FC2ブログ
人に人としての尊厳があるように、川にも川としての尊厳がある。人と川がお互いを尊重する関係とは?を考えています。
ど素人農園4
2009-05-31 Sun 12:01
ラディッシュ
ラディッシュB

さすがに二十日大根です。葉っぱは10cmくらいなのにもう丸い根っこが見えてる・・・
もう少しで食べられそう・・・


ハバネロ
ハバネロ

こちらも20cmくらいの背丈しかないのに、もう花が咲いてる。これ、唐辛子の中でも辛過ぎて食べられない。というか口が痛くなったり、さわった手がひりひりしたりで危険物です。

ん?どうして超激辛のハバネロなんか植えたのかって? それは後の秘密・・・


娘のど素人農園のメインは、さつまいもと大豆(枝豆)になるはずだったそうな。
それで毎年ここで豆を作ってる大先生に作りかたを聞いて、家でポットに芽出しさせたのだけど・・・

だいずB

ほらね、ロクに出てこないの。失敗続きで、これが2回目のポット苗ですよ。どうも温度管理が難しいの。豆たちはふてくされて「腐ってやる~」って言ってる。

だけど何故か畑に直播きしたのは・・・

枝豆

すくっと100%の発芽!なんだこれ?

ま、深く考えないでおきましょう。とにかくこれで私のビールのつまみは育ちそうですよ。

スポンサーサイト
別窓 | ならではの産物 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
夜中の火事騒ぎ
2009-05-30 Sat 12:47
夜の11:30を過ぎた頃、息子は携帯をかけながら下りてきて、「ったく、どこんしょだ~ もくぞ(葎沢)が火事だって」と大急ぎで、着替えて消防の半纏をひっかけて飛び出した。

去年から、地元消防団のメンバーになったばかりのまだまだ駆け出しです。

外の空気がなんとなく煙くさい。

帰って来たのは夜も白む頃で、「朝起こして~」と2階に上がった。
鎮火してもくすぶっているので交替で見張り番をしていたらしい。田植えの終盤でまだ繁忙期だから、土曜も休みがなく、今朝は眠くて魚みたいな目をして仕事に行った。

葎沢090530

葎沢は対岸の集落ですぐ近く。燃えたのは一番上流のくずや(茅葺)にトタンをかけた大きな民家で、火の回りがよく全焼。幸い、一人で住んでたお婆さんは自力で逃げて無事だった。朝の現場検証の最中みたい。まだ煙がでてるね。

清津川流域の集落は未だに水道すらない。当然、消火栓もない。写真下の車が止まってる道のさらに下の石垣の下が河原になってる。川からポンプアップして消火するしか水源がないけど、この民家は結構高い石垣の上にあるので大変だったらしい。

消火施設がないので初期消火ができず、たいていこの流域では火事を出すと全焼になる。消防は延焼を防ぐことがやっと・・・

写真に写ってないけど、この家の左には鎮守様があって、その隣の家も何年か前に全焼した。その時は足の不自由なお婆さんを助けられず亡くなった。

魚野川沿いを歩くとどこでも消火栓がある。当然、水道も。その上、井戸水を使って消雪もでき、道にも消雪パイプが敷設してある。清津川の水を東電が勝手に分水していた芝原集落も葎沢と同じような山間地の集落だけど、水道・消火栓・消雪パイプが全て揃っていた。

その一つもない清津川流域から見れば、「どうして清津川の水を戻せないと言うのだろう・・・行政はせめて同じ県民として扱ってほしい」と思うのだ。
別窓 | 水神様のたまはく | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑
舛添くん、わかってる?
2009-05-29 Fri 14:05
改正薬事法が6月1日から施行される。薬を3種類に分類し取扱いの許可を限定することになる。

この新法は平成18年小泉内閣当時に成立していたが、通販業界などから反発が大きく、ルールづくりに手間取り、やっと今月になってめどが立ち、来月の施行になっているのだけど、私としては非常に面白くない。

自営業の我が家では、現行の薬事法で、僻地の特例販売業者の許可をもらっていた。というのも、医療施設もなく、町から遠く雪深い地区なので、観光客が体調を壊したとき困るという理由からです。

特例販売できるのは薬の中でも比較的副作用の少ない効用の低い品種(第3種)に限られていて、薬剤師がいなくても届け出を出した薬種に関しては許可されることになっている。

旅の人が困るケースは、車酔い、虫さされ、二日酔い、差し込み、転んだすり傷、軽い捻挫などで、概ねそれらにはこれらの品種で対応できる。

ところが、新法ではこの僻地の特例販売の更新を 許可を受けた者の代だけで、その後は認めないことになった。新規申請も許可しない。だから、現在許可がある店でも、許可受人が亡くなればそれまでだ。(なぜか法人格にはその後も更新を認めるのだが・・)

