FC2ブログ
人に人としての尊厳があるように、川にも川としての尊厳がある。人と川がお互いを尊重する関係とは?を考えています。
水利用の秩序
2009-04-30 Thu 15:12
おやおやこんな記事が・・・

JR東日本:消雪用水も不正取水 プログラム設定、整備局が是正指示 

 国土交通省北陸地方整備局は28日、JR東日本に対し、上越新幹線の県内4カ所の取水基地で消雪用水を信濃川などから取る際に許可取水量を超えた値を記録しないようなプログラム設定をしていたなどとして、是正を指示した。
 同整備局とJR東によると、上越新幹線の浦佐、和南津、福島江、第2信濃川の4取水基地では、信濃川などから水を取り過ぎても、許可取水量を上回る記録が残らないように設定されたプログラム「上限リミッター」が使われていた。
JR東は「配管内の空気による圧力変動などの除去が目的だった」と説明している。
 浦佐基地では、取水ポンプ起動時に最大3立方メートルが許可取水量を上回ったが、残りの3基地では実際には許可取水量を超えていなかった。
同整備局は「一時的に許可量を超えるのはやむを得ないが、上限リミッターが設定してあったのは誠に遺憾」として、プログラムの削除を要請した。
 同整備局はこのほか、消雪用水のトイレや清掃への目的外利用、流量測定の怠りなどを指摘した。
【岡田英】4月29日朝刊


まだまだ、出てくるのですな・・・

水利用の秩序って、ほとんど管理不能なんだと思う。灌漑取水などの例では、もっと酷い例を聞く。とにかく田んぼに要るだけ取る。許可量云々でなく、稲が育つに必要ならどれだけでも取る。他の利水者が困ろうとも、魚が跳ねようとも。いったん取った取水量は実績値となって下げない。報告はノーチェックで受理されるから、適当に辻褄合わせればいい。抜き打ち検査もない。

自然の川は増えたり減ったりするから、利用量の把握は難しい。農業利水が一番是正しなければならない部分だと思う。

灌漑取水は、使ってるのが先祖代代地元民だから、「公の水」という意識ではなく、「自分たちの水」だから、よほどタイトな水事情が発生しない限り、オーバーして取水することを悪いと感じてない。

本当は発電も灌漑も水道も、取水量のチェックがあるべきですね。





スポンサーサイト
別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
草餅づくり
2009-04-29 Wed 11:11
「母さん、草餅食べたくない?」と娘が言うのです。これは = 「私、草餅が食べたいな」ということです。

よもぎ

見ると、柔らかそうなヨモギがフワフワ風に揺れてる・・・

こういう時は、母子のチームワークはよくて、無言でヨモギ摘み・・・慣れない草餅作りが始まった。

もち米一升にどのくらいヨモギが要るのかもわからない・・・ま、適当に・・・

洗って少し重層を入れたお湯で茹でて、水でさらして、細かくする。…ここまでは順調?でしたが・・・

スイッチぽんのお手軽餅つき機で蒸かし上がったもち米に投入。ぎゃ~~あ゛~~

餅に混ざらないでヨモギがコロコロ餅の上を転がる・・・マリモかぁ? え゛~~いと無理やり混ぜて・・・


じゃ~~ん!

草餅B

ふぅ~~   いつもながら美意識に欠けるできばえ。(^-^;

でも、ヨモギの香りはやっぱり春の香りですよ。色も鮮やか。

後は、のし餅にしてカットすると、

草餅A

数日は焼いて食べられるよ。
別窓 | ならではの産物 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
国会でのやりとり2
2009-04-28 Tue 14:21
参議院のビデオライブラリーで昨日の参議院決算委員会を見た。

            ↓
参議院決算委員会審議中継

JR問題をしっかり追及してくれたのは近藤正道(社民)さん。

審議時間の一番最後2:54~3:17に登場、時間いっぱいJR問題に使ってくれました。

金子大臣の答弁、いいと思います。棚ぼた発電の利益分は少なくとも地元(環境改善)に使うべきですね!甲村政府参考人も西大滝ダムまで言及してくれてます。よしよし・・・


別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
魚情報を集めろ
2009-04-27 Mon 19:59
清津川田尻の河原

田尻の河原090427


県が河道整備したところ。
すごい水量でしょ?広い河原にいっぱいに流れてる。こんな川なら魚も上る。まして、今は信濃川も滔々と流れてるから、生態系も変わって来ると思う。

