FC2ブログ
人に人としての尊厳があるように、川にも川としての尊厳がある。人と川がお互いを尊重する関係とは?を考えています。
雪の色
2008-02-27 Wed 15:16
一面真っ白な世界・・・
吹雪080227

もうすぐ3月というのに、猛吹雪。

「雪が白くない。」というと、雪国の人にしか通用しないオカシナ表現だが、毎日見てる雪に、色がある。春が近く、黄砂が降ったのだろうか・・・夕べからの雪は白くない。
本当にきれいな雪と感じる時は、雪の切り口が青い色をしている時。北極の氷河のように、薄い青緑の色をしている。空の高い所から降りてきたような色。

人間でも、雪の違いが分かるのだから、動物たちはもっと敏感に感じているんだろうな・・・このところの動物たちの様子はというと、

カモシカ・・・雪の中を移動中。
カモシカ080227

雪が深くなって足が見えないくらい埋まっても、モソモソ斜面を歩いて、木の皮や枝先の芽を食べている。

キテン・・・雪の中を移動中。
テン080205

テンの写真はどうしてもボケボケ。遠いところにいるので、デジカメのズームではこんな写真になってしまう。これじゃ何だかわからない・・・雪の中でもカモシカより動きも早い。木の根まわりの雪のへこみ(穴)をめぐって、木から木へ縫って餌を探す。

吹雪の中でもたくましく伸びやかに生きている。
スポンサーサイト



別窓 | ここの住人たち | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 水神様の使いっ走り…みずがみさまのつかいっぱしり… |