だけど、ビッグカメラとかコンビニ、キオスクなど大手の企業には特例として販売が認めるられてる・・・


たいてい、キオスクのある駅の周辺には医療施設も薬店もあるし、コンビニの立地は僻地でなく、人口の多いところと決まってる。

どう考えても、これは改悪だと思う。都会に住む人は大きな病院や身近なクリニックがあるうえに、ドラッグストアが乱立していて、いつでも医薬品の恩恵にあずかれるが、僻地の人は医者にもかかれず、薬も買えず苦しんでくださいっていうことか・・・

この新法の説明会があったのは、施行のわずか6日前(通知は8日前)で、保険所の職員は「実際、そんなに品目が多くないしお困りにならないでしょ?」というお役所目線で説明する・・・

最近、イライラっぽい私は、つい、「はい、お客さんが『酔い止めの薬がないか』と言われたら、『吐いてください』と言いますね。『虫に刺された』と言われたら、『20分かかってバス停まで歩いて、1日4本しかないバスを待って乗って20分先に薬店があります』と言いますね。本来、僻地の特例は具合が悪く困ってる人が『ああ、ここに薬があってよかった』と安心してもらうためにあるのではないですか?それが、私たちのおもてなしの心だと思っていました。確かに、薬を売らなければ暮らしていけないということではないから私の損失は小さいけど、本当に困るのはお客さんですよ」と、何の権限もない職員に文句言ってしまった。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
落鳥2
2009-05-28 Thu 11:06
今年は何故か落鳥の持ち込みが続く。

「ボンってすごい音がして、外を見たら落ちてた」と近所の人が持ってきたときには、まだ温かかった。

アカショウビン
アカショウビンD

脳挫傷ですか・・・残念です。

2,3日前から盛んに鳴いていて、「今年もやって来たね」と思っていたのに・・・つがいの片割が相棒を探しているのか、しばらくキョロロロ・・・と鳴いていたけど、聞こえなくなった。

計測して博物館に行く時に持って行こうか・・・

アカショウビンC

ついでに観察させてもらった。 けっこう大きさも質感もある鳥です。体重95g
腹が少し白っぽいのがメスというけど、比べてみないと雌雄の区別は難しそう・・・

アカショウビンB

くちばしはダイナミックです。6cmくらいある。根元はとても頑丈。先端はとがってる。こんな大きなくちばしと頭で、ボルネオあたりまで渡るのですから、飛翔力はあるのでしょうね。

アカショウビンA

腰のところには翡翠色の羽根が・・・この羽根は1枚ずつ見ると、根元は赤くて先が水色に光ってるのです。赤いボディーは林間で見ると、本当にきれいです。鳴き声が近づいて木漏れ日に赤い陰がみえるとドキッとする色ですよ。

今年は他のつがいに期待するしかないか・・・




別窓 | ここの住人たち | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
融雪終りの頃
2009-05-27 Wed 15:24
魚野川 坪池橋付近
坪池橋090526

雪解けも一段落、魚野川を見に行った。取水の多い時期だけど水量は多い。左上に釣り人が一人写ってるでしょ?

ここから少し下った所に西部開田の取水口がある。

西部開田取水口
西部開田090526

取水した後は魚道と手前の水路に水があって、広い堰堤はやっと濡れる程度に越流してる。一番右岸側(写真奥)はすこしまとまった流れがある。

西部開田B090526

取水された水は堤防の反対側に引き込まれて水路へ・・・今は一番取水の多い時期ですね。
でも取水に困るような状況は見られない。

さて、清津川に戻って坪池橋とほぼ流域面積が同じくらいの清津大橋から見ると・・・

清津川№9地点
№9地点090526

やっぱり水が薄いなぁ・・・川の中州の石が見え始めてる。
魚野川では身投げもできそうだけど、清津川では溺れることもできません。

それでも今年はここまで融雪出水が続いてよかったのだけど・・・


別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
地域住民への説明
2009-05-26 Tue 10:41
今朝の新潟日報から

十日町市民への謝罪求める

 十日町市の関口芳史市長は25日の定例会見で、JR東日本信濃川発電所(同市、小千谷市)の違法取水問題について、同社の清野智社長と21日に会談したことを明らかにした。会談で関口市長は、同社に市民への謝罪を要求。清野社長は6月上旬ごろ、十日町市に「JR東日本信濃川発電所業務改善事務所十日町事務所」を設置すると説明した。

 会談はJR東側の要請に関口市長が応じて実現。市長交代後、同社トップと会談するのは初めて。清野社長は関口市長に対し、違法取水について陳謝。関口市長は「市民全体に対する謝罪や不正に関する説明がまだ十分でない」とし、早急に市民に謝罪、説明をする場を設けるよう求めた。