そこで、市民の協力を願って、1年間、魚の情報を集めることにした。さっそくチラシ作り。でも、こういう時、版権のある写真をやたらと使えないので、自分で描くことにした。

チラシイラスト

あい変わらず下手なイラストだけど、その方が親近感あると勝手に「採用!」とした。

判ります?一番上の2尾は簡単ですね。ハイ、その通り鮭ですよ。雄と雌です。

次のは鯉かって?いいえ、これでもサクラマスのつもり。(^-^;

下のは難しいでしょ?たらこ唇の変な顔です。「ほおなが」と呼ばれているウケクチウグイです。
清津川でも昔は獲れたのですが、減水のため絶滅しました。信濃川の水の多いところにひっそりと生き延びているらしい。

こんな魚を見たら情報を寄せてもらうのですが、このイラストを参考にしたら間違いが起きそう・・・ σ(^◇^;) はは・・・

別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
こごみの季節
2009-04-26 Sun 20:20
クサソテツ
こごみ

コゴミはクサソテツの芽。あっという間に伸びてフワフワ風に揺れる葉になる。茹でて胡麻和えや中華ドレッシングで・・・春の山菜の代表格。
別窓 | ならではの産物 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
水漏れダムの再許可
2009-04-25 Sat 15:31
4月9日のログで書いた通り、東電塩原発電所の見学をお断りされた私です。 σ(^◇^;)

塩原発電所は揚水発電所で上池の八汐ダムと下池の蛇尾川ダムを使って、夜間電力で水をポンプアップし、昼のピーク電力を補うもの。で、この上池が漏水のために貯まらず、余計に取水して報告を改ざんしていたため、一昨年、水利権取り消し処分となった。

後学のために、見学してきた市役所の職員にお話を聞いてみた。

今年3月21日に再許可が下りて、下ダムの湛水が開始されているそうで・・・
維持流量は、下ダム(蛇尾川ダム)は0.24m3/s、上ダム(八汐ダム)は0.004m3/sという、いったい何を維持するんじゃ~?と言う量。水漏れダムですから・・・これでは、宮中ダムの環境回復の参考にはなりませんね。

グラウチングというボーリングの穴にコンクリートミルクを注入すると言う方法で、漏水を防ぐ工事をするとか・・・

フムフム…学習になるなあ・・・そんな方法があるんだ・・・

でも、工法を施す面積がダム湖の半分以上?もある・・・120本の穴に入れるんだそうで・・・これって、とうていうまくいくと思えないな・・・いっそ、農業用ため池みたいに底固めしたら?・・・

水利使用許可で「他の河川使用に支障がない場合に限り、必要最低限の追加貯留ができる」となったらしい!・・・・なんでしょ?これは?(*゜□゜*)・・・
黙って追加貯留して水利権取り消しになったのに、今度は公に追加貯留を認めてもらったのですか・・・取り消しになってかえってよかったですね、東電さん。これで、漏れ漏れでも平気です。工事費用も、総括原価方式?だっけ、電気料金に上乗せできるのかな・・・(うちは東北電力だからいいけど、東京に住んでる人はよく黙ってるね)

そもそも、ダムをつくるときには入念な地質調査、ボーリングが行われたはずで、こんなザクザクのところに池をつくることは難しいとわかっていたのではないですか?どうやって認可されたんだろう。さすが、豆腐の上に原発を立てたと言われる東電ならではの仕事です。

見学できなかったから、外野席からレポしました。





別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
技術は海外で継承
2009-04-24 Fri 11:42
東電のTEPCOニュースから

3月の販売電力量7.1%減、2008年度は2.8%減と2年ぶりに前年割れ

【3月】
 東京電力の3月の販売電力量は、産業用の大口電力が大幅なマイナスの伸びとなっ
たことなどから、前年同月比7.1%減の227.6億kWhと7ヶ月連続で前年実績を下回り
ました。

 大口電力は、機械が8ヶ月連続でマイナスの伸びとなったことに加え、「化学(5
ヶ月連続)」、「鉄鋼(5ヶ月連続)」など主要業種すべてがマイナスの伸びとなっ
たことから、前年同月比20.3%減と5ヶ月連続でマイナスの伸びとなりました。

