FC2ブログ
人に人としての尊厳があるように、川にも川としての尊厳がある。人と川がお互いを尊重する関係とは?を考えています。
減少
2015-05-07 Thu 21:12
総務省統計局の資料より

人口

ひと月ごとの統計で各年の10月が下の目盛。

原発事故を境に、4年間で日本の人口は約100万人減り・・・この後も急速に減る予測。

「原発事故と戦争が国を滅ぼす」と誰かが言ってたけど・・・
昔は「国破れて山河あり」だったけど 今は 「原発破れて山河も人もなし」だ。

新潟県の人口も230万人を切った。
スポンサーサイト



別窓 | 原発人災・震災 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
最近、納得できたこと
2015-04-20 Mon 16:14
4月14日毎日新聞より

高浜原発再稼働を差し止め 福井地裁が仮処分決定

 関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町、定期検査中)の再稼働をめぐり、福井地裁の樋口英明裁判長は14日、住民らの訴えを認め、運転を禁じる仮処分決定を出した。原発再稼働の可否を決める新規制基準は「緩やかにすぎ、合理性を欠く」と指摘し、新基準を満たしても安全性は確保されないと判断。政府の原発政策に根本から見直しを迫る内容となった。(後略)


これ、大きなニュースになっていたね。この裁判長は去年の大飯原発再稼働の差し止め判決をした人。


この人の言ってることは すごく正しい。

「人格権は憲法上の権利であり(13条、25条)、また人の生命を基礎とするものであるがゆえに、我が国の法制下においてはこれを超える価値を他に見出すことはできない。」

とあって、原発は人格権より劣位に置かれるべきものと・・・たかが電気を得ることと、人として生きる権利を同じ土俵で話すべきじゃないと言っているのです。

それから


「豊かな国土と、そこに国民が根をおろして生活していることが国富であり、これを取り戻すことができなくなることが、国富の喪失である」

と言ってる。福島はそのとおり・・・

すごく 当たり前で正しい。
別窓 | 原発人災・震災 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
新潟本社って・・・
2015-04-07 Tue 07:21
msn産経ニュース より


東電新潟本社・木村公一代表、原発再稼働「会社存続へ不可欠」
.
 東京電力新潟本社の木村公一代表(東電常務執行役)は2日、産経新聞の単独取材に応じ、「県民の安全・安心のために、泉田裕彦知事と率直に意見交換し、建設的な対話を進めたい」と述べ、課題解決に向けた協議の開始を希望した。柏崎刈羽原子力発電所の再稼働については「言う立場にはないが、会社存続には不可欠」との認識を示した。

 木村代表は、新潟本社の最大の任務は、福島第1原発の事故対策や廃炉、柏崎刈羽原発の原子力規制委員会による新規制基準への適合性審査状況などをきめ細かく説明し、「原発立地県としての不安を払拭できずにいる新潟県民に的確に提供することだ」と述べた。

 県に対しては、技術委員会に東電の取り組みを説明しながら、泉田知事の「東電は福島第1原発事故の検証が不足している」との指摘に応えていきたいとした。

 ただ、自治体の避難計画作成には法律の改正をはじめ東電にはできない部分もあると指摘。知事と率直に意見交換して、国を巻き込むなどして具体的に課題を解決していきたいと希望を語った。

 柏崎刈羽原発の再稼働については、「言及する立場にない」としながら、会社存続には不可欠であると発言。規制適合に向けて柏崎刈羽原発のハード、ソフト面の対応を進めており、県民に徹底的な情報提供を通じて理解を求めていきたいと強調した。

                   ◇

 木村代表への主な一問一答は次の通り。

 --原発に対する県民の不安感をどう取り除く

 「新潟本社は、県内の広報・広聴活動に関する全権限を持つ。その立場を生かして県庁と速やかに連携するため、新潟市内に設立した。5層からなる重層的な安全対策『深層防護』を的確に報告することが、不安を払拭する唯一の方法だ」