 一方、JR東の業務改善事務所は、同市内に社員7人体制で開設する。国土交通省北陸地方整備局から指摘を受けた施設内の違法工作物の是正や再発防止策の推進などに関する業務を行う。設置期間についてJR東は「一連の改善業務が完了するまで」としている。

 JR東は4月1日に、小千谷市の信濃川発電所内に業務改善事務所を設置。十日町市民からは、減水区間の同市にも設置するべきだとの声が上がっていた。


新潟日報2009年5月25日


選挙公約が水問題だったから、市民説明会は譲れませんね。JRが再開にこぎつけるまでには時間がかかりそうです。

清津川問題も市長の公約だったから是非頑張ってほしい。東電は、目的外使用や法手続きの遺漏について、下流で取水に困っていた住民には何も説明せず、市長室や県の協議会の場を借りて早口で謝罪しただけです。未だに市民は誰も納得してない・・・

市民にちゃんと説明会して謝罪してお詫びに放流量を増やしますと言えば、訴訟起こされずに済むのに・・・
別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
パイプラインの盲点
2009-05-25 Mon 13:28
繁忙期で、毎日残業の息子の話から・・・

市内中里地区の「○○○のはら」と呼ばれる田んぼは、パイプライン化されて土地改良区が管理している。

パイプラインにすると水管理が楽でいいはずなんだけど、田植えの終わった中に、一か所水のない田んぼがある。よく見るとその田んぼより下には上からバイパスを仮設して水をかけている。

つまり、問題の田んぼの間でパイプラインが詰まって使えないので急遽そういう対策をしたらしい。

田んぼの持ち主は、掘り返し工事をすると土壌が緩んでしまうのでダメだと言ってる。だから詰まりの解消ができない。

今年はこの1枚はもう作付けできないから、「ねいら、何植えてもいいぜの。」と息子は言われたらしい。「と言われても・・・」と彼は困ってる。だって、パイプラインからすごい悪臭がしてるから・・・

実は同じような詰まり現象がおこった他の箇所で、掘り返し作業をした土建屋さんが言うには、わずか数mの間に、タヌキとアナグマとテンが十匹以上溺死して詰まっていたというのだ。その匂いは掘る前からすごかったらしい。

通常は、パイプラインの水の口にはゴミが入らないように網状の柵があるけど、何故かそれがなかったので、冬の間にケモノのねぐらになっていたらしい。春になって取水が始まり水が入ってケモノたちは逃げ場を失って溺死・・・「まるでインディージョーンズの逃げるシーンみたい」と息子は言う。

この責任は土改にあるのか、田んぼの持ち主にあるのか・・・パイプラインがいいのか悪いのか・・・開渠ならこんなことはないのに・・・



別窓 | 水神様のたまはく | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
ど素人農園3
2009-05-23 Sat 19:45
ジャガイモ キタアカリ
ジャガイモ090523

なんだかいい感じで出てきましたよ。これはうまくいくかも・・・・シメシメ・・・


ズッキーニ
ズッキーニ090523

ズッキーニは植えるとすぐにもうつぼみがついてる。つぼみには小さな実がついてるのです。でもこれ色悪くない?もっと緑にならないとネ。


にんにく090523

これ、何だと思います? へへ・・・いたずらに植えてみたニンニクです。青くてストロー状のニンニクの芽という野菜をスーパーで売ってるけど、ちょっと違うみたい・・・ふ~ん・・・

別窓 | ならではの産物 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
お手伝いしましょうか?
2009-05-22 Fri 11:27
新市長になった十日町市、市長の選挙公約は病院問題と水問題だった。若くてパワーのある市長なので、どんなアピールがでてるかとHPを見たら、簡単な挨拶があって、まだ刷新とはなってない。ま、まだ日が浅いからしょうがないかな・・・

でも、HPを作成している職員には申し訳ないけど、一応、行政の表看板だからもう少しこまめに更新した方がいいと思う。

例えば、水問題のページを見ると

     ↓

十日町市の水問題

JRの不正で水利権取消になったことが書いてない!…全国から視察に来る人があるのだから、HPはちゃんと書いておいた方がいいです。


清津川の水問題も清津峡は国定公園でなくて国立公園ですよ。昭和24年に指定された当時から。それも第一種特別指定地域です。

西澤先生は名誉教授になられたし、「清津川及び魚野川における水環境及び水利用の調査調和を目指し、」だったと思いますよ。


取水の略図も入れてほしいな。全く知らない人が見ても分かるように・・・

お忙しいのは重々理解のことですが、ちょっと不満言ってみました。

別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
おくりびと?
2009-05-21 Thu 16:18
カモシカ090520D

足?  って、カモシカの?

カモシカ090520B

うわっ! 死んでるの。 河原の石と同じ色で気が付かなかったよ。転落して流れてきたのかな・・・

水の中や林の中なら、それなりに魚や獣の餌になったりするからそのまま放っておくんだけど・・・・ここ、場所がちょうどお客さんが水遊びするところでうまくないなぁ・・・カラスが食い荒らしたり、腐ったり・・・

で、市役所に電話。「そりゃ、専門の係がいるんだよ」と。なるほど、天然記念物だからいろいろ手続きがあるんだ。

やって来たのは博物館の職員で、簡単に測量。体長80cm体高70cm、3歳くらい・・・「う~ん、焼却かな・・・」

しばらくすると違う職員が応援に来た。「おくりびと」スタッフらしい。

カモシカ090520C

手慣れたもので、袋に詰めて道に運び、

カモシカ090520A

軽トラの上の家電の空き箱に・・・ガムテープで封印して、納棺の儀滞りなく終了。

「今年は小雪なのに多いんだ」とか・・・



別窓 | ここの住人たち | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ど素人農園2
2009-05-20 Wed 11:03
種のパワーってすごいです。適当にまいて水をやればこのとおり・・・

春菊

春菊だそうです。虫が付かないからラクチンだって。あ~あ 畝の外にもはみ出してるよ。

エンドウ豆

こちらはエンドウ豆らしい。エンドウって春に食べるのかと思ってたよ。今頃芽を出していつ食べられるんだろう・・・でも芽出しの風景はポテンシャルを最大限に表現してる。

ラディッシュ

これは、二十日大根と言われるだけあって、成長がはやいネ。間引いてあげないと混み混みですよ。

ま、ここまでは誰がやってもそう変わりなくできるよね。

ふぅ~っと・・・一息、ぐるりとまわりの畑を見回すと、ジャガイモ以外誰も何も植えてないのです!それってどういうこと?娘のど素人農園だけ芽がでてるんですけど・・・・一抹の不安・・・


別窓 | ならではの産物 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
縄文と弥生の違い
2009-05-19 Tue 15:54
河川工学の先生の講演で、縄文文化と弥生文化の違いで人間が川と関わる関係が大きく違ったという説があった。縄文時代は狩猟生活だったので、人は自然の一部で、川の恵みを受けつつ被害も受忍していた。信濃川の縄文遺跡は、いかに川の恵みが豊かだったかの象徴だった。人は洪水被害の及ばないところに住居を構え、川に逆らわず共生していた。・・・これって持続可能な暮らしですね。

弥生時代は農耕が伝わり、いかに川の水を人の都合に合わせて使うか・・取水と治水が始まり、人は自然を操作する存在になった。ここから今に至るまで、人は川を改変し、支配している。…生産性は高まったけど、自然のサイクルから逸脱したね。

今日、県の資料集を調べて、ついでにいろいろ数字を追ってみた。

十日町市と南魚沼市の比較は好まないのだけど・・・

         十日町市        南魚沼市
人口      61010人       61052人    ほぼ同じです(両市とも県人口の2.5%の小さい市)
世帯数    19938世帯      18887世帯   だから1世帯当たりの人数は南魚が多いね

高齢化率   31.8%(県8位)   26%(県20位) そう、十日町は年寄りが多い。

各ブロック別の病院数や床数はほぼ同じ、在院患者数も双方とも年のべ25万人、でも何故か、外来患者数は、十日町ブロックは35万人なのに、南魚沼ブロックは46万人・・・?(年寄りはかえって病院に行きにくい?のかな) 十日町病院民営化っていうけど、今でも医者にかかりやすい環境でないのかと思うね。南魚沼には県の基幹病院ができるのでしょ?山奥の年寄りは自然の摂理に従って死ぬ方が幸せ?という政策かな・・・

          十日町市       南魚沼市
人口割り所得 2,312,000   2,630,000   南魚のほうが稼ぎがいい。(県税の納税額も)

で、農林業センサスをみると、農家数・耕地面積も南魚が多くて、当然生産もいい。

林野は十日町が多いけど、経済効果は薄い。


    
見ているうちに、中魚と南魚はどことなく縄文と弥生の関係に似ているかもしれないって思った。



別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
宮中ダムで魚を探す
2009-05-18 Mon 20:41
宮中ダム魚道
宮中ダム090518A

今日も水は多く、魚道もこの通り。魚来てないかな・・・

宮中ダム090518B

魚道側の波が大きくて、小さな魚は揉まれてしまいそう・・・これだけ放流量が多ければ、もう少し左岸側のゲートを開けた方がいいのかな・・・

と、その波の際で潜ったり出たりしてるカワウ・・・
カワウ

(ボケちゃった・・・) この先客も、「魚来てないかな・・」と探してるのですネ。
別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
魚沼の光と影
2009-05-17 Sun 15:45
コシヒカリの里

「コシヒカリの里」わが魚沼 その光と影 佐藤守正・南雲昭三・土田光男共著

南魚の議員さんたちの共著。それぞれの特色ある視点でよく書いている。土建王国南魚の中でもノイジィマイナリティー?なスタンス視点ですから、私には素直に読める。

私が知らないことが多いなぁ・・・と思いながら読んだ。特に田中角栄の功罪は今までも不思議世界だったから面白かった。日本列島改造論は、都会に住んでいた私が自然保護活動を始めたころに新聞を飾った言葉だった。美しい日本の四季がブルドーザーで改変されるというイメージが強い。

裏日本(魚沼)の厳しい暮らしから這い上がる、生活安定への選択肢だったのかも知れない。

でも、たくさんの公共事業や一定の収入が、=幸せ につながったのだろうか・・・
住む人が楽しめる・笑う暮らしが実現したのだろうか・・・
どうしても、もっと利口な方法があったと思うんだけど・・・
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
原科オピニオン
2009-05-15 Fri 09:47
13日の朝日新聞の「私の視点」に原科先生が投稿されている。ちょっと長いけど全文です。

行政裁量の文書廃棄許すな 公文書管理法案

原科幸彦 東京工大教授 日本計画行政学会会長

政府が持つ公文書の適切な管理は行政の説明責任を果たすために不可欠の要件だが、01年に情報公開法が施行されて以来、たとえば、3年の文書保管期間が過ぎたという理由で行政文書が廃棄されている。その結果、筆者の専門の計画行政では、計画実施前であるのに根拠文書が消滅するという問題が生じている。

計画行政は計画・政策を対象にする政策科学だが、その研究のためには行政の意思形成過程を示した文書は必須の基礎資料である。

政府が国会に提出した公文書管理法案は、極めて重要である。内容が少々不備でも、法律ができれば一歩前進という考えもあるが、そうだろうか。政府横断的な統一的なルールは既にあるが、これが法制化されること自体は必要だ。しかし、法的規制力を持つことになるので中身が問題だ。中途半端な法律は官僚の裁量が利いてしまい、かえって逆効果を生じかねない。

今回の法案の最大の危惧は、行政裁量による文書廃棄が法的に認められてしまうことである。公文書館に送るか、破棄するかの二者択一の判断を行政に義務付けており、国民に大きな損失を与えかねない。不要と判断された情報が、将来重要な意味を持ちうることは誰でも理解できる。だが、行政に判断を任せたのでは行政に不利な情報はなかなか残されない。保管費用の問題があるとして廃棄されがちだが、それで良いのか。

民主主義の先進諸国の考え方は違う。公文書は国民のものであるという理念の下、意思形成過程の情報なども含め管理が原則であり、単純に費用やスペースの問題だけで廃棄はしていない。まず、国民のために保管し、本当に必要がないと判断できる段階で廃棄する。ここで、行政とは離れた第三者が文書の廃棄を判断することが肝要である。

米国では、文書の重要度により第三者たる国立公文書記録管理院(NARA)が関与して廃棄か保存かを決める。使い終わった文書は、各地にあるNARAの記録庫に一時保管される。最終的な廃棄にはNARA長官の承認が必要である。一時保管とはいえ期間はかなり長く、原発の契約書なら100年間は保管される。公文書を残す制度は、フランスやドイツなどはもちろん、韓国や中国も同様に進んでいる。

行政裁量による文書廃棄を法的に認めてしまう法律なら、無い方がましである。保管を原則とする法律であれば、担当者が将来の国民のために文書を残す気持ちも生まれるが、今の法案では、従来たまたま残されていた文書も、意識的かつ合法的に廃棄される可能性が高まる。これは危険だ。行政文書は国民のものであり、だからこそ公文書と称されるのである


すごく素直な心配と重要な指摘だと思う。原発建設時の基礎資料を経産省が保管していなかった問題があった。そのまんまです。

私も東電湯沢発電所の増設時の「幻の許可証」をめぐって審査請求したとき、国交省は弁明書で「文書の保管期限が過ぎているので、なくても不適切とは言えない」と書いていた。その時、「許可書が残っていた方が今の行政にとっても良かったのに…」と思った。

確かに行政に係る文書は膨大なのです。だけど、将来にその権利や不利益が続く重要な根拠文書(許可書など)は残すべきですね。消えてしまう文書はたいてい作成時の担当が廃棄した方が都合がよい文書で、後世の担当は説明に困るのですよ。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
すごい形相
2009-05-14 Thu 16:06
Tコウモリ090513

コウモリの標識つけと測定は、相方の研究の一環で、ギャーギャー暴れるコウモリたちは手慣れた仕事で身体測定をされる。

野生鳥獣なので、狂犬病やサーズの媒介のリスクもあるので手袋は必携。コウモリの場合、室温が高いと当然活発になるので、しばらくケモノ用冷蔵庫においてから作業するとし易い。

この子もずいぶんお怒りのようですから、冷やしてからすることに・・・
別窓 | ここの住人たち | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
桔梗ヶ原頭首工この時期
2009-05-13 Wed 13:16
清津川 桔梗ヶ原頭首工
桔梗ヶ原090513

今年は小雪だったから融雪出水が少ないかと思っていたら、奥山には雪があったようで、この通り雪しろがまだ続いている。夕べの雨もあって水量はかなり多い。

一番左の桔梗ヶ原へ導水する水路のゲートがいっぱいに開けられてたっぷり取水している様子がよく分かる。今は田んぼに水をひく一番取水量の多い時期で、雪解け水はこの地の米作りに大きく貢献している。

同じ場所のほぼ一月前(4月11日)の写真は、

桔梗ヶ原090411

これ。この時も融雪が始まって水が多いな・・・と感じたけど、比べると今日はもっと多いですね。導水路もいっぱいになってる。

桔梗ヶ原090513B

下流側を見ると、いっぱいの導水路と取水後の川の様子が・・・堂々とした川です。
別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
オオルリの報告
2009-05-12 Tue 11:03
オオルリ
オオルリ090512


家の前の電線に止まって、30分もさえずってる。大音響の美声で、下に人がいても車が止まっても全く気にせず・・・

まるで「帰って来たよ~」と叫んでるようだと勝手に考えてる。

2年前に傷ついた巣立ち雛を保護した。

織姫070714

ヒタキの仲間のひな鳥は、みんなこういうトラトラ模様で、換羽しないと私には見分けがつかないのだけど、オオルリは大きさや微妙な羽根の色で分かります。この子も、外の光の下では、角度によってブルーの気配がありました。

雄雌の区別もつかなかったけど、運よく回復してくれて大空に帰した記録が
     ↓

大空を自由に

何の根拠もないけど、オオルリのさえずりを聞くと「帰って来たよって報告に来たの?」と思う。

別窓 | ここの住人たち | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
信濃川水系河川整備計画のステップ
2009-05-11 Mon 16:23
信濃川水系の河川整備計画は住民や学識者の意見を聴きながら粛々と段階を踏んでいる。

上中下流でそれぞれ学識者会議があって、その全体会が今年の2月にあった。議事録は

           ↓
信濃川水系学識者会議全体調整会議事録

これね、学識者の方々が、とっても環境や住民の声というスタンスで話していていいんだけど、私にはどうも・・・?・・・です。

まず、「中抜け」と言われている県が河川管理をする部分を国に格上げせよという意見。これは、河川整備方針の会議の時も複数の学識者が一括管理を意見してた。ごもっともです。

ただ、なぜ中抜けになっているのかを誰も言わない。信濃川の狭窄部に横断構造物をつくることがいかに危険か、治水上のリスクを誰も言わない。国に格上げになって一貫管理しても、環境では少しのサケの遡上もできるようになるかもしれないが、洪水の危険は回避できないだろう。
狭窄部はできるだけスムーズに流下させるよう考えなおしが要ると思うけど・・・

「信濃川らしさ」という言葉はきれいだけど、信濃川は氾濫をも含んだ存在だから信濃川らしいのであって、氾濫する場所を指定する作業が要るのだけど、誰も言わない。

方針段階でなく、計画段階の話なんだから、具体的に小千谷地点13500m3/sの高水をどうするのか、数字の話もあっていいと思う。例えば2500m3/sは分割して氾濫させる(遊水させる)とか、そもそも余裕高をも含めてどのくらい流下できるかとか、破堤しない強化策をとる区間はここまでとか、具体的に考えていいと思う。計画上の一番のポイントは、治水安全度(住民を含んでソフト面でも)を高めることではないの?

別窓 | 水神様のたまはく | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
ど素人農園1
2009-05-10 Sun 15:02
「芋と豆が植えたいんだけど・・・」と娘が言いだして、まったく農業経験のない私まで手伝って畑を作ることになった。今どきのアラトゥーが、恋愛に興味を示さず、畑に興味をもつとは、変わり者の血筋は争えん・・・


せっせと苗やら肥料やら買ってきて、My鍬も新調してのアグリ体験でして・・・


金時イモ
金時

こんなに芋植えてどうすんの?  ま、みんなうまく育つとは限らないし・・・


キタアカリ
キタアカリ


ジャガイモってこんな間隔でよかったっけ?普通の男爵じゃないの?
ま、キタアカリは黄色くってホクホクで美味しいよね。土寄せするのにこんな畝で大丈夫かな・・・


クリカボチャ


カボチャですか・・それも坊ちゃんクリカボチャ。

それから、辛くて食べられないハラペーニョとハバネロ、トマトもハート型?

こら~~ どうしてそんなにマイナーな品種ばっかり?普通の作物作ろうよ。

太陽と水と土の恵みで、ならではの産物ができるのかな・・・

別窓 | ならではの産物 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
魚情報募集中
2009-05-08 Fri 16:45
今朝の新潟日報です。

日報090508

魚類の目撃情報募る 十日町 清津川や流れ戻った信濃川
 市民団体 生息分布図作成へ 

十日町市の住民団体「清津川流水問題懇談会」が、JR東日本信濃川発電所の水利権取り消しで流れの戻った信濃川中流域や、支流の清津川などで、魚類の目撃情報を市民から募っている。情報を生息分布図にまとめる予定で、「市民みんなで川の変化を感じて、伝え合いたい」と環境保護を訴えている。 

信濃川中流域は同発電所宮中ダム開門により、流量が従来の毎秒7トンから毎秒400トン近くまで増加。鮭の遡上やアユの増加などが期待される。ダム上流にあり、東京電力に発電取水されている清津川でも、信濃川の流量増加による魚類への好影響が注目されている。

JR東の水利権再申請には、ダム内の大量な違法工作物の撤去などが必要なため少なくとも1年かかる。同懇談会の藤ノ木信子さんは「流量の多い本来の川はどんな川なのか、今までの川との違いを確かめていく上で大切な1年。永続的に豊かな水環境を保っていくための資料にしたい」と協力を呼び掛けている。市内の信濃川、支流の清津川や七川で、魚を見た日付や場所、種類について、来年4月末まで情報提供を募集。写真提供も求める。生息分布図にまとめるほか、写真展なども計画中だ。

連絡先は藤ノ木さん、025-763-3761 または、同市中里支所 025-763-2511
ns-chiiki@city.tokamachi.lg.jp

5月8日新潟日報


フムフム・・・いいですね。
でもうまく情報があつまるかな・・・ちょっと心配。何しろ今まで長年にわたって人と川は離れた存在だったから・・・橋の上から眺めるだけでも、結構、川って素晴らしいんだけど、日常の景色に新鮮さを求めるのは難しいですから。誰かが大物を釣ってくれれば注目度UPなんだけど・・・
別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
2年連続の赤字
2009-05-07 Thu 15:58
新聞休刊日だけど、ネットでは・・・

原発7号機あすにも運転再開

 泉田裕彦知事は7日午前、県議会全員協議会で東京電力柏崎刈羽原発7号機の運転再開に「同意する」と表明した。7号機は事実上の運転再開に当たる起動試験に入ることが確定。中越沖地震が発生した2007年7月16日以降、全号機が停止していた同原発で初めて原子炉が起動する。

 県は8日に東電の関係者を県庁に呼び、正式に運転再開に同意することを伝える。それを受け、東電は同日中にも7号機の起動試験に入る。7号機の運転再開については、既に会田洋柏崎市長、品田宏夫刈羽村長が容認を表明しており、知事の最終判断が焦点になっていた。

 知事は運転再開への同意を表明する一方、起動試験から営業運転に移行する間に、県技術委員会から安全性を確認してもらうとの条件を付けた。全員協終了後、知事は報道陣に対し、「トラブルがあれば同意は撤回する」との考えを示した。トラブルの定義は「県技術委に判断してもらう」とした。

 また、残る六基の運転再開問題については「県民の安全第一が前提。(7号機と)同じプロセスを経るかは、特に決めていない」とした。

 知事は全員協で、国や県技術委が「7号機の耐震安全性は確保されている」と評価した経緯を説明。自身が4月30日に同原発を視察した結果、「最大級の地震を想定し、対応が取られていると理解した」とした。エネルギー資源に乏しい日本の現状を踏まえ、「当面は原発と共生せざるを得ない」とも述べた。

 東電は7日、「(知事の)同意表明を真摯(しんし)に受け止め、今後も引き続き、安全を最優先にしっかりと取り組んでいく」とのコメントを発表した。

新潟日報2009年5月7日



私はあんまり信用してないから、本当ならしばらく西日本に逃げていたいところです。一月ほど稼働しても問題なければもどってきますから・・・

中越沖地震の時、新潟県は全県土で、風評被害を受けたのですよ。これは刈羽柏崎だけの話ではなくて、本当なら全県民投票で再開の是非を決めるべきと思うけど・・・

現に、街角でのシール投票では圧倒的に、再開すべきでないほうが多かった。みんな本心では、何で東京の電力のために新潟県民の安全が脅かされるんだと思ってるから。

一方、東電には東電の事情があるようで、先月末の新聞には・・・


東京電が2年連続の赤字決算

 東京電力は30日、中越沖地震で柏崎刈羽原発が停止している影響で、2009年3月期連結決算の純損益が845億円の赤字となったと発表した。同原発の復旧費などに、単独で703億円の災害特別損失を計上したことが要因で、赤字は2年連続。清水正孝社長は「09年度は3年連続の赤字回避に向け、背水の陣を敷く。500億円の経費削減を確実にする」と述べた。

 10年3月期の業績見通しについて、清水社長は「7号機は地元に運転再開のお願いをしたが、現時点で再開時期は未定。1―6号機も運転計画を示せる状況になく通期の具体的な予想は困難」と話し、売上高の予想を除き「未定」とした。

 業績予想を示す時期については、「7号機再開への地元了解が必須の条件」と述べ、7号機の運転計画がつくれる段階との見通しを示した。

 さらに、「当面の最重要課題である柏崎刈羽原発の復旧に向け、防火対策と安全管理を徹底しながら復旧作業を進めて、地域の理解と信頼を得られるようにしたい」と語った。


新潟日報2009年4月30日


という記事があった。とりあえず7号機だけでも生かしたいということで、背景には莫大な復旧費用がかかったんだ~ってことがある。

私にはどうしても県民の安全性をペラペラにして経営との両天秤にかけたような気がするんだ・・・・

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
フリンソウ?
2009-05-06 Wed 11:43
ニリンソウ
ニリンソウ090506A

すごくいっぱい咲いてるでしょ?この場所は観賞するのにいいので保護してるのです。心ない人が根こそぎ掘っていくことがあって・・・


ニリンソウ090506B

立札をたてているの。それでずいぶん増えてきたのです。


ニリンソウ090506C

一本の茎から2つの花が咲くので二輪草です。同じ株同士の交配を避けるためか、1つが先に咲いて、少し遅れて2つ目が咲く。仲良く2つずつ咲く姿も夫唱婦随の感があって趣深いですよ。

ときどき、間違えて3輪咲くことがあるのですが、私たちは笑って「フリンソウ」と呼んでます。


別窓 | ここの住人たち | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
資源の価値
2009-05-05 Tue 15:45
ラフティング090505

雪しろのこの時期ならではの遊び。これだけ水量があれば何でもできる。渓谷トンネルのお客さんも「きれいな水ですね」と感激。

清津川の価値は発電だけの価値ではないのですよ。
別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
シャワーは控え目に
2009-05-04 Mon 23:18
渓流水の自前施設を使っているうちの集落では、流動人口が増える連休にはやっぱり水不足になる。市営の温泉施設の給水ポンプの警告ブザーがなってる。

「あ~、さっき入館者100人超えたと言ってたから・・・」

小さな施設なので、受水槽もそんなに大きくない。給水ポンプ取り入れ口の少し上の水位になったら、空回りする前に警告ブザーが鳴る。

受水槽を覗くと、

受水槽

底に少し残ってるだけ。だって入って来る水が、

受水槽B


こんなに少ないから貯まらないよね。

というわけで、入湯料もらって申し訳ないけど、お客さんには「節水にご協力ください!」ということになる。文句があったら、清津川の水を戻さない東電と国交省に言ってくださいね。まともな水道がないのは、水源に乏しいこの流域の水を長年取り上げた東電と国交省のせいですからね。
別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ウドの香り
2009-05-03 Sun 23:45
山ウド
山ウド

山菜とり中級編のウドです。いちばんよく料理に使う代表的なもの。うちでは畑の隅にも植えてある。
「ウドを食べ過ぎると腰が痛くなる」とここらの年寄りは言う。だけど、ウドの食べ過ぎのせいではなく、ウドのシーズンは田植えや畑作に忙しい頃だったり、タケノコ採りをしたりするので腰が痛くなるのだと思う。

もっとも山菜らしい山菜だし、この香りは毎年楽しみな春の香りです。
別窓 | ならではの産物 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
落鳥
2009-05-02 Sat 15:56
小鳥たちが忙しいこの季節・・・アクシデントも起こるのか・・・


ヤブサメ
ヤブサメ090501

落ちている鳥の亡骸。ヤブサメは林の中で シシシシシシシ・・・と尻上がりに、虫みたいな声で鳴く。体の長さは6~7cm、くちばしの先から尻尾の先まで10cm足らずの小さい鳥。短い尾羽が特徴。


ヤマガラ
ヤマガラ090502

こちらもあえなく墜落。カラ類では一番好きなヤマガラ。この色合いも、金属質の「チッチピー ジッピー・・・」の声も、動きもかわいいのです。残念。

水鳥のように広範囲に渡る鳥ではないけど、鳥インフルエンザのこともあるので、慎重に扱って計測した。

別窓 | ここの住人たち | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
食べることに夢中
2009-05-01 Fri 21:30
カモシカ
カモシカ090501


ムシャムシャ・・・とにかく食べる食べる・・・三歩進んでは食べる。

葉っぱは広がったばかりで柔らかい。イタドリの頭のところを食べてる。
別窓 | ここの住人たち | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 水神様の使いっ走り…みずがみさまのつかいっぱしり… |