【2008年度】
 2008年度の販売電力量は、冬季の気温が前年に比べて高めに推移した影響などによ
り暖房需要が減少したことに加え、景気悪化に伴う生産の大幅かつ急速な減少により
大口電力がマイナスの伸びとなったことなどから、前年比2.8%減の2,889.6億kWhと
2年ぶりに前年実績を下回りました。

_____________________

産業用大口電力が大幅マイナスということ・・・・自動車産業はエコカーと軽のみ上向きらしいけど他の産業は未だ低迷ですからすぐには回復すると思えない。

先日に朝日の記事に「電力、海外に活路」という見出しがあって、国内需要が先細りになり、発電の技術継承も心配されているため、海外に進出すると言うのがあった。 東電は850億円 347万KWを オーストラリア、フィリピンに・・・・「ティームエナジー」という丸紅と共同出資会社がずいぶん前に話題になってた。

日本はエコ家電や太陽光が身近になって、遅れながらも方向が変わって来てる。国内の買電量が伸びる要因はほとんどないですね。新しい発電所を建設するのは難しいです。




                                   
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
有難いけど・・・
2009-04-23 Thu 13:07
この時期は、必然、青い草ばかり食べてる。初級編フキノトウに始まった山菜は、コゴミ、クレソン、キノメ(アケビの芽)、ウルイ、モミジガサと続いて、現在中級編のタラの芽がさかり・・・

同じ集落の人が「おらどこの畔のアサツキ、いっくらでもこいでくれ」と言うので、取りに行ったら・・・・



アサツキ
アサツキ


ひょえ~~芝生のごとく、アサツキが群生してるの・・・これはさすがに青い草好きでも食べきれませんよ。
いま食べると柔らかくていいんだけど・・・
別窓 | ならではの産物 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
二つ目の棚ぼた発電
2009-04-22 Wed 13:56
清津川第一測水所
測水所090422

今シーズンでも一番の出水…二居ダムの放流量が増えてるようだ。

測水所090422B

そんな中で作業してるのは、東電の下請けでなくて、M測量さんですね。

さて、信濃川ではJR東が2つ目の棚ぼた発電・・・
      ↓
東日本旅客鉄道発電水利使用不適切関連について

千手発電所の余水路は細すぎて使い物にならず、さらに小千谷発電所の余水路は振動と騒音で使えないから水車を経由して灌漑用水を確保する。これって、施設の欠陥でしょ?今の基準ならこれでは許可になりません。山本山地区の住民は、余水路に通水することは、受忍の範囲を超えてると、JR東に不信感を募らせてる。


水車が回ると当然電気は起きるのです。9月10日までの灌漑取水期間に10億円くらい発電収益があるそうで・・・上越線に使えばいいという問題ではないと思うけど・・・不正で権利を取り消されたはずなのに・・・こんなことしてたら、ますます住民理解は遠くなります。

ど~すんの?JRさん・・・
別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
国会でのやりとり1
2009-04-21 Tue 23:56
4月20日の衆院決算分科会で、JR不正取水関連の質問をされた議員の議事録を読ませていただいた。

ユーモアある質問で、クスクス笑いながら読んだけど、JRのことより興味深かったのは、東電の西大滝ダムについてだった。長野県選出の議員さんで、信濃川の狭窄部にダムを造ったことを指摘されてる。

土砂がたまって上流が危ないと。昔からここに住んでる人はそれを指摘して、反対した歴史があるのです。

「自然の状態に、土砂が流れるようにして欲しい。更新時に大胆に行って頂きたい」・・・・これ、実は国交省も悩んでいるところです。西大滝の閉塞は治水安全上、やっかいなところですから・・・
別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
モデル発信してほしい
2009-04-20 Mon 12:12
清津川 清津の古道付近
清津の古道090420