 --県とはどう向き合う

 「福島第1原発事故の検証を進める県技術委員会の議論はもっと『見える化』をすべきと考える。技術委の求めに真摯(しんし)に対応し、泉田裕彦知事のいう『福島事故の総括と検証』に応えられるようにしていきたい」

 --深層防護の中でも強化すべき取り組みは

 「避難計画を自治体と作り上げることだ。(策定が義務づけられた原発から30キロ圏内の9市町村のうち)柏崎市と刈羽村しか公表していないからだ。作ったらおしまいでなく、『どのバスとルートで誰が先に逃げるのか』まで協力して作成したい。県民の安心・安全を本当に考えると、泉田知事と率直な意見交換が必要だ。仮に原発事故が発生し、フィルター付きベント(排気)からの放射性物質放出で住民を避難誘導することになれば、組織の壁を考える場合ではない。事業者や自治体で無理な部分は国に定めてもらう方法で、実効性ある避難計画の整備や訓練を進めるべきだ」

 --情報公開に対する不信感も根強い

 「(管内原発データを意図的に改竄、隠蔽した)平成14年の不祥事から繰り返し広報・広聴活動を指摘される中、リスク管理委員会や企業倫理委員会を構築して隠蔽をさせない組織風土づくりを進めた。しかし、福島第1原発の排水路をめぐる情報公開問題などを踏まえ、3月の原子力改革監視委員会から広報・広聴態勢に指摘があった。さほど重要ではないと思われるところにリスクはある。もう一度、真摯に情報公開に取り組みたい」

 --エネルギーのベストミックス(最適な電源構成)をどう考える

 「国が決める動きに関しては、一事業者として意思をはさむ立場にはない。ただ、多くの化石燃料を輸入することなく安い電気を安定的に供給できる原発は、日本経済の再生に大きく寄与することは間違いない」

 --柏崎刈羽原発の運転停止長期化が経営再建に与える影響は

 「経営再建は(国と電力会社が出資する)原子力損害賠償支援機構から最大9兆円の資金を借りることをベースとしている。9兆円の内訳は福島第1原発事故の被害者への損害賠償や中間貯蔵施設、除染にかかる資金で、どこまで費用負担すれば納得してもらえるかは見通せない。9兆円を大きく超えることになれば経営破綻だ。再稼働は、原子力規制委員会の適合性審査に合格し、なおかつ地域の了解を得て実現するもので、言及する立場にはない。ただ、経営状況だけを考えていえば、柏崎刈羽原発は経営を存続するためには不可欠なものだ」


この記事と同じタイミングで 福一2号機の温度急上昇、周辺線量急上昇の情報が入って、私には東電が東京脱出するとしか思えない。収束どころか手の着けようがない状態の福一は たぶん溶け出た燃料が再臨界しているだろうから、関東圏は露天で核実験中の状態。東電が本社を移すとすると、名古屋は中部電力だし、大阪は関西電力だし・・・行くとこないだろうな・・・比較的安全で唯一行けそうなところは、東北電力管内の刈羽柏崎だけかも・・・「県民の安心・安全のため・・・」というけど、自らのためでないの?
別窓 | 原発人災・震災 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
静岡県も・・・
2012-10-11 Thu 14:49

<浜岡原発>住民投票条例案否決 原発再稼働めぐり

毎日新聞 10月11日(木)12時57分配信

 政府の要請で運転停止中の中部電力浜岡原発(静岡県御前崎市)の再稼働の是非を問う住民投票条例案が11日、同県議会で採決され、原案など2案はいずれも反対多数で否決された。東京電力福島第1原発事故後、原発再稼働の是非を問う住民投票条例案が否決されたのは、大阪市議会と東京都議会に続き3例目。

【原発の呪縛・日本よ!】静岡県知事・川勝平太さん

 原案は投票実施時期を条例施行後半年以内、投票資格を18歳以上などと定め、市民団体「原発県民投票静岡」(鈴木望代表)が約16万5000人の賛同署名を集めて直接請求していたが、全会一致で否決された。投票実施時期を「国が再稼働検討時」に変え、投票資格を20歳以上などとする議員提案の修正案も反対48、賛成17で否決された。

