流量は増えてるの?
2009-12-03 Thu 17:07
月曜日に行政相談をした中で、東電が観測した清津川の渇水流量について質問した時に、広域水管理官さんが次のように答えてる。

「近年雪が少なく冬場も雨が降って渇水流量は増えている。年間の総ボリュームは増えてないが、渇水流量は増え気味になってる。これは清津川に限らず。」

およっ!また聞いたことない新説がでてきだぞ・・・って思った。

渇水流量は年間の流量を多い順から並べて355番目の数字。つまり少ない方から11番目。東電の維持流量の計算では基準期間10年間の渇水流量を10個並べてその平均値を採用する。

今回の申請の基準期間は H4~H13で、現在H21ですからデータとして近年と言えるかどうかな… ま、仮にH4~H13が近年であったとして「雪が少なく冬場も雨が降って」は本当かしら…

水管理官が言うように渇水流量が増えているとしたら、まず気温を調べてこの基準期間の気温が30年前より高いことを立証しなければ…

それから、気温が高くても晴れが続いて雨や雪が降らなければ、やっぱり川の水は増えないので、冬の降雪降雨量をみないとダメですね。

10年間の平均ですから雪の多い年もあり、少ない年もある。10年間が比較的、上の二つが高い(多い)とこの新説は可能性としてあるかも…

「清津川に限らず」というのは他の積雪のある河川でも同じ傾向にあるという意味ですね。でもね、北陸地整が持っている他の河川のデータはどこなんだろう?

積雪の多い山間地の流量データを持ってるのは電力会社でしょ? 例えば中津川や信濃川のデータでもそうなっているとしたらそれは清津川と同じ東電が測量したのでは?

電力会社は維持流量を少なくしたいのですからできるだけ「川の水は豊富です」という数字を使いたいのです。


   
これ、ちょっと真面目に調べてみようかな… 

積雪深図

で書いたように、渇水と積雪の関係も一概には言えないのです。まして温暖化を匂わせた説明は怪しい・・・

新説となるか珍説となるか河川工学の先生にもうかがってみようかな・・・
別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
採ったタヌキの皮算用
2009-12-02 Wed 15:13
JR東が十日町市に対して過去のお詫びに30億円の基金を・・・

というこの30億円って何を根拠に?とみんな首を傾げてる。で、勝手な試算をしてみた。

仮に、JR東が自家発電でなくて、電源三法の対象になっている電力会社だったとしたら、いったい、十日町市はこれまでにいくら交付金がもらえたのだろう。

電源三法は電源開発促進税法と特別会計法と発電用施設周辺地域整備法のセットで、かいつまんで言うと
販売電力1000kwhにつき375円払いなさいという法律と、それは特別会計ですよという法律と、立地地域にそれで箱モノつくりなさいという法律。

もらえる自治体の上限額は年に4500万だから、仮に上限をベースにするとこの法が昭和49年にできて36年たってるから・・・

4500万×36年=16億2000万 …これが十日町市の分

町村合併から4年だから 36-4=32

4500万×32年=14億4000万 …これが中里村の分

合わせて約30億ですね。素人計算ながらピッタシじゃん!と思ったら、おっと!

確か前に書いたログ
    ↓

ちょっと筋違いの要望  に

国の行う事業については、流水占用料等を徴収しないこと。

本条は、国に対しても適用があるが、従来の運用を考慮して、国については、流水占用料等を徴収しないこととしたものである。


というのがあったっけ… 電源三法も国がやるものは除外になるのかな…う~んやっぱりわからん…
別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 水神様の使いっ走り…みずがみさまのつかいっぱしり… |