見事な流れです。国立公園です!と胸を張れる清津川の春景。融雪期が終わると悲しい姿になるのだけど・・・


さてと・・・JR東が水利権を再取得するとしたら、どういう手続きを経るのか?を勝手に考えてる。

今まで、東電湯沢発電所の水利権更新について、北陸地整にいろいろ質問してきた。例えば・・・

「流域面積が5分の1しかない小さな清津川から、大きな魚野川に流域変更する発電が、もし新規に申請されたとしたら、許可できるのか?」

「下流の水利や環境に大きな影響のある流域変更を伴う発電は許可できるのか?」

「本流支流のみならず、小さな渓流まで取水する申請を許可できるのか?」

「構築物が法基準を満たしてないものを許可できるのか?」

「国立公園特別地域の河川の水位変動を及ぼす上流施設を環境省認可なく
許可できるのか?」

・・・これ、みんな答えは同様で、国交省は
「今ならできないが、昔造ったものだから・・・」とそのまま権利を更新するのです。


つまり、新規申請ならできないけど、期間更新だからできると・・・ずっとそう言われ続けてきた。
僅かな維持流量を放流すれば、現在の法に違うことも可なのです。このやり方でいけば、未来永劫、「昔造ったもの」は生き残る。

私的には、問題の多い施設については、100年経過したら十分償却して余りあるから、一旦権利消失として、新しい基準に合わせていいと思う。・・水利権100年定年制!環境意識もエネルギー事情も価値観も変わりますから。

さて、今回権利取り消しとなったJR東の信濃川発電所が、再度水利権の申請をすると、これは期間更新ではないのです。既に施設はあるけど、権利はないところから 新たにとるのだから・・・

ここで、許可権者が「昔造ったものだから・・・」と言って今の基準に合わせる作業を 怠れば、これは行政の不作為と思いませんか?これじゃ、治水、利水に環境を加えた河川法改正の意味がない。

設備によっては大幅な改修をしないと、今の法に整合しないものもあるかもしれない。費用もかかるだろう。でも、ここから先の100年を見ての投資として申請する者は準備する必要がある。魚道はもっと容易に上れるものに・・・稚魚の迷入を根本的に防ぐ施設も・・・発電所がない時の河川環境を維持できる十分な流量も・・・より自然に近い流況の放流方法も・・・容量の足りない余水路改築や振動や騒音を防ぐことも・・・発電効率のよい新機種や余剰の利用(丸紅がミニ水力発電展開の記事が今朝の朝日にありますね)も・・・



「法に無いことはやらない」というのが官僚さんたちのサガで、申請が来たら、今までの許可条件を踏襲してお仕事粛々とやるかもしれない。だから前例のなかった権利取り消し後の再取得については、マニュアルを準備する必要もある。これは、期間更新ではないのだから、今までと同じ仕事では済みません。

この中では、既に施設はあってもできる限り今の法に整合するよう改善させる工夫が要りますね。環境についても・・・

今回、JRの再取得があるとすれば、ある意味、それは全国モデルになるのですよ。「昔造ったものは、リニューアルして次の世代に合わせましょう!」という北陸地整が発信するモデル・・・・


別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
百花繚乱
2009-04-20 Mon 10:29
ソメイヨシノ
道祖神の桜

うちの集落の桜前線は、弘前城と連動していて、毎年青森で見ごろの時期にやっと満開。遅いです。(^-^;
これは、息子たちが小学校に入学した記念に植えたソメイヨシノ。大きくなったでしょ?


オオヤマザクラ
オオヤマザクラ


こちらは去年植えたオオヤマザクラ。花の趣が違いますネ。大きな苗木だったのでもう咲いてるのもあるのです。


イワウチワ
イワウチワ

桜みたいな優しい色のイワウチワ。今、山の林下に一面に咲いてます。葉っぱも艶々してきれいです。

キクザキイチゲ
キクザキイチゲ

一番お気に入りなのは、たおやかで可憐なイチゲです。

ニリンソウ
ニリンソウ

群生しているニリンソウ。まだ咲き始めです。2輪草といってもまず1輪咲いてつぼみが一緒にでてくるのです。風に揺れてかわいい。

まだまだ、スミレも、イカリソウもユキツバキもコブシも百花繚乱・・・あ~~~この時期は外で遊んでいたい~~
別窓 | ここの住人たち | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
川と人の歴史
2009-04-19 Sun 12:09
増補 洪水と治水の河川史 

書籍B

大熊孝著 学者らしい膨大で丁寧な資料と知見が満載の著書。河川工学者の本だから、当然、科学書なんだけど、歴史書です。(時間の流れの中の工学)

著者自らが「国語の試験の文書問題に使われる」と笑って言われるように、文学書のような文章で綴られてる。

読み終わると、自然と共生するというメインテーマ故か、「人は自然の一部でありつづける」哲学的啓示を受けたような気になる。

だから、科学と歴史と文学と哲学の本を一緒に読んだような感じ・・・
著者の人格なんだろうなぁ・・・
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
黄色のじゅうたん
2009-04-18 Sat 22:29
清津の古道 ポケットパーク

スイセン090418

3年かけて10000株を植えたスイセン。人数が少ない地域だから、結構大変でした。
まだ咲き始めですが、一面の黄色が鮮やかです。雪消えに差があったので、つぼみが青いところもある。あと2~3日で満開になるかな・・・
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
春色の魚
2009-04-17 Fri 15:25
清津川第一測水所付近

第一測水所090416

これ、昨日の画像です。また流量観測で浮子をなげてる。せっせとお仕事に来ますね、この時期は・・・

すごく水が多いです。雨と融雪でダム放流しているからです。こうなって来ると、とたんに釣果がよくなって、相棒はコソコソと釣りに出かける。

イワナ090416

どれもいい型の岩魚たち・・・春っぽい色の魚体です。

別窓 | ここの住人たち | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
春を運んでくる
2009-04-16 Thu 15:49
ヒオドシチョウ

ヒオドシチョウ

今シーズン最初に出会った蝶は、このヒオドシチョウです。羽先がずいぶんスレてるけど、すごくエネルギッシュにくるくると飛んでる。越冬から覚めて、日を浴びていきいきしてる感じ。

春、タテハの仲間に出会うと蝶嫌いな私でもウキウキしてくるから不思議。
別窓 | ここの住人たち | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
やっと雨・・・
2009-04-15 Wed 15:06
清津川第一測水所付近

測水所090415


4月初めからほとんど晴れ続きで、林野火災が多発していた。昨日の夕方から久しぶりに雨になり、この増水です。二居ダムで調節してるね。降雨は35mmくらい。

測水所090415B

増水時のデータはこういうときでないと取れないので、東電の下請けが流量調査している。
川上の人が浮子を投げると同時にストップウォッチをスタート。

測水所090415C

数十メーター川下の人が自分の前を浮子が通過した瞬間に手を振って合図、時間を測るのです。
右岸側や真中や左岸側の流れを図るため、浮子は遠くに投げたり近くに投げたりする。流速といっても結構大雑把ですね。岸に引っ掛かりそうになったり、渦にのまれたり・・・それに、両者の間隔も今日は短いみたい・・・水が多いからいつもと同じ位置には立てないのかな・・・でもまあ、この程度の増水はまだまだ規模が小さいです。

今年は出水がなくて、イワナの釣果が悪かったから、ちょっと改善かな・・・
別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
信州サーモンと美雪マス
2009-04-14 Tue 13:55
昨年12月に長野県の某温泉旅館で食べた刺身のお品書きに「信州サーモン茸巻き」というのがあって、「発電取水で長野県まで鮭は帰れないのに、この料理は何?」とブログで書いたことがあった。

私の無知なるが故で、この信州サーモンというのは、作り出された新種の魚だということを昨日知ったよ。

信州サーモン

ほらね、こんなパンフ作ってせっせと宣伝してる。

ニジマスのメスとブラウントラウト(外来種)のオスの交配で、長野県の水産試験場が作ったらしい。

陸封魚の両親から作ったから、「信州トラウト」って言ってくれればイメージできたのに・・・

こういう、新作の魚は最近特産品として売り出されていて、新潟県では南魚沼市が豊富な地下水を利用して「美雪マス」というのを作ってる。

これはニジマスとアメマス(降海型イワナ)の交配種でこちらも大型になるよう育てる。

やっぱ、お刺身で食べたいですから・・・見た目もきれいなオレンジ色です。

人間の食の追求はすさまじいです。
本当は本来の川の魚が獲れることが望ましいんだろうけど・・・
別窓 | ならではの産物 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
休日の過ごし方2
2009-04-13 Mon 19:44
毎年、あれよあれよと言う間に桜の見ごろが終わってしまう。

今年は乗り遅れないように、娘とお出かけした。
北信濃の春は今が盛り・・・


小布施090413

こんなところに寄り道。しばらく来ないうちにずいぶん様変わりした町・・・・それから・・・


須坂090413

たっぷり桜。

須坂090413B

この池にいる生き物は妙に人慣れして、「餌!!」とねだる。このアイガモのあしもとには、お菓子をくれる人をめがけて、1mもある鯉が何十匹もウヨウヨしてるの・・・だから波立ってる。


須坂090413C

このだらしなく寝てるのが、TVで有名になったサンドバックでトレーニングをしてるマッチョなカンガルーのはずなんだけど・・・



飯山090413

帰りには飯山城址の桜も見て、桜でお腹いっぱい。当分、花見は結構です。桜の向こうには千曲川がゆるりと流れている。高田城の桜は人ごみですが、ここはとても静か・・・城跡の古木が楽しめます。
別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
伸びやかに咲く2
2009-04-12 Sun 13:04
水芭蕉
水芭蕉090411

こちらも咲き始めました。清純なイメージですね。
これは、村内の休耕田を利用して増やしているのです。親株はうちので、種で増やしました。

水芭蕉090411B

ずいぶん増えたので、見世物にしてもいいくらい・・・棚田3枚くらいになりました。山奥の休耕田だから、トレッキングのコースにいいかな・・・
別窓 | ここの住人たち | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
桔梗ヶ原春景
2009-04-11 Sat 18:50
清津川桔梗ヶ原頭首工

桔梗ヶ原090411

融雪のため増水している。きれいな色です。いきいきした表情の清津川です。

桔梗ヶ原090411B

下流側を見ても、このとおり。 いい川です!

午後からはさらにダム放流が加わって、濁り増水状態・・・
別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
謎の設置物
2009-04-10 Fri 20:18
うちから徒歩10分ほどのところに、こんな装置が・・・

地震観測A

そう言えば、津南雪まつりの頃にここでせっせと雪を掘っていた人がいたっけ・・・その時設置したんだ。雪が解けて全部見えるようになった。

棒のてっぺんに、空っぽのペットボトルが・・・何だろう・・・

ぐるっと回ってみた。

地震観測B

地震観測してどこかにデータを送ってるんだろうか・・・
この辺りは地震計がなくて石打断層がずれても観測のしようがないスポットなのです。板で作った三角屋根の中には軽トラの荷台に積むような道具入れが・・・

地震観測C

いかにもっていう名前がついてる。ふ~ん・・・こういうのって電源なくてもいいのか・・・
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
見学を断られちゃった・・・
2009-04-09 Thu 18:42
不正を咎めて、河川法第75条を適用して水利権を取り消された例は、全国で2例だけ。1例目は東電の塩原発電所、2例目がJR東日本信濃川発電所。

双方とも復権を目指すことになるが、これには流域の理解が必要になる。

新潟日報から

JR違法取水で対策協議会結成

 JR東日本信濃川発電所(十日町市、小千谷市)の違法取水問題で、十日町市や市民団体「信濃川をよみがえらせる会」など市内10団体は7日、「JR東日本発電取水総合対策市民協議会」を結成した。

 不正発覚後から、市に対し、同問題に特化した協議会結成を求める市民の声が寄せられたため、結成した。今後、同社が求めてくるとみられる水利権の再申請など諸問題について、情報の共有化や意見を一本化して対応に当たる。

 協議会は10団体の長らで構成。会長は田口直人市長、副会長は小堺清司・市議会議長と丸山秀二・十日町商工会議所会頭。

 7日、市役所で開かれた同協議会の初回会合で、田口市長は「JRの動きに対し、どのように対処するか気持ちを一つにして向かっていくべきだ。信濃川の100年の大計にあった水の在り方を考えていこう」と呼び掛けた。

 また、同協議会は、JR東日本が1日付で小千谷市の同発電所内に、地域連携などを深める「信濃川発電所業務改善事務所」を設置したのを受け、減水区間の十日町市にも同様の事務所を設置するなど、事務所体制の改善を同社に申し入れることを決めた。 4月7日新潟日報



十日町市ではこういう市民会議を作って、JRに対応することになったのです。一枚岩になれるかどうかですが、なんとか大同団結、未来の子供たちの歓声が聞こえる川になることを期待しましょう。


さて、私の関心事は、水利権を再申請するときの環境への取り組みです。全く新規に発電所をつくるときの法手続きには、中央環境審議会も経て事業が環境にどう影響するかを調査し、計画上で対策を講じることになる。でも、今回のように既に施設はできていて、水利権だけを申請するときはどのようになるのか・・・ということ。昔造ったものでも、今の環境意識にそぐわないものを許可することは、治水・利水・環境を三本柱にした河川法の概念からも無理だからだ。これは権利の更新ではないから・・・

そこで、先に水利権が取り消された東電の塩原発電所ではどういう取り組みをしているのかを見学に行こう!と市役所と協働計画していた。もちろん、揚水発電の八汐ダム・蛇尾川ダムと流れ込み式の宮中ダムの維持流量は単純に比較できないだろうけど、参考になるかな?・・・と。

見学の申し込みをしたら、東電の返答は驚くべきことに、市の職員はいいけど、名指しで「みなづきさんはご勘弁願いたい」というのだ。おやおや、いつもながらアンフェアですこと。「地域の皆様」と一緒の東電はどこへやら・・・ほとんど私はクレーマー扱いですよ。(^-^;

・・・私は、今まで東電に対して自分がフェアだったことを後悔している。もし、湯沢発電所の更新許可がおりてから、発電取水の目的外使用の事実を言ったら、たぶん、東電は今のJRのように権利を取り消されていたかもしれない。河川法75条では「詐欺その他不正な手段により、この法律又はこの法律に基づく政令もしくは都道府県の条例の規定による許可または承認を受けたもの」に取り消しを命ずることができることになってる。東電の分水と隠ぺいはこれに抵触する可能性がある。許可した国も許可行政の責任を追及されるだろう。

でも、私はちゃんとフェアに許可になる前に発電取水の目的外使用を指摘した。それで申請書の出し直しで済んでる。だから、感謝されてしかるべき?なんだけど、とことん嫌われてるみたいです。・・・この頃、本心では、「教えてあげるんじゃなかった」と作戦間違いを悔やんでる。今度は許可が下りてから異議申し立てしよう。

私がフェアに対応しても、東電はこの通りアンフェアなのは変わりないのだし・・・



本来、発電と環境のバランスは下流と事業者が話し合うことで解決できると思っている。方法はいくらでもある。だけど、互いの理解を深める努力を拒むようでは、一歩も前に進めない。
別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
伸びやかに咲く
2009-04-09 Thu 12:41
カタクリ
カタクリ090408B

暖かい日差しに、柔らかな色の容姿。

カタクリ090408C

花の中心はギザギザ模様ですよ。

カタクリ090408A

この辺り一面に咲いてる。

やっぱ、和風シクラメンの雰囲気です。
別窓 | ここの住人たち | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
電車は止まらない
2009-04-08 Wed 08:36
新潟日報から

JR東が夏の電力需要に対応

 JR東日本は7日、信濃川発電所の操業停止で懸念されていた電力確保策について、当面は夏の電力需要ピーク時も東京電力からの供給で対応が可能になったとする見通しを発表した。

 同社によると、同発電所は放水期や渇水期に応じて、山手線など首都圏の電車運行に必要な電力の3―1割を賄っていた。残りは川崎市の火力発電所と東電からの購入電力を充当。ピークは8月の朝1時間で最大47万キロワットに達する。

 川崎発電所は3基あり、フル稼働すると42万キロワットに及ぶが、そのうち2基までが点検やトラブルで停止した場合でも、東電からの供給に切り替えて対応できるように技術的なめどは付いたという。

 ただ、ピーク時に送電方法の切り替えを行ったことはなく、JR東日本では「技術的に可能でもリスクがある。安定した運用を行いたいが、現時点で信濃川発電所の再開をうんぬんできる状況ではない」と説明している。


新潟日報2009年4月7日


東電さん、売電できるねぇ。今夏の供給計画には刈羽柏崎原発を見込まないでも供給可とあったから、新潟の電源をあてにせずとも、東京では世の中ストップしないということ。

これで、JRが赤字にならなければ、信濃川発電所って何だったの?ということになるね。
別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
春は火災シーズン
2009-04-07 Tue 17:02
清津川第一測水所
第一測水所090407

今朝はけっこう水量があるな・・・と思ってたら、今日は大勢で水量観測してる、東電の下請け会社+α・・・

空気が乾燥していて、十日町管内の火災(林野・家屋)が今朝から4件・・・消防の忙しい日です。


別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
盗水の割合
2009-04-06 Mon 18:41
JR東の宮中ダムでの不正取水は、7年間で3億1千万m3/sの盗水と報道されている。
知人は、「秒換算すると1.4m3/sだから大騒ぎする量でない」という。

確かに317m3/sの取水許可で1.4m3/sの超過は、0.44%で誤差範囲かもしれない。
大河信濃川にとって、1.4m3/sは、それほど大きく影響しないだろう。

清津川では、東電湯沢発電所が以前、超過取水をしていたことを東電自身認めている。当時の取水量報告は、水利使用規則に反して、発電量からの逆算値で、取水量を求めると言う勝手な方法でされていた。この算出からは許可取水量6.12m3/sに対し、8m3/s近い取水をしていたことが分かる。30%増だ。

「8m3/s近い取水をしている」と国交省に言ったら、「あの導水路では、流れてもせいぜい7m3/sくらいだろう」と呑気に言うのだ。

仮に、7m3/sだとしても、14%の超過だよ。小さい清津川にとっては、大きな影響が ある。
それに、東電の放流素案では、冬の放流量はたったの0.33m3/sですよ。
それより多い超過取水をずっと見逃してきたなんて・・・

別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ツ~ンとくる・・・
2009-04-05 Sun 17:06
わさび
わさびA

せっせとわさびを洗ってる。今夜のおかずですから・・・ほら、もうつぼみがついてるでしょ?花が咲くと辛味が薄れるって言われてる。早く食べなきゃ・・・

葉っぱと茎はツ~ンと辛いわさび茶漬けに・・・


え?肝心の根っこは?って・・・・ハイハイ、ありますよ。

わさびB

これも薄くスライスして葉っぱと一緒に調理します。もちろん、お刺身のわさびにしてもOK。

春の野草の香りは、体をリセットしてくれるネ。


別窓 | ならではの産物 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
たまには映画も
2009-04-04 Sat 23:37
オスカー

田舎だから映画の配給も遅くって、やっとオスカー受賞作品が見られる。
世間ではもう忘れられてるけど・・・(^-^;

こじんまりした邦画ならではの作品。死生観はタブーとされてたけど、世界共通でもあるから根っこのところで理解しやすいのかもしれない。

今の日本人は自然のサイクルから外れているから、生と死が希薄なんだね。
食することは相手の死を意味している。この映画、やたらと食べるシーンが多い。

本木くんより山崎努の存在感がスゴイ・・・
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
小雪の影響
2009-04-03 Fri 13:52
今朝の新潟日報から

今冬の県内少雪傾向くっきり

 今冬(昨年12月―今年3月)の上越市高田地区の累積降雪量は182センチで、旧高田測候所が観測を始めた1922年以来、2番目の少雪だったことが2日までに分かった。長岡市も81年の観測開始以来、4番目に少ない291センチと平年値の662センチに比べ、半分にも満たない少なさ。県内の暖冬少雪が裏付けられた形だ。

 上越市の旧高田測候所にある特別地域気象観測所の速報値によると、今冬の同市の累積降雪量は、88年度の111センチに次ぐ少雪。2007年度の352センチの半分程度で、記録的な暖冬少雪といわれた06年度の203センチをも下回っている。

 1日に10センチ以上の降雪があった日も、07年度の12日を大きく下回る6日にとどまった。

 長岡市も前シーズンと比べて91センチ減少した。1988年度(89センチ)、2006年度(104センチ)、1992年度(270センチ)に続く少雪。

 豪雪地の湯沢町(平年値1153センチ)は789センチで、2年ぶりに1000センチを割り、83年の観測開始以来、4番目の少なさだった。

 下越でも新潟市の累積降雪量は105センチで、平年値255センチの約4割。佐渡市(相川)は同時期の累積降雪量が17センチと、平年値159センチの約1割だった。

 新潟地方気象台によると、北陸地方は今冬、例年に比べ高気圧に覆われ晴れた日が多かった上、寒気の影響が弱く、高温少雪となった。

新潟日報2009年4月3日


清津川上流でも雪は少なかったから、

清津川放流調査№5地点

№5地点090403

いつもの年なら、3月終わりから4月は融雪期で、ごうごうと雪解け水が流れてる頃なのに、嘘みたいな川になってる。

№5下流

№5下流090403

何だか夏の頃の川を見ているような気分になる。 う~ん・・・田んぼに水をひく時期の桔梗ヶ原下流はどうなるのかな・・・雨に期待するしかないか。




別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 水神様の使いっ走り…みずがみさまのつかいっぱしり… | NEXT