 川勝平太知事は直接請求を受けた首長として初めて「多くの県民の思いの表れ」と賛成の意見を付け県議会に提案したが、過半数を占める自民改革会議が、市町に投票事務を義務づけるなど法的不備がある▽住民投票実施に10億円以上の経費がかかる--などを理由に反対に回った。

 住民投票条例制定を求める直接請求は、東京電力柏崎刈羽原発を抱える新潟県でも手続きが進んでいる。【樋口淳也】



これだけ原発でひどい目に遭っているのに 県議の多数決でいいのかねぇ・・・

やっぱり、常設型の住民投票条例はいると思う。

別窓 | 原発人災・震災 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
国民の責務?
2012-07-25 Wed 14:48
市の自治基本条例作成のお手伝い中なのですが、その中で「市民の責務」を考えて文章化しているのです。

でも、「責務」という言葉にはちょっと違和感があってつまづいていたら、東京都副知事の猪瀬君が国民徴兵とも言えることを提案したとネット上で話題になってる。

この法律

  ↓




原子力発電所の事故により放出された放射性物質による環境の汚染への対処に関する特別措置法


のなかの 第六条 「国民の責務」のところで、金で雇った人にやらせるのでなく、国民が協力しろというわけ。

つまり、被ばくリスクを分けっちょしろと。


すごい考え方だね。戦時中と同じ国民の命の軽さや・・・・


なんで、東電と言う一企業が起こした事故処理を国民皆兵発想でやらねばならんのだ・・・・

原子力を選択したのは東電であって、消費者ではない。

「市民の責務」って言葉、ますます書きたくなくなってしまった。
別窓 | 原発人災・震災 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
アユの季節
2012-07-05 Thu 22:12
7月5日新潟日報から



魚野川のアユから放射性セシウム


 県は4日、湯沢町の魚野川で採取したアユから1キログラム当たり3・4ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。新基準値(同100ベクレル)は下回った。

 県内で流通するほかの食品のサンプル検査や県内で飼育、食肉処理された牛の全頭検査などでは放射性物質の検出はなかった。



出ますよね・・・・アユ解禁の季節なんだけど・・・
別窓 | 原発人災・震災 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
みんなで決めよう!
2012-07-04 Wed 11:49
柏崎刈羽原発の稼働について 一部の人が決めるのでなく、みんなの声も!という 県民投票条例のための署名を始めています。8月22日までに4万筆をめざします。


   「原発」新潟県民投票を成功させよう!


県民投票については是非こもごもいろいろな意見があることは重々承知ですが、誰かに勝手に決められるのは嫌だ!

福一の事故で被害を受けたのは 原発に関連している人ばかりでなく、農業・漁業・商業すべての人だった。
だから、新潟の原発のことは新潟県民が決めるのは当然のこと。


十日町市に住所のある有権者のかたは私のところで署名できます。 ご協力ください。
別窓 | 原発人災・震災 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
みんなで決めよう!
2012-06-24 Sun 22:08
原発再稼働問う署名集め始まる

新潟

 東京電力柏崎刈羽原発の再稼働の是非を問う県民投票実施に向け、市民団体「みんなで決める会」(橋本桂子共同代表)は23日午前、新潟市中央区のJR新潟駅前で住民投票条例制定に必要な署名集めを始めた。

 そろいの緑のTシャツを着た会のメンバー6人が午前10時から街頭で運動の趣旨を記したパンフレットを配り、「署名をお願いします」「原発問題についてみんなで考えましょう」などと呼び掛けた。署名は県内の有権者に限定され、押印が必要だが、足を止めて応じる人の姿も見られた。

新潟日報2012年6月23日




6月24日朝日新聞新潟版では


知事「選択肢の一つ」泉田新潟県知事は21日の記者会見で、再稼働に関する県民投票について「福島でこれだけ大きな事故があったのだから、選択肢の一つだと思う」と理解を示した


というわけで、 私も受任者登録していますので 集めますよ~ 同一市町村の皆様、ご協力お願いいたします。

別窓 | 原発人災・震災 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 水神様の使いっ走り…みずがみさまのつかいっぱしり… | NEXT