FC2ブログ
人に人としての尊厳があるように、川にも川としての尊厳がある。人と川がお互いを尊重する関係とは?を考えています。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
2015-05-30 Sat 07:57
NHKニュースより

水力発電所の改修工事を公開

東北電力は阿賀町にある水力発電所、「鹿瀬発電所」で進めている改修工事の様子を29日、報道陣に公開しました。

阿賀町にある東北電力の鹿瀬発電所は、昭和3年に設置された水力発電所ですが、老朽化のため、おととしから改修工事が進められています。
29日は工事の状況が報道陣に公開されました。
このうち、水車による発電機では、水が流れる導水路の設置作業が行われ、作業員が大型クレーンで直径9メートルほどの筒を慎重に設置していました。
東北電力によりますと、工事によって発電機は6台から2台に減りますが、発電効率が高くなるため、出力はこれまでの4万9500キロワットから5万4200キロワットに増え、管内で10番目の規模になるということです。
東北電力新潟支店の坂本光弘支店長は「水力発電は純国産のエネルギーであり、環境への負荷も少ない。今後も再生エネルギーに取り組みたい」と話していました。
鹿瀬発電所は、再来年3月に運転を再開する予定です。

05月30日 07時10分


東北電力は昭和三年の発電所を改修してるのですね。発電効率も良くなるのか・・・

スポンサーサイト
別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
融雪期後半
2015-05-27 Wed 14:27
第一測水所20150527B
融雪が終りになり、ずいぶん落ち着いてきたけど 水量は豊か・・・

今朝は東電の下請けが測水作業に来ていて、浮子を投げていた。

そのあと こんな作業をしている別の会社の作業服の人たち・・・

第一測水所20150527
こちらは 国交省の浮子投下装置の切れたワイヤーを 回収しているところ。
雪崩による閉塞後の雪泥流で切れたまま放置してあった。

しかし、この施設、できてから15年くらいたつけど、浮子を投下しているところを見たことない。
昔、ダムの調査予算が余ったので消化するために作ったのだと思うけど・・・

実際、東電は浮子を投げて観測しているので、スローイングのうまい人がやれば 
この装置いらないね。税金の無駄遣い?


別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
倉俣大橋から
2015-05-23 Sat 14:25
融雪期も後半で 雪解け水は 落ち着いてきたけど やはり 水量は多い。

倉俣大橋から上流を見ると

倉俣大橋150523A
右岸はこんなふうに 林の中を水が流れ出ている。(遊ぶのにおもしろそう・・・)

左岸は

倉俣大橋B
公園の横を本流が流れている。

橋の下の堆積が大きいので、中州になって流れが左右に分かれている。右岸は更に段丘から合流した水で増える。

下流側を見ると


右岸は

倉俣大橋C

中州を巻いて左岸側に流れている。

左岸は

倉俣大橋D
まっすぐに本流があって 中州で分かれていた流れと合流。左は河川敷が平らにしてあってグラウンドみたいになってる。

清津川は今のところ結構な水量があって 見ごたえある川になってる。


別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
春爛漫
2015-04-29 Wed 15:59
清津の古道150429A

今日もお天気。お客さんもビックリのきれいな清津川・・・


清津の古道150429B

融雪期はほんとうに見事です。



かたくり

カタクリも咲いて春爛漫・・・
別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
雪解けのころ
2015-04-28 Tue 12:59
田尻の河原150428
 清津川田尻付近 

融雪期の清津川は惚れ惚れするきれいさ・・・柳の芽ぶきの柔らかい色とエメラルドグリーンの流れです。



倉俣大橋150428
倉俣大橋

もう少し下って、倉俣付近です。すごい水量で まるで別川ですね。

夏にこれだけ日照りが続けば たちまち流れはチョロチョロになるけど、春は違う。雪の力って大きいです。

別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
報道から
2015-04-28 Tue 12:40
新潟日報4月28日より

十日町市が発電事業構想
3000キロワットを想定

 十日町市の関口芳史市長は27日、JR東日本信濃川発電所取水ダムからの放流水を活用し、発電事業に乗り出す構想を明らかにした。技術面での協力をJR東と基本合意しているという。本年度から具体的計画の検討に着手し、将来的には電力や売却益の市民還元を目指す。

 27日の市議会全員協議会で説明した。JR東の発電所水利権更新にあたって市が5月中に同社と交わす覚書に盛り込んだ「将来にわたる相互の発展」を目指した取り組みとして位置づける。

 覚書ではダムから下流に最低限流すべき水量(維持流量)は毎秒40トンとし、6月から11月にかけては60トンと規定する予定だ。構想ではこの維持流量をダムの脇に迂回(うかい)させ、小水力発電に活用する。市単独または共同事業者と行う可能性もある。

 安定供給される維持流量の有効活用で、市は「小水力発電としては日本最大規模」という3千キロワットの発電を想定する。今後は水利権の取得が必要になる。事業化の時期についてのめどはまだ立っていないが、関口市長は「夢がある事業。一刻も早く進めたい」としている。

 JR東は市の構想について「当社の設備に関わることなので、技術面の検討に協力させていただく」とコメントした。


ダム脇に迂回させて発電機回すのは分かるけど、魚が行き来できるのかな・・・どうなってるのか具体的に知りたいな・・・
別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
報道から
2015-04-23 Thu 22:41
NHKニュースより


JR東の不正取水 責任認めず
04月23日 15時47分


JR東日本が、新潟県内の水力発電所で法律の上限を超えて不正に水を取っていた問題をめぐり、JRの株主が「チェック態勢が不十分だった」と主張して、当時の役員に57億円を弁済するよう求めた裁判で、東京地方裁判所は「不正を発電所の外部から気づくのは難しかった」として役員の責任を認めず、株主の訴えを退けました。
JR東日本は6年前、首都圏の電車に電力を供給するため新潟県の信濃川に設置している水力発電所で、法律の上限を超えて水を取っていたとして、国から取水の許可を取り消されました。
その後、あらためて取水の許可を受けましたが、その過程で地元の3つの自治体におわびとして57億円を寄付しました。
これについてJRの株主が当時の役員18人に対し「チェック体制が不十分だった」と主張して、57億円を会社に弁済するよう求めていました。
23日の判決で、東京地方裁判所の小野寺真也裁判長は「不正は発電所の従業員が意図的にコンピューターで測定する取水量をゆがめるなどして、本社や役員に伝えずに行っていたもので、発電所の外部で気づくのは難しかった。当時の役員の管理体制に特段の不備があったと認めることはできない」と判断し、役員の責任を認めず、株主の訴えを退けました。


国策で始まった取水というのは、強権で何をやってもいいというのが前提です。後から追いかけてきた法律に則してないのは当たり前で、やりたい放題の体質はそのままです。「今の法律ではできないだろうが・・」を何回河川官僚の口から聞いたことか・・・
別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
一番水が多い頃
2015-04-22 Wed 21:08
第一測水所20150422

今日は東電が測水作業してるね・・・さすがに融雪増水中でデータ回収だけですね・・・
昨日今日はかなり水量があって 流れの音と水の中で石がぶつかる音がすごい・・


今年は雪がまだ残っている峰にブナの芽ぶきが始まっている。いつもの年とは違う春の風景です。

ブナ芽吹き

まだ融雪出水は続きそう・・・

別窓 | 水神様のたまはく | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 水神様の使いっ走り…みずがみさまのつかいっぱしり